Category Archives: inter_2023-24

Interview with DazzlingBAD

Vocal -iT – @xxxBAD_iT_ | @hateman_it_/
Guitar 悠汰-yuta-  @xxxBAD_yuta_ | @dazzlingbad_yuta/
Guitar 痲紗-MASA-  @xxxBAD_MASA_ | @masa00060007/ 
Bass 綾葉-AYAHA-  @xxxBAD_AYAHA_ | @d_bad_ayaha_
S.Drums LOA @Loa_drum | @loa.drum/
Official Twitter | Official Website  | Youtube | Webshop | Tunecore

日本語English

DazzlingBADが始動してから3年が経ちました。始動当初から、ミステリアスで素晴らしい魅力が私たちを夢中にさせてきました。この3年間でDazzlingBADは素晴らしいヴィジュアル系バンドへと進化し、BADィの皆様の心を温かく幸せにしてきました。彼ら独自のスタイルは、多くのヴィジュアル系ファンの心を掴み、新たにBADィの仲間入りをする方々も増えてきました。

(「BADィ」はDazzlingBADファンの呼称です。)

3回目のインタビューにご協力いただき、ありがとうございます!
3周年を迎えられておめでとうございます。


『The Ⅲrd Birthday~HoRriBLe~』2024.2.20(火) at 赤羽ReNY alphaに向けての意気込みを教えてください。

-iT-: 絶対に見付ける。必ずうつしだせる様にと毎日重ねている。

綾葉-AYAHA-: 俯瞰して言うなら三年が経過したこれまでの道則の最終締日という事、この日を切っ掛けとして様々な意味で我々の運命が分岐するだろう。

悠汰-YUTA-: 1年目、2年目と大きな成長を遂げたように3年目も成長できた事、そしてその感謝の気持ちをぶつけます。

痲紗-MASA-: 三年というのは節目として大きなものです。今までとこれからの想いを表現出来たらなと思います。

Loa: メンバーがいて、そして応援してくれるファンがいてくれるからDazzlingBADがあります。三年間分の感謝の気持ちを届ける。

DazzlingBADの活動が始まってから3年が経ちました。いろいろな出来事があり、短くも長くも感じられることかと思います。3年間、止まることなく無事に共に活動し、活躍し続けることができた理由について、どのように思いますか?(メンバーの皆さんで走り続けてくることができたのは、どんなところが良かったと思いますか?)

-iT-: 確実に他の誰かじゃダメだったと思えるメンバー、応援してくれてる方々、BADィが存在して、生の理由にも繋がったから、これからも強く深く繋げていけたらと思わせてくれたから。ありがとう。

綾葉-AYAHA-: このメンバーでなければ3年間続ける事は出来なかった、之に尽きる。

悠汰-YUTA-: 色んな苦難をメンバー、スタッフと共に乗り越え絆が深まったからだと思います。そして何より応援してくれるBADィがいるからです。

痲紗-MASA-: ばらばらな個性が奇跡的に融合した結果。

Loa: バンドってメンバーだけで続けるものじゃない
この5人がいて協力してくれる方達がいて、そしてファンの皆様がいるから三年間継続出来ました。

2024年1月10日にリリースの新しいシングル antagonismについて、それぞれの曲紹介をお願いいたします。

-iT– いつも言ってるかもしれないけど、僕が偉そうに語りたい事などはないので。その時々の貴方が感じてくれたものが全てだという事にする。

悠汰-YUTA-:相反するものがぶつかり合う激しさとお互いが理解し合えない哀愁さを表現しました。

綾葉-AYAHA-: 楽曲的には特に言葉として話す事はない。やっている事は今までと何も変わらない、これからも変わる事はない。

antagonismの衣裳について、このような衣裳に決めた経緯やこだわったポイントなどを教えてください。

-iT-: 気分。色んな着方ができて遊びのきく衣装にしてもらいました。強めで少しだけフェティッシュの香り。

綾葉-AYAHA-: 戦闘体型。

悠汰-YUTA-:ギャングっぽい感じ

痲紗-MASA-: まほう。

Loa: 悪い奴

2023年を振り返ると、3月6日にシングルDearがリリースされました。こちらについても曲紹介をお願いいたします。

1. Dear
綾葉-AYAHA-: 飽き性なのでね、違うパターンの楽曲も創ってみたかった。昨年取り組んだ試行錯誤の内の一つ。

2. バイバイ。
綾葉-AYAHA-: 詩は見ての通り、自己の投影と願望。楽曲はすんなりと入り込める曲調を意識した。

DearのMVはとても美しく印象的でした。このMV撮影時のエピソード、心に残っていることなどがありましたら教えてください。

-iT– 空、水、硝子や光も、綺麗なものを目にうつすとどうして心が痛む事が多いのでしょうね。

綾葉-AYAHA-: 少し前の事なので記憶はぼんやりとしているが、色んな彩を出したいと思っていた時期だったので、色んな意味で印象を変える意図があったように思う。

悠汰-YUTA-: 衣装が2パターンだったりロケーションが変わったりでなんだかバタバタしてた一日だったことを覚えてますね。

痲紗-MASA-: 白と黒。バンドの新たな姿を表現することが出来たと思っています。

デモテープ「ネクロシスチアノーゼ」が「昭和90年7月18日」にリリースされ、2024年1月10日に再度公式にリリースされます。こちらについても曲紹介をお願いいたします。

1. ネクロシスチアノーゼ
綾葉-AYAHA-: 自分の人生を大きく変える事になったヴィジュアル系シーンそのものに含まれる要素をオマージュ・リスペクトを含めて全てを凝縮した1曲。

2. (W.M.A) Darling
綾葉-AYAHA-: ネクロシスチアノーゼで表現しきれなかった1面を込めた1曲。こちらのDT3曲全て含めて表現し切ったと言って良い。

3. heroin
綾葉-AYAHA-: 高度な音楽性や楽曲の法則性は皆無。自分が大きく影響を受けた’80〜’90年代シーンの凶暴性、暴力性だけを大きく強調させたような楽曲。

毎回のライブで「今日はどの曲を演奏するか」については、どのように決めていらっしゃいますか?

-iT-: その日のイベントや空気の色は少し考える事がある。あとは目の前に来てくれた人達とどうしたいか、どうなりたいかとか色々とみんなで考える事は沢山あるね。

メンバーの皆様それぞれの好きな食べ物と、その理由を教えてください。

-iT-: あんまり興味がない。グミとかは都合のいいものも多いから楽ではあるかもしれない。

綾葉-AYAHA-: 好みは時期で変わるのだけれど最近気に入ってるのはハードチーズ、ソーセージ、ドライフルーツなど、保存食を食べる事が多い。基本的に気に入った物が出来たら当面はそれしか食べない。

悠汰-YUTA-: ベビースターのぐるぐるもんじゃ。幸せな気持ちなれるから。

痲紗-MASA-: クレープです。甘さで満たされる幸せ。

Loa: ビールです。ビールさえあれば光すらいらない。

会ってみたい(または生で聴いてみたい)と思う日本のミュージシャン(ボーカリスト/ギタリスト/ベーシスト/ドラマー)はいますか?その理由も教えていただきたいです。

-iT-: 今後そう思える人物が現れたら自分でもなんだか嬉しくなるかもしれないですね。

悠汰-YUTA-: 沢山います。僕をV系シーンに惹き込んだ数多くの方々にお礼を言わせて頂きたいです。

綾葉-AYAHA-: 多すぎて答えられない、その内一部は実現しているが、このシーンに関わり続ければいずれ実現できるものと思っている。

痲紗-MASA-: 沢山いるのでここでは答えられないです。音楽的な刺激を与えてくださった方々。

Loa: 志しがあって本気で音楽に取り組んでる方は人気の有る無し関係無く全員魅力的です。なので沢山いすぎて書ききれません。

-iT-さん。 ファンの皆さんからは「- iT -さんのおかげで、幸せな気持ちになれた。生きる理由をもらえた、救われた。(DazzlingBAD brought me happiness.)」という声をよく聞きます。(幸せという言葉の意味合いも様々なので、もしかしたら、もっと違う言葉が適しているかもしれないのですが、)DazzlingBADとしての活動は、- iT -さんご自身にはどのような幸せな気持ち、嬉しい気持ちをもたらしたでしょうか。

-iT-: 存在させてくれて有難うの気持ち。

悠汰-YUTA-さん。これまでの人生の中で、最も幸せだった(楽しかった)日と、その理由を教えてください。

悠汰-YUTA-: 今思えば何もかもが幸せで楽しかったんだなって思います。きっとこれからもそんな日々を過ごすと思います。

綾葉-AYAHA-さん。2023年を振り返ってみて、特に印象的だったことや、今までよりも特に成長したと感じたことなどはありますか?

綾葉-AYAHA-: 具体的なエピソードでは答えられないが良くも悪くも迷走した1年、試行錯誤とでも言うべきか、その分色んな事を学ぶ事も出来た。今年はそれらを活かす事が出来るだろう。

痲紗-MASA-さん。ペットの蛇のお名前を教えていただけますか?

痲紗-MASA-: 白と黒のコントラストが綺麗なアルバーティスパイソン キミカブラックです。名前は宵。女の子です。

Loaさん。ドラムの演奏をしていて、一番楽しいと思えるのはどんな瞬間でしょうか?

Loa: 難しい事抜きにして、同じ気持ちの仲間達とステージに立ってるとたった一音鳴らすだけでも最高に気持ちいいです。

2023年を振り返って、漢字一文字で表すと何でしょうか?

-iT-:

綾葉-AYAHA-:

悠汰-YUTA-:

痲紗-MASA-:

Loa:

2024年はどんな年にしたいですか?

-iT-: 抉る

綾葉-AYAHA-: 生きる

悠汰-YUTA-: 生かす

痲紗-MASA-: 混沌に咲く

Loa: 唸る

最後にファンの皆さんに向けて、メッセージをお願いいたします。

共に歩んでくれているBADィ感謝致します。
どこまでも連れて行く。
例え何があっても死に居場所は無くさない。

DazzlingBAD一同

Three years have passed since the start of DazzlingBAD. DazzlingBAD had a strong kick off because of their amazing and mysterious visuals. In these three years, DazzlingBAD evolved into a wonderful visual kei band who continues to warm the hearts of their BADis, but also found their style to continue to be liked by visual fans surrounding them, who from time to time also turn into BADis.

BADィ (BADi) DazzlingBAD nickname for their fans.

Please tell your enthusiasm for your 3rd anniversary FREE ONEMAN『The Ⅲrd Birthday~HoRriBLe~』2024.2.20(火) at 赤羽ReNY alpha.

-iT-: I will definitely find my enthusiasm. I repeat my enthusiasm every day so that I can always show it to you.

綾葉-AYAHA-: From a bird’s eye view, this is the final day of our three-year period that has passed so far, and on this day our destinies will diverge in many ways.

悠汰-YUTA-: Just as we achieved great growth in our first and second year, we were able to grow in our third year as well, and I would like to express my gratitude to everyone for that.

痲紗-MASA-: Three years is a big milestone. I hope to express my past and future feelings.

Loa: DazzlingBAD is here because of the members and because of the fans who support us. We will deliver our three years’ worth of gratitude.

3 years of DazzlingBAD, it’s short, but it also feels like a long time . What do you think is your success in being able to keep the band alive and playing together?

-iT-: Because of the members, our supporters and our BADis, I can’t imagine having come so far without all of you, those who were present and connected to me are the reason I am alive, and thanks to all this support it gave me the hope that we can continue to connect stronger and deeper with all of you. Thank you.

綾葉-AYAHA-: Without these members, we wouldn’t be able to continue for three years.

悠汰-YUTA-: I think it’s because we overcame various hardships together with all the members and staff, and our bonds grew stronger because of it. And above all it’s also thanks to all our BADis who support us.

痲紗-MASA-: It’s the result of a miraculous fusion of disparate personalities.

Loa: A band can’t just continue with just only its members.
Thanks to our fans, the people who help us and the five of us is the reason we were able to continue for these three years. 

Your new single “antagonism” was released nationally on January 10th 2024. Please explain all songs to us in detail.

-iT-: I may have said it all the time, but I don’t have anything grandiose to say. I’ll just say that what you feel at the time you listen to our music is all that matters.

悠汰-YUTA-: It expresses the intensity of conflicting matters and the sadness of not being able to understand each other.

綾葉-AYAHA-: As for the music, there’s not much to say in words. What we are doing is the same as before, and nothing will change in the future.

Please tell us some story about the choice of the costumes.

-iT-: Mood. I made an enjoyable costume that can be worn in many different ways. With a strong and slight scent of fetish.

綾葉-AYAHA-: Fighting type

悠汰-YUTA-: Gang type.

痲紗-MASA-: Magic

Loa: Bad Guy

Looking back to 2023, there was another single released called “Dear” on March 6th. Please tell us something more about both songs as well.

1. Dear
綾葉-AYAHA-: I get bored easily, so I wanted to create a song with a different pattern. One of the trials and errors I worked on last year.

2. バイバイ。
綾葉-AYAHA-: The poetry is, as you can see, self-projection and desire. For the music, I was conscious of creating a melody that one could easily get into.

The MV of Dear was very beautiful and impressive. Please tell us about any memorable moments from the time you shot this MV.

-iT-: I wonder why my heart often hurts when I see beautiful things like the sky, water, glass, and light.

綾葉-AYAHA-: It was a while ago, so my memories are hazy, but it was at the time when we wanted to bring out a variety of colours, so I think our intention was to change our impression in many various ways.

悠汰-YUTA-: I remember that it was a hectic day, with two different outfits and different locations.

痲紗-MASA-: White and black. I think we were able to express a new image of the band.

Your demo tape “ネクロシスチアノーゼ(Necrosis Zyanose)” was released on  Showa98/07/18 and also re-released nationally on 2024/01/10. Please tell us more about each song. 

1. ネクロシスチアノーゼ
綾葉-AYAHA-: It’s a song that condenses all the elements contained in the Visual Kei scene itself, including homage and respect, which changed my life.

2. (W.M.A) Darling
綾葉-AYAHA-: This song contains one aspect that was not fully expressed in Necrosis Zyanose.
However it is safe to say that all songs included on this demotape express themselves to the fullest.  

3. heroin
綾葉-AYAHA-: There is no advanced musicality or rules for the songs. It’s a song that emphasises the ferocity and violence of the ’80s and ’90s scene that greatly influenced me.

[JRNR note] Which proves that this release is homage and a form of respect to the ‘80s and ‘90s visual time and not an alter-ego (release). 

How do you actually decide which songs you want to play at your live shows?

-iT-: Sometimes I imagine the event of that day in its full atmosphere. There are also many things we all think about together, such as what we want to do with the audience who come to see us and how we want to interact with those who are standing in front of us, how we want to become a unity with them on that day.Z

What’s your favourite food to eat and why?

-iT-: I’m not really interested in food at all. But candies like gummies are convenient and easy to eat. 

綾葉-AYAHA-: What I like changes from time to time, but recently my favourites have been hard cheeses, sausages, dried fruit and other preserved foods. Basically, when I find something that I like, I’ll only eat that for the time being.

悠汰-YUTA-: Baby Star Guru-Guru Monja. Because it makes me feel happy.

痲紗-MASA-: It’s a crepe. It’s happiness filled with sweetness.

Loa: It’s beer. You don’t even need light as long as you have beer.

Is there any Japanese vocalist/guitarist/bassist/drummer you wish to meet and to learn from?  If so, who is he and why him/her?

-iT-: I might be somewhat pleased with myself if someone else comes along in the future who feels that way. 

悠汰-YUTA-: There are many. I would like to thank the many people who drew me into the V-kei scene.

綾葉-AYAHA-: Too many to answer, some of them I already have met and so realised the dream of wanted to meet, but I believe that if I continue to be involved in this scene it will eventually happen to meet many more bassists I wish to meet and learn from.

痲紗-MASA-: There are so many that I can’t answer them here. There are various people who have given me musical inspiration.

Loa: All people who have ambitions and are serious about music are attractive, regardless of whether they are popular or not. So there are so many that I can’t write them all down.

-iT-, in how far and how has DazzlingBAD brought you happiness? I hear from fans that you brought them happiness and even a reason to be alive. 

-iT-: I feel grateful to my fans for letting me exist.

悠汰-YUTA-, in your whole life, what was your happiest day and please tell us why.

悠汰-YUTA-: Looking back now, I realise that everything was happy and fun. I’m sure I’ll continue to have days like this.

綾葉-AYAHA-, did 2023 teach you anything important? If so, please tell us about it.

綾葉-AYAHA-: I can’t answer with specific stories, but it was a year of confusion, both good and bad, trial and error, and I learned many things from it. This year, I am sure I will be able to make the most of what I have learned.

痲紗-MASA-, could you please tell us the names of all your snakes?

痲紗-MASA-: It’s a White-lipped Python, with a beautiful black white contrast skin. Her name is Yoi. She is a girl.

Loa, at what moment do you enjoy the most while playing the drums?

Loa: Without getting too complicated, when I’m standing on stage with friends who share the same feelings, I feel great just by playing just one note.

Looking back on 2023, how would you describe it in one kanji? Please also tell me the reason.

-iT-: 渦 whirlpool

綾葉-AYAHA-: 惑 bewilderment

悠汰-YUTA-: 活 life

痲紗-MASA-: 奇 Oddness

Loa: 酒 Alcohol

What’s your own goal for 2024?

-iT-: To gouge.

綾葉-AYAHA-: To live.

悠汰-YUTA-: To leverage 

痲紗-MASA-: Blooming in chaos.

Loa: To groan.

Please send a message to all your fans.

We are very thankful to all our BADis for walking with us.
We will take you wherever you want to go.
No matter what happens, we will not lose our place to death.

Everyone of DazzlingBAD

Check out JROCKNROLL previous interviews with DazzlingBAD

DazzlingBAD 1st interview: https://jrocknroll.com/interview-with-dazzlingbad/
DazzlingBAD 2nd interview: https://jrocknroll.com/interview-with-dazzlingbad-2/

Interview with HONMONO

INTERVIEW WITH: ホンモノ(HONMONO)
By: JROCK’N’ROLL 

SNS
Vo.魔訶@HONMONO_Maka Gt.怜@HONMONO_REY Gt.PP @HONMONO_PP
Ba.清@HONMONO_Kiyo2 Dr.世界@HONMONO_Sekai Official @HonmonoOffi
Website: https://honmono.info/ Webshop: https://honmono.buyshop.jp/ Instagram: @honmono.info @honmono_rey @honmono_kiyo @pp__stagram @honmono_sekai

日本語ENGLISH


言いたくても言えなかった気持ち、苦しみや悲しみにも寄り添い、本当に言いたかった言葉を代弁してくれる、それがホンモノの曲の魅力の一つです。新曲Prometheusでは、今までとはまた違った斬新で美しく印象的なMVも話題となっています。今回、JROCK’N’ROLLではホンモノの皆様に3回目のインタビューを行い、新曲や3年目の活動に向けた意気込みなど、楽しいエピソードもたっぷり語っていただきました!ホンモノのファンの皆様(「パチモン」の皆様)はもちろん、ホンモノについてこれからもっと深く知っていきたいという方も、ぜひご覧ください!

ホンモノの皆様、3回目のインタビューの機会を頂き、ありがとうございます!
活動3年目に向けて、ホンモノの音楽を聴くことが楽しみで大変嬉しく思います。
ホンモノの皆様のことをまだあまり知らない方や、これから知っていきたいと興味を持っている方々に向けて、メンバーの皆様それぞれの面白いエピソードを、お互いに紹介して頂けたら幸いです。

魔訶 
ー>怜: しっかりしていて麗しい方ですが、意外と抜けていたり笑顔が素敵だったりします。あと面白いことも言えます。SNS等では見つけにくい魅力だと思っています。
ー>PP:  よく分からない人だと思われがちですが、全然そんな事ないです。面白くない事を笑うまで言ってくる…そんな感じです。
ー>清:全世界、嫌、、宇宙全てから笑いというエナジーを受けて誕生したと言っても過言では無い、、そんな笑神様の生まれ変わりが彼です。
ー>世界:集まりなどでは弄られたりする事が多く見えますが、とても面白いです。シンプルな笑いが好きな人は是非彼を。

 
ー>魔訶:おそらくなんらかの特別な存在なんです。まだ全貌は見えてはいないかもしれませんが、それはおそらくみんなで出来上がっていく存在なんやと思ってます。
ー>PP:バンドの中ではとてもつかみどころのない不思議な人です。にもかかわらず1対1になった時にとても人間味がある魅力的な人です。一歩踏み込むことができたならばきっとそれに気づけると思います。
ー>清:びっくりするぐらい不器用な人間です。もう少し器用に生きれるだけで清くん自身救われる事は多いとは思いますが、それも清くんの魅力なんやと思ってます。
ー>世界:縁の下の力持ち的存在です。みんなの精神安定剤的な存在。ホンモノのパワーヒエラルキーは世界さんによって成立しているように思います。包容力とはまた違った何か空気を自分色に変える力があり、ホンモノはそれに助けられていてそれに救われています。

PP 
ー>魔訶:白いですね。 
ー>怜:リーダーですね。
ー>清:ベーシストですね。
ー>世界:このバンドで唯一頭の上がらない偉大過ぎる存在の方です。

清 
ー>魔訶:漢字間違えられがち 。
ー>怜:SNS投稿さしたら大体誤字ってる。
ー>PP:意外と天然。そんなところが可愛い。
ー>世界:純粋無垢。国家権力には厳しい。

世界
ー>魔訶:この中で1番付き合いが長いです。
ー>怜:頼れるリーダーです。
ー>PP:変な人だと思われがちですが優しい人です。
ー>清:ベースと同じくらい笑いにもストイックです。

2周年を迎えての心境の変化や、2年目の活動を振り返って特に印象的だったことなどを教えてください。

魔訶:昔より強い意志の元でステージに立てるようになりました。よく自己嫌悪してしまっていて、悔しいと思う事が多かったのですが最近はもう私が1番偉いんですって思えます。
じゃ無いとこの場所をホンモノにするなんて出来ないじゃないですか。

怜:やりたい事に対してのできる事とできない事がはっきりしてきました。まだまだ難しいバランスではありますがこれからも頭を抱え続けたいなと思います。

PP:なんか変わったんちゃいますかね。

清:色んな人達と関われるようになって、自分の人生においてプラスに働いてるなーと思います。

世界:前までは無理だなと思っていたことができるかも?に変わることが多くなりました。

新曲Prometheusは、とても美しく心を動かされる印象的な作品でした。楽曲制作時のエピソードや、歌詞に込めた想い、メンバーの皆さんそれぞれの演奏においてこだわった所などを教えてください。

楽曲制作時のエピソードについて
ホンモノ:毎回とも言えますがホンモノの楽曲は難しいというか、小難しい事をたくさん散りばめています。
それこそイントロAメロBメロサビ。
もうどう言ったら良いのか……

歌詞について
魔訶: この歌詞って初見読んでみてどう思うかというのとハッピーエンドなのかバッドエンドなのかというのを読み手によって変わるようにしたかったんです。
だからここに出てくる私という人物がそちらの私たちに重なれば私的には嬉しいです。

収録曲について
PP: 頑張って作った!!!

演奏について
魔訶: 苦しいの体現に力を入れています。自身を救ってくれるのはなにも優しい言葉だけじゃ無い。傷が救ってくれる痛みもあるのだから。
怜:難しい。
PP: 頑張って弾いた!!!
清: できる技術を詰め込みました。
世界:マジで難しかったです、現代の技術力に感謝です。

The glass prisonについて
楽曲制作時のエピソードや、歌詞に込めた想い、メンバーの皆さんそれぞれの演奏においてこだわった所などを教えてください。

楽曲制作時のエピソードについて
ホンモノ:これに尽きます、リズムです

歌詞について
魔訶: この歌詞はちょっとあれなんですよ。自分を出し過ぎたというかなんというかでも書いて後悔はしていません。そういう時もあったんですよね。

収録曲について
PP: これも頑張って作った!!!

演奏について
魔訶: おかしな表現にはなりますが、傷口を抉りながら。何かに許しを乞うようにギリギリの中にいる。そんな風に見せるよう努めています。
怜: 個人的にやりたかった事の一つができてて嬉しい反面、難しいなと悩ましい感じです。
PP: これも頑張って弾いた!!!!
清: ホンモノの雰囲気を表現しやすい曲かなって思ってるので、その雰囲気に合わせて演奏してます。
世界:7拍子て…ってなりながら頑張りました。エモいドラムになったと思います。

PrometheusのMVは斬新で衝撃的なものでした。アニメーションでは、女性がギターで殴られても最後までプレゼントを差し出す場面が心に残りました。無償の愛、共依存、真実の愛など様々なテーマ、キーワードが浮かぶようにも思いますが、MVの背景にあるもの、コンセプト、映像に込めたメッセージなどを、可能な範囲で教えて頂けますでしょうか。アニメーションの狼はバンドマン、女性はファンを表しているようにも見えますが、どのような関係を表しているのでしょうか。

ホンモノ:無償の愛、共依存、真実の愛等想像の余地は残しました。
勿論この曲に限らず、自分ならどう考えるか、自分ならどう思うかというのはとても大切なことなのであなたがこう思った、それが正解です

PrometheusのMVでは、メンバーの皆さんのクールで素敵な姿が、今までのMVとはまた違った壮大な雰囲気の中でとても美しく見えます。MV撮影時のエピソード、楽しかったこと、大変だったことなどを教えてください。

魔訶: 大変だった事というか、今回フルCGなのでしっかりと予想が出来なかった事でしょうかでも出来上がってわぁすげぇってなったので大変なのは衣装という事で。
怜:CGが初の試みで不安が多かったんですが、とてもニヤッとしましたね笑
PP: 撮影で忘れ物が多過ぎて色々焦りましたなぁ。
清:完成像が見えない中撮影するのは大変でした。自分の良さを探す旅でしたね。
世界:監督さんがこっちのテンションを上げるのが上手な方で、とても楽しく撮れたし、かっこよく叩けたなと思います。

今までも様々な衣裳で楽しませてくれたホンモノの皆さんですが、新しい衣裳やヘアメは、これまでとはまた違った斬新で印象的なもので、大変魅力的です。Prometheusの魔訶さんの衣裳は美しい天使や神様のようで、とても驚かされました。このような素晴らしい衣裳のアイディアはどのようにして浮かんだのでしょうか?衣裳に込めた想いを教えて頂けますでしょうか。

魔訶: 衣装のアイデアは最初みんなと話し合って、コンセプト上でああしようこうしようって言いながら決めます。
決めた上で必要な要素を考えながらスケッチブックに描きます。色鉛筆でその上で衣装さんと相談して、実現可能な衣装にしていただいているのです。

魔訶さんの衣裳は、他のメンバーの皆さんと比べてとても重そうで複雑に感じられます。他の皆さんと比べて、軽く動きやすい衣裳ではなく、重い衣裳を選ぶのはなぜでしょうか。 (ゲームの重装甲と軽装甲のように、魔訶さんはいつも重装甲を着ているように思います。)

魔訶:Tシャツとかジャージとかで表現しきれるのであればそれで構わないと思います。何もない休日とかがコンセプトならそうなるかも知れませんし、ただ今回も前回も前々回も前々前回もそうでなかったわけです。なのでこれからもコンセプトによっては当然のように重装甲です。

Prometheusの新しい衣裳やヘアメについて、メンバーの皆さんそれぞれ、特に見てほしいポイントや、お気に入りの所は、どんな所でしょうか?

怜: ポニーテール!。
PP: 腹筋。
清:丈短いジャケット可愛くない?
世界:肩と背中ですかね。いやらしい目で見てもらって大丈夫です。

  ホンモノの音楽は、人々の「本物」の感情を大切にしてくれています。ご自身について、誰かに本当のこと(本当の気持ち)を話すのが難しいと思うことはありますか?それはどんなことでしょうか?

魔訶: 難しいも何も殆ど出来ないです。信頼とかとは別にして。仮にそれが学校であったり仕事であったり、本当の事を偽る機会は無数にあると思っています。でも私にはステージがあり、パチモンには私たちがいるので大丈夫です。
怜:人の顔色伺って言葉にとても気をつけながら話してきるので誰に対しても無理ですね笑
PP: いつもできています!オラァ!!
清:包み隠せない性格なのでないですね……
世界:ありのままの自分って誰もが基本的には受け入れてもらえないと思っているので、自分の気持ちとのバランスが大事だなとよく思います。

この秋はライブや撮影で、都内で一週間の共同生活をされたと拝見しました。一週間メンバーの皆さんで一緒に過ごして、特に楽しかった思い出や、意外だった出来事、印象的なことなどはありますか?

魔訶: めっちゃ楽しかったんですけどめっちゃ疲れました。
怜:ずっと一緒はお腹いっぱいですね。
PP: 世界さんに毎日死ぬほど詰められて毎日泣かされて本当に怖かったですけど、たまに見せる優しさにちょっとほろっとしたりもしました。
清:毎日死ぬほど笑って楽しかった。ただ家に階段あるって不便ですね。
世界:皆んなでご飯食べたりお酒飲んだり楽しかったですね。PPのことは詰めてません笑

世界さんへ、2月15日の生誕ライブに向けて、意気込みを教えてください。

世界:この日の会場「三国ヶ丘FUZZ」は僕が大阪で初めてライブをしたライブハウスで、一時期そこで働いていたこともあったり、個人的にはとても思い入れの深い場所なんです。そこで自分の生誕ライブができるということがとても嬉しいですし、ファンのみんなにも楽しんでもらえたらとても幸せです。会場でお待ちしてます!

ホンモノは大阪を拠点に活動されていますが、大阪の良いところ、おすすめポイントを教えてください。その理由もお願いいたします。

魔訶: 天界住みなんであんまり分からないですけど、たこ焼きが美味しいらしいですよ。
怜:人情の街!変な人が多いんで楽しいですよ。
PP: 北欧館という有名なスパがあります。とてもおすすめと聞いています!!
清:良いライブハウス多いですね。
世界:岸和田競輪ってのがありましてね…

影響を受けたアーティスト・ミュージシャンと、その理由(どんなところから影響を受けたか、どんなところが好きか、など)を教えてください。

魔訶: わかる人には速攻で分かると思うのですが、、MALICE MIZERです。
怜:Xが大好きでした。今も大好きです。
PP: 王者ことYngwie Malmsteen????
清:Mark kingに憧れてベースを初めて、後は色んな人の良いところをピックアップした感じですね。
世界:JanneDaArcさんに憧れてバンドを始めました。

魔訶さんへ、好きな動物は何でしょうか?その理由も教えて頂きたいです。

魔訶:私ハリネズミが好きです。なんかふっくらしてて可愛い見た目なのにめっちゃ針ささるんですよ。しかも走るの早いし。可愛いです

怜さんへ、音楽以外のことで、お休みの日などに何か夢中になっていることや趣味はありますか?

怜:スキンケアですかね。課金してます。

PPさんへ、使用されているギターについて紹介して頂けますでしょうか?ホンモノの曲を弾くときにそのギターを選んだ理由も教えて頂きたいです。

PP: Skervesenというポーランドのメーカーのギターを弾いてます。理由は弦が7本あるからです!!

清さんへ、ベーシストとして活動する中で最も楽しいと思うことは何でしょうか?

清: 他の楽器に比べて自由度が高いなと思ってます。ギターなら最低限コード弾かないといけないとか、ドラムならこのリズムパターンは必須でその上で自分を表現すると思うんですけど、ベースはベースライン弾くだけでもいいし、コード上の音を使って遊んでもいいしみたいな。

世界さんへ、競馬がとてもお好きだと拝見していますが、競馬を好きになったきっかけを教えて頂けますか?

世界: 元々ゲームセンターの競馬のメダルゲームが好きでよく遊んでいたり、有名な馬は知ってるくらいには家で中継を見たりはしていて、成人してから先輩に競馬場に連れて行ってもらって、そこから競馬をやるようになりました。知れば知るほど競馬が楽しくなって、今やもう中央競馬も地方競馬も海外競馬までどっぷりです笑

タトゥーを入れたことはありますか(もしくはタトゥーを入れてみたいと思うことはありますか)。もしも、いつかタトゥーを入れるとしたら、どんな絵柄にしてみたいですか?

魔訶: 入れた事は無いですし、あまり考えた事が無いです。痛いの嫌いなんで。
怜:入れません!無理です。
PP:背中に滝を登る鯉を彫りたいですね。 
清:ないですね。興味もないかも。
世界:入れたいと思ったことは何度もありますが、温泉入れなくなっちゃうんで入れてないです。

2023年に最も大変だったこと、苦労したことは何でしょうか?その理由も教えてください。

魔訶: 現在進行形で大変なんですけど、なんでしょう、、うーーん。。難しい大変でもなんだかんだみんなで笑えてるので。
怜: バンドのことは常に大変で苦労してます。常に悩みまくってます。
PP: 先日メイクの集合時間の8分前に起きたときです!
清:皆に興味持ってもらえるようにどうすればいいのか毎日大変です。
世界:今年はありがたいことにツアーを回らせてもらうことが多かったので、体調管理が大変でしたかね。

ライブの前にメンバー全員で円陣を組んでいる映像を拝見したことがあります。ライブ直前にはどんな話や掛け声などをしていますか?

ホンモノ:その時々に必要な言葉と、この場所をホンモノにするぞ。その気合いを入れています

個人的に「ライブ前には必ずこれをする」ということは何かありますか?

魔訶: こめかみを両方の指でぐりぐりします。これが今からライブで表現者になるきっかけだったりします。
怜:何も食べないをやってます。ハングリーなライブがしたいんでね。
PP: 手のひらに指で人って漢字を書いて飲み込みます。緊張がほぐれます。
清:ストレッチくらいかなぁ。
世界:タバコを吸って一旦落ち着いて「やるぞ」という気持ちを作ってからステージに上がるようにしています。ちなみに最近紙タバコからiQOSに変えました。

2023年を振り返って、漢字一文字で表すと何でしょうか?その理由も教えてください。

魔訶: 借です。恩や力、色んなものをお借りしましたので。
怜: 車 盤車を買いました笑
PP: 税です。清水寺のひとが言ってました!!
清:悩。色んな事に悩んでるので。
世界:旅ですかね。いろんなところでライブしたんで。

2023年で一番楽しかった思い出は何でしょうか

魔訶: やっぱり個人的には1週間メンバーと住んだ事ですかね。ワンマンやライブも色々ありましたが。あんまり知らない一面を知れた期間でもありましたし。
怜: スタッフ、メンバー込みのホンモノ全員で笑ってる時が好きです。移動中にみんなで腹抱えて笑ってる時間ががとても幸せでいい思い出です。
PP: 思い出したら書きます!!!
清:機材車の中での会話ですね。
世界:大阪MUSEのワンマンですかね。

2024年はどんな年にしたいですか?

魔訶: 苦しいより楽しい、幸せがもっと多くなれば良いなと思います。
怜: そろそろ報われたい。
PP: 良い年になったらいいと思います!!
清:今の8倍ベース上手くなりたい。
世界:自分と周りも、皆んなが良い年になったらいいなと思います。

3年目のホンモノの活動に向けて、目標や意気込みを教えて頂けたら幸いです。

魔訶: パチモンの輪が広がり、その人たちをもっと凄い場所へ、もっともっと上へ私が連れて行きます。
怜: もっとキャパシティ上げて行きたい!色んな意味で大きくなりたいです。
PP: がんばります!!!
清:皆に愛されるよう頑張るね。
世界:1人でも多くの人に知ってもらえるように頑張ります。

最後にファンの皆さんに向けて、メッセージをお願い致します。

魔訶: 自分自身が幸せになる為に、私に心を開きなさい。
怜: いつもありがとう!これからもついておいでね
PP: このインタビュー書くの結構大変でした。
清:いつもありがとう。
世界:いつもありがとう。生誕ワンマン、遊びに来てね。


One of the charms of HONMONO’s songs is that they relate to the feelings of pain and sadness, the things you want to say out loud but can’t. HONMONO speaks for you the words you really wanted to say. The new song Prometheus has also become a hot topic with its innovative, beautiful and impressive music video.
This time JROCK’N’ROLL interviewed HONMONO for the third time and we talked about their new songs, their enthusiasm for the third year of their activities and many other funny anecdotes! Please check it out, not only for fans(Pachimons) of HONMONO, but also for those who want to know more about HONMONO!


First of all, thank you for this 3rd interview! I’m really happy that we still can enjoy the music of HONMONO. For those who haven’t discovered HONMONO yet, please tell a funny story about each other. 

魔訶(Maka): 
➡ REY: He is a strong and beautiful person, he is also sometimes careless (but cute) personality and a wonderful smile. He also can talk about interesting things. His charm is hard to find on SNS etc.
➡ PP: He might feel as a person you don’t understand, but that’s not true. He keeps saying things which aren’t funny…until you laugh. That’s how he is. 
➡ Kiyo: It’s no exaggeration to say that he was born with the energy of laughter from the entire universe, and he is the reincarnation of the God of Laughter.
➡ Sekai: I often see people messing with him at gatherings, but actually he is an interesting person. If you like simple humor, please check him out.

怜(REY):
➡ MAKA: He is probably someone special. We may not see his true identity yet, but I’m sure if it’s the time we will receive his full identity. 
➡ PP: He is a very elusive and mysterious person in the band. Despite this, he is full of humanity and charming  when you get to know him one-on-one. I’m sure he would realize this if he could take a step forward.
➡ Kiyo: He is a surprisingly clumsy person. If he could live a little more skillfully, he could save himself in many ways, but I think that is part of his charm.
➡ Sekai: He is a behind-the-scenes force to be reckoned with. He is like a tranquilizer for everyone. The power hierarchy of HONMONO seems to be established by Sekai-san.
He has the power to change the atmosphere to his own color, which is different from the power of receptiveness, and HONMONO is helped and saved by it.

PP: 
➡ Maka: He is white. 
➡ REY: He is a leader.
➡ Kiyo: He is a bassist.
➡ Sekai: He is the greatest person in our band and I can’t ever surpass him.

清(Kiyo):
➡ Maka: People often misspell the kanji in his name (※for example「摩訶」is not correct.  「魔訶」is correct.)
➡ REY: Usually when he post on SNS there are typos 
➡ PP: Surprisingly natural guy. Which is kind of cute. 
➡ Sekai: Pure and innocent. Tough on national power

世界(Sekai):
➡ Maka: Out of everyone, I’ve been with him the longest.
➡ REY: He is a reliable leader.
➡ PP: People tend to think he is a strange person, but he is a kind person.
➡ Kiyo: He’s a stoic when it comes to laughter as he is about bass.

Please tell us how your feelings have changed since reaching your 2nd anniversary, and which things feel impressive if you look back on your activities of those years.

魔訶(Maka):I‘m standing with a much stronger spirit on stage than before. I often hated myself and felt regretful. But lately I feel like I’m the best!. Otherwise we wouldn’t be able to make this place HONMONO.
怜(REY): To me it has become much clearer about what I can and what I cannot do when it comes to what I want to do. It’s still a difficult balance to find, but I like to hold on to my good spirit. 
PP: I think something has changed.
清(Kiyo):I’ve been able to meet and interact with a lot of different people and I think it gave a positive wave in my life. 
世界(Sekai):I guess we can do things now, which I thought were impossible in the past. 

The new song Prometheus is a very impressive song. Please tell us about the anecdotes during the creation of the song, the thoughts you put into the lyrics, and what each member keeps in mind about how to perform the song.

A Story about song production:
HONMONO: We can say this every time, but HONMONO songs are really complicated, or rather, there are a lot of difficult things sprinkled inside. There are too many things to explain in detail, because there is an intro, A melody, B melody and chorus…So we don’t know how to explain them well and understandable…】

About the lyrics.
魔訶(Maka):What goes through your mind after you have read these lyrics for the first time? I wrote them in a way that the reader will be able to decide whether the ending will be happy or bad. So, personally, I would be happy if the person I created resembles us over there.

About the song writing:
PP: I worked on it with all my might!

About the song performance.
魔訶(Maka):I focus on the embodiment of suffering. It is not only kind words that save us. There is also pain that can be saved by wounds.
怜(REY):It’s difficult to perform.
PP:  I played with everything I got inside.
清(Kiyo):We’ve packed it with all the techniques we can do.
世界(Sekai):It was seriously difficult and I’m grateful to modern technology.

Please introduce The glass prison to us as well. Please tell us about the anecdotes during the creation of the song, the thoughts you put into the lyrics, and what each member keeps in mind about how to perform the song.

A Story about song production:
HONMONO: It’s all about the characterized rhythm.

About the lyrics.
魔訶(Maka): This lyric is a little too much. I put myself out there too much, or something. But I don’t regret writing it. There were times like this.

About the song writing:
PP: I worked on this with all my might as well!

About the song performance.
魔訶(Maka):It may be a funny expression, but I am gouging out a wound. As if begging for forgiveness for something. I try to make it look like I’m standing on the edge. 
怜(REY):Personally, I’m happy that I was able to do something that I wanted to do, but at the same time I’m worried that it’s difficult.
PP:  I played this one also with everything I got inside.
清(Kiyo):It’s a song that is easy to express the HONMONO atmosphere, so I play it to match that atmosphere.
世界(Sekai):I did my best, even though it was like 7 beats… I think it turned out to be an emotional drum.

The Music video for Prometheus is also very impressive and shocking as well. It really hit my heart to see the animation of a man hitting the woman with his guitar and that the woman still wanted to give a present. It seems like unconditional love, codependency, true love or something.The man looks like a bandman and the woman looks like a fan of him. Could you please tell us more about the concept ideas and meaning behind the MV?

HONMONO: We left room for imagination, it may be unconditional love, codependency, true love, or something.Of course, it’s not limited to this song, but it’s very important what you think, so whatever you think is correct.

The MV of Prometheus shows a cool and wonderful appearance of all the members.Also the magnificent atmosphere  looks very beautiful in a way that is completely different from previous MVs. Please tell us anecdotes about the MV shooting, what was fun, what was difficult, etc.

魔訶(Maka):I guess the hardest part was that it was a full CG project, so I couldn’t really predict what to expect. But when it was finished, I was really impressed. The hardest part was the costumes.
怜(REY):I was very anxious about the first attempt at CG, but I ended up grinning a lot lol.
PP: I forgot so many things during the shoot, I was so nervous.
清(Kiyo):It was difficult to shoot without being able to see the final video. It was a journey to find the best in myself.
世界(Sekai):The director was good at raising the tension, so I had a lot of fun filming it, and I think it came out cool.

HONMONO has shown us various beautiful visual costumes until now, but the new costumes and hair styles are different, innovative, impressive, and are very attractive. I’m mostly impressed by Maka’s beautiful costume, it’s a very amazing Angel/God looking appearance which totally impressed me. It also looks amazing live. How and why did you come with the idea for this appearance? Please tell us a little bit more about it. 

魔訶(Maka):At first, we discuss ideas for costumes with everyone, and decide on the concept by saying things like “Let’s do this”. After deciding, I draw it in my sketchbook while thinking about the necessary elements with colored pencils. After that, we discuss it with our costume designer and come up with a costume that is realistic. 

Also Maka’s costumes are always “huge” and “complicated” in comparison to the other members. Why do you always decide for such a “heavy” costume and not a “light” costume than the other members?  (like heavy and light armor in games, Maka is always wearing heavy armor)

魔訶(Maka):I think it’s fine as long as it can be expressed through a T-shirt or jersey. If the concept was an empty holiday, it might be that way. However, it wasn’t like that this time, last time, the time before last, and the time before last. So from now on, depending on the concept, it will naturally be heavily armored.

Regarding Prometheus “new visual”, what do each member want us to notice about the new visuals?

怜(REY): My Ponytail!
PP: My Abs.
清(Kiyo): Isn’t my short jacket cute?
世界(Sekai): My Shoulders and my backside. It’s okay if you look at me with naughty eyes. 

Because HONMONO is a band who shares “true” feelings of people. Are there any topics for yourself you feel talking about with others is difficult? If so, please tell us more about it.

魔訶(Maka): I can’t do almost anything difficult. Apart from trust whether it’s at school or work, I believe there are countless opportunities to lie about the truth. But I have a stage, and Pachimon has us, so it’s okay.
怜(REY):I’m always so careful about what I say to others and I try to read their opinions. So I always think it’s impossible to say my true feelings to anyone(lol)
PP: I can always say my true feelings! Oh my!!
清(Kiyo):I don’t have it. Because I have a personality that I can’t hide my feelings…
世界(Sekai):I don’t think anyone will accept me as I am, so I often think that it’s important to have a balance with my own feelings.

I read that all members lived together for a week in Tokyo this fall for concerts and photoshoots. Do you have any particularly fun memories, unexpected events, or memorable moments from the week you spent together?

魔訶(Maka):It was very fun, but  I was tired at the same time.
怜(REY): Being together makes me very satisfied
PP: I was really scared because Sekai-san was pushing me to death every day and made me cry every day, but I also felt a little relieved by the kindness he sometimes showed me.
清(Kiyo):I had so much fun laughing to death every day. It’s just inconvenient to have stairs at home.
世界(Sekai):Everyone had fun eating and drinking together. About what PP said, I didn’t do that(laugh)

Sekai please tell us your enthusiasm for your birthday ONEMAN live on February 15th!

世界(Sekai):That day venue “Mikunigaoka FUZZ” is the live venue where I performed for the very first time in Osaka and I even worked there for a while. So it’s a place that I’m personally very fond of. I’m very happy to be able to perform my birthday live there, and I’d be very happy if my fans could enjoy it too. We’ll be waiting for you at the venue!

What’s the best thing about Osaka and please tell us the reason.

魔訶(Maka): I don’t know much about it since I live in heaven, but apparently the takoyaki is delicious.
怜(REY):A city of humanity! It’s fun because there are so many weird people.
PP: There is a famous Onsen called 北欧館. I hear it’s highly recommended! ! [JRNR: the onsen is closed now]
清(Kiyo):There are a lot of good live houses.
世界(Sekai): There is Kishiwada Keirin…

Please tell us about the artist/musicians which you admire the most and inspired you and why you like them so much.

魔訶(Maka):I think people who understand it will be able to understand it quickly, so 
怜(REY): I loved X. I still love it.
PP: Yngwie Malmsteen aka the champion????
清(Kiyo):I first started playing bass because I admired Mark King, and since then I’ve picked up the good points of many people.
世界(Sekai):I started a band because I admired Janne Da Arc.

Maka, Do you actually love animals? If so, which Animal do you love the most and why?

魔訶(Maka):I like hedgehogs. It’s kind of plump and looks cute, but it’s really sticky. And it runs fast. Is the cute 

REY, when you aren’t busy with music, what do you love to do on a normal day?

怜(REY): Skin care, I guess. I’m paying for it.

PP, could you tell us more about the guitars you use and why they are good for playing the songs HONMONO plays. 

PP: I play a guitar made by a Polish manufacturer called Skervesen. The reason is that this type has 7-strings! !

Kiyo, what do you enjoy the most about being a bassist? 

清(Kiyo):I think it has a lot of freedom compared to other instruments. If you play the guitar, you have to play at least a chord. For drums, this rhythm pattern is essential, and I think you need  it to express yourself. For bass, it’s okay to just play the bass line, or you can play around with the sounds on the chords.

Sekai, you really love  “horse races” and to bet on them, but could you please tell us the story about how you got hooked on “horse races”. 

世界(Sekai):I’ve always liked medal games for horse racing at game centers, and I often play them, and I know all about famous horses, so I watch them live at home. When I became an adult, my seniors took me to the racetrack, and that’s when I started to follow racing as well. The more I know about horse racing, the more I enjoy it, and now I’m fully into central horse racing, local horse racing, and overseas horse racing lol.

■  Do any of you have tattoos or thoughts about getting one? If so, show us and tell us about it. If not please tell us if you want one and what kind of tattoo you wish for.

魔訶(Maka):I’ve never got one and I haven’t thought about it as well. I don’t like pain. 
怜(REY):I can’t put one! That’s impossible.
PP: I would like to carve a carp climbing a waterfall on my back.
清(Kiyo):Not really. Maybe I’m not interested
世界(Sekai):There have been many times I’ve wanted one, but I love to go to the hot springs, and since hot springs usually forbids them, I can’t get one, because I can’t go to the hot springs anymore.

What’s the most difficult thing you faced in 2023 and please tell us the reason.

魔訶(Maka): It’s difficult because it’s still ongoing, but I don’t know what it is, hmm. . difficult. Even though it’s tough, we’re all able to laugh together somehow.
怜(REY): Being in a band is always complicated and difficult. I’m always worried about various things.
PP: The other day I woke up 8 minutes before the makeup meeting time!
清(Kiyo):Every day I struggle with what I can do to get everyone interested.
世界(Sekai):Thankfully, I was able to tour a lot this year, so it’s always difficult to keep up with your good health.

I have seen a video of all the members forming a circle before a concert. What kind of talk or shouting do you do right before the concert? 

HONMONO: We make the place HONMONO with the words we need at that time. we’re putting that spirit into it

Is there anything that you personally always do before a concert?

魔訶(Maka):Gripping my temples with both fingers. This is sometimes the beginning of becoming a live expressive person from now on.
怜(REY): I won’t eat anything. I want to stand hungry on the stage. 
PP: To write the kanji “人(person)” on my palm and swallow it. It relieves tension.
清(Kiyo):stretching myself.
世界(Sekai):I smoke a cigarette to calm down and create a feeling of “let’s do it” before going on stage. By the way, I recently changed from normal cigarettes to iQOS.

Looking back on 2023, how would you describe it in one kanji? Please also tell me the reason.

魔訶(Maka): 借 “borrow”. I have borrowed your blessings, strength, and many other things.
怜(REY): 車 “car”. I bought a car lol
PP: 税 “Tax”. Someone from Kiyomizu-dera said so! !
清(Kiyo):悩 “Worry”. I’m worried about many things.
世界(Sekai):旅 “Traveling”, huh? We performed live in many places.

What is your most enjoyable memory in 2023?

魔訶(Maka): Personally, when we lived together for a week.
Also various ONEMAN performances and live performances.
It was also a period where I learned about a side of myself that I didn’t know much about.
怜(REY): I like it when all the members of HONMONO, including the staff are laughing. The time we all laughed while we were on the move was a very happy and fond memory.
PP: If I remember, I’ll write it! ! !
清(Kiyo): One of the conversations we had in the equipment car.
世界(Sekai): Osaka MUSE ONEMAN?

What kind of year do you want 2024 to be?

魔訶(Maka): I think it would be better if there was more joy and happiness than pain.
怜(REY): I want to be rewarded soon.
PP: I hope it’s a good year! !
清(Kiyo):I want to become 8 times better at bass than I am now.
世界(Sekai):I hope that I and everyone around me has a good year.

I would appreciate it if you could tell me about your goals and enthusiasm for the third year of HONMONO activities.

魔訶(Maka): The circle of Pachimon expands, taking those people to even greater places and higher. I will take you
怜(REY): I want to increase our capacity even more! I want to grow in many ways.
PP: I’ll do my best! ! !
清(Kiyo): I’ll do my best to be loved by everyone.
世界(Sekai):I will do my best to let as many people as possible know about us.

Lastly, please give a message to your fans.

魔訶(Maka): Open your heart to me in order to make yourself happy.
怜(REY):Thank you as always! Please continue to follow me.
PP: It was quite difficult to answer this interview.
清(Kiyo):Thank you as always.
世界(Sekai): Thank you always, Be sure to come to visit my birthday ONEMAN.

Interiew with Karasu

鴉-カラス- INTERVIEW 2023
By Team JROCK’N’ROLL

鴉-カラス
Website – X(Twitter)– Youtube – Tunecore – Webshop

日本語ENGLISH

人間の弱さと向き合い、現代社会や人の心を鋭い視点で深く歌い上げ、様々な面で進化を遂げる鴉-カラス-の皆様に、2回目のインタビューを行いました!今回はニューアルバム『スケアクロウ±0』や、2024年6月O-WESTでのワンマンライブ『一矢報いる』などについて伺いました。唯一無二の素晴らしい音楽を創り上げるための真剣な取り組みや、私たちに笑顔をもたらしてくれるユーモアと温かい人間性、困難も乗り越えて走り続ける鴉-カラス-の皆様の言葉をぜひお楽しみください! 鴉-カラス-の皆様、2回目のインタビューの機会をいただき、ありがとうございます!

■2023年12月27日リリースのアルバム『スケアクロウ±0』についてお伺いします。新曲の『鴉のちゅんちゅん行進曲』や『教えて!siriくん。』と共に、これまでの選りすぐりの名曲が詰まった贅沢な音源集となっていると思います。収録曲や曲順を決める際のエピソード、制作において苦労したこと、楽しかったことなど教えていただけたら幸いです。

椋: 今回新しく録った三曲は、エンジニアさんに丸投げではなく自分のデータを自分でeditしたので大変でした。ずっとパソコンに向かっていたのでお尻が痛いです。アルバムの曲順は、いつもなら僕が決めるのですが今回はメンバーが決めました。決めたそうなメンバーが居たんで任せました。笑

幽タ: 今回もカツカツのスケジュールでの制作でしたがレコーディング慣れしたのか大して時間はかかりませんでした。もちろん考えてない訳ではなく、頭の中に浮かんだものがさっと取り出せたり、正確に収録できるようになったという点でこれまでよりまた一段上に登れました。

大地: レコーディングに関しては、細かい編集等を自分たちで行ったので、ギターを弾く時間よりもパソコン作業の長さがちょっと大変でした( ; ; )その分エンジニアさんへの感謝だったり、自分のプレイの課題等も見つけれたので、いい機会になったなと思います。曲順に関しては、私が一番うるさかったです。笑
椋くんが最初曲順組んできてくれたんですけど、最近意識してる流れを意識したらもっと鴉-カラス-の曲たちの良さが出ると思ったし、何よりライブを聴いてるような感覚になって欲しいなって、鴉-カラス-の良さが伝わるんじゃないかなって思って組ませてもらいました♪

拓人: 僕個人はスムーズに作り終えることが出来ました。ただドラムのフレーズ作りを今までとは変え、よりライブでの見え方、見せ方にフォーカスを当てて考えました。パフォーマンス込みでフレーズ作りをしたので、制作期間は筋肉痛と戦っていました笑

『スケアクロウ±0』New song preview『鴉のちゅんちゅん行進曲』、『教えて!siriくん。』、『旅路スケアクロウ±Ver.』の3曲の一部を試聴いただけます。


■『スケアクロウ-1』『スケアクロウ-2』に続いて、次は『スケアクロウ-3』というタイトルを予想していたのですが、『スケアクロウ±0』というタイトルに驚きました。この『±0』には、どんな意味が込められていますか? また、『-1』は『マイナス1』と読むと伺ったことがありますが、マイナスにはどのような意味があるか教えて頂けますでしょうか?

椋: 僕たち鴉-カラス-の原点になるアルバムだと思っているので、全てここから始まる教科書のようなアルバムという意味を込めて±0にしました。「-」というのは当時色んな意味を込めてつけたのですが、、、今思えばシンプルに数字を足していくのが嫌だったんだと思います。笑

幽タ: 諸説あるよね(笑)数字が減るにつれて俺達の音楽が深まるみたいな意味もあったような…

大地:これに関しては、私はわかりません…。笑

拓人: 椋の言った通りですね、、笑
-3という期待を裏切りつつ、今までの鴉-カラス-の集大成であり気持ちを改める作品にする為にマイナスでもプラスでもない0になった。、、、って説が濃厚です(b^_^)b

■全てが名曲だと思いますが、メンバーの皆さんそれぞれが『スケアクロウ±0』の中で特におすすめの1曲を挙げるとしたら、どの曲を選びますか?その理由と、曲紹介をお願いいたします。

椋: なんでしょう。ほとんど僕が作曲した曲ですのでこれだっ!ていうのはちょっと言いづらいですね。それ以外の曲が可哀想じゃないですか。笑

幽タ: 今作収録で選ぶなら「旅路」ですね。理由としては一昨年(2021年)の長期ツアー中にみんなで必死になって作ったからです。
作曲した拓人が移動中の車内で必死に構成練ったり、今では想像つかないくらい収録が下手な自分が苦しみながら録ったギター、そして椋くんの鴉-カラス-への想いを詰め込んだ歌詞(本当に好き)で作られた結晶です。
最初は自分が再加入する時のワンマンで入場特典で配られたんです。
それが大地が入ってLパート(左耳から聴こえる音)のアレンジを加えてくれたり、ギターソロの前半を彼が弾いたりして更に素晴らしい楽曲になり、これで4人の旅路になったし来年の6/18に行われるSpotify O-WESTワンマンに向けて”今こそアルバムに入れるべきでしょ”ってなった経緯もあり選びました。

大地: 悩みますねぇ…。ん〜ん……「トラウマ」かなぁ…!なんかこの曲の何から何まで…すごく好きなんですよねぇ…。笑
私の性癖に刺さるというか…。音源もいいけど…ほんとにライブで感じてほしい!!笑

拓人: もちろん全曲おすすめですが、「鴉のちゅんちゅん行進曲」ですね。タイトルと曲のギャップが好きです笑
騙されたと思って聞いてみてください。


■新曲について紹介をお願いいたします。(歌詞に込めた想いや、楽曲制作時のエピソードなど。)

・『鴉のちゅんちゅん行進曲』
椋: デモから大きく変わりましたね。最初各々のソロとかあったので。笑
曲の方向性が”ライブの一体感”ってところで着地してからは早かったですね。
初披露のライブ前日のスタジオでサビメロがなんか違うってなって、一度持ち帰る時間も無かったのでスタジオでメンバーにコード鳴らしてもらって、その場で何度も歌いながらメロディをつけました。
結局完成したのがライブ当日の朝6時でしたが我ながら天才だなと思いました。

幽タ: 椋くんがスタジオ来る前に満場一致でメロ変えようってなったな…(笑)
本来凄く嫌だと思うんですよ。作曲して一生懸命考えてきたフレーズだろうし昔だったら有り得ないんじゃないかと思うのですが「よっしゃ変えたるわ」って言ってものの10分程度でメロディの土台作り変えて次の日の朝には歌詞も載ってて…本当に尊敬してる。

大地: 今までの鴉-カラス-になかったちょっとミドルテンポの曲で、椋くんにライブ終わりの話してる時によく「こういう曲あったらいいとおもうんだよね」って言ってたのでデモがきた時に”これこれ”ってなったてました♪
ライブでノリをお客さんたちと決めたりしたのを思い出しながらレコーディングしたりで楽しかったです♪

拓人: デモ段階でアレンジを担当しました。
最終的にはギターのリフをスタジオで自分のギターを持ち込んで幽夕、大地と音を合わせながら作っていきました。
オケとメロディーをほぼ同時進行で作っていったので大変でしたが完成して良かったです。

・『教えて!siriくん。』
椋: これはほとんどデモ通りでむしろシンプルになったくらいです。
ちょっとネタバレですが、歌詞は拓人の口癖をいじってる曲かと思いきや社会風刺の歌詞になってます。笑

幽タ: 俺も運転中Apple Watchにヘイsiri使うから耳が痛いわ(笑)どいつもこいつもの一人です(苦笑)

大地: siriくんに関しては、椋くんの面白センスが爆発してる曲ですね。笑
デモを聞いてすごくニコニコできた曲でした!鴉-カラス-は割と真面目にヴィジュアル系が好きな人の集まりだと思っていて、特に歌詞にそれが滲みでてるんですけど、でもいつもすごい笑うしなんかほんとおもしろいのや楽しいのが好きな人たちなんです!もうかっこいい曲や真面目な曲は、鴉-カラス-結成当初からたくさん作ってきてたので、また一つ”楽しいことも好きなんだよ”って伝えられる曲だなって思ってます♪

拓人: 僕のテーマソングです(b^_^)b

■2021年の特典音源としてファンの皆さんからの人気も高い『旅路』は、新たに『-スケアクロウ±0Ver.-』として収録されるということで期待が高まります。『旅路』の新バージョンに込めた想いや、制作時のエピソードを教えて頂けたら幸いです。

椋: これを作った時は2021年とかで当時3人だったので、今の4人の気持ちを再録という意味を込めてアルバムに残したいなと思い収録することにしました。

幽タ: すみません…殆どの内容を先程熱く語ってしまいました(汗)
言い忘れた事があるのなら、自分の今のコンディションでレコーディングし直せたのが嬉しいですね。持ってる人は少ないだろうけど、聴き比べてもらえたら嬉しいです。
椋くんもあの時ミックスマスタリング勉強したてで、今のデわモと聴き比べると凄い上手くなってて感慨深いです。

大地: 最初この「旅路」のイメージって全然鴉-カラス-に合ってないなってっていうのが正直だったんです。この曲だけちょっと浮いてるな…って。でも鴉-カラス-ってすごく不器用で大変なバンドで、加入してからほんといろんなことがあって、そんなこんな乗り越えて迎えたいつぞやかのBlackHoleのワンマンの時に、この曲で泣いたんですよ。笑
椋くんの”優しさ”かなぁ…。寄り添ってくれるっていうか。
不器用なんですけど…まっすぐで優しい人間味溢れる…なんてことをおもうくらいには好きになりました。笑
この曲はその辺も踏まえて、Aメロではたくちゃんとリズムで、幽タさんとはギターソロで、椋くんとはボーカルソロのところをアルペジオで、どのセクションも一緒に最後まで行くぞって気持ちをこめたので、そんなことも思いながら聞いてくれたら嬉しいです♪

拓人: 旅路を作った時は、個人的に精神的にも疲弊していて、私生活にも支障が出て大変な時期だったので、自分自身の応援歌になる曲が欲しかったんです。笑
でもそれがワンマンの最後で演奏されるような大役を任せられる楽曲になったので、作曲者としてはとても嬉しいです。


■2024年3月19日には、高田馬場CLUB PHASEでの四周年記念単独公演『轍』の開催が発表されました。四周年記念公演に向けた想いや、四年という歳月を振り返って思うこと、五年目に向けての気持ちなどを教えて頂けたら幸いです。

椋: 最初の2年間は社会状勢もありまともな活動が出来て無かったので、やっと鴉-カラス-というチームに纏まり今に至っている感じですね。これからが楽しみです。

幽タ: 本当に勘弁してくれよって時代でした。
そんな轍がある俺達だからこそ一枚岩になったなと。
ようやく椋くんらしいライブ出来るようになったし五年目はガンガン巻き返します!

大地: 再始動から数ヶ月で大きい目標ができて、そこからほんとに成長を感じて動けています。応援してくれてる皆さんをはじめ、関わってくださってる人たちのおかげだなぁとありがたいことだなと思っています。目標に向けての節目のライブになりますので、それまでの数ヶ月でもっとおどろかせていきたいです♪

拓人: 4年目の実感が湧きません。笑
でも続けて良かったっておもってます。
5年目の目標は6年目を迎える事ですね。

■2024年6月18日、椋さんのお誕生日に、Spotify O-WESTでのワンマンライブ『一矢報いる』の開催が発表されました。以前のタグ「#そうだ鴉を聴こう」と共に、「#鴉ウエストやるってよ」「#ROADtoOWEST」の新しいタグでSNSも盛り上がっています。WESTに向けての意気込みや、楽しみにしているファンの皆さんへのメッセージをお願いいたします。

椋: 一矢報いましょう。

幽タ: タグ打ち込むの大変だろうにいつもありがとう。
みんなの応援で今の鴉-カラス-が成り立ってます。
俺達も本気でWESTに向けて動いてるからファンの子ともライブ以外でも一体感出せて嬉しいです。

大地: このウエストには鴉-カラス-としての気持ち、そして私自身の気持ちと、いろんな気持ちを持って望む1日になります。全てをこの日にぶつけます。来てくれるみんなの心を動かしてまたその先の道を一緒に見てもらえるように…今はそれだけです。

拓人: バンド史上最大の挑戦です。
鴉-カラス-の今までとこれからを見せます。
応援よろしくお願いします!

■ROAD to O-WESTとして、無料ワンマンや決起集会など、様々な斬新で楽しい企画が開催されています。これまでの企画の中で、特に印象に残った出来事などを教えてください。

椋: ありがたいことに少しずつお客さんが増えていっていること。本当に本当に感謝です。

幽タ: ライブハウスで椋くんの等身大パネルを置く時にどこに置いたらいいか箱のスタッフさんやイベンターさんと相談するんですよ。
うちだけ勝手な事してすみませんって気持ちなのですが、快く受け入れて下さって「鴉-カラス-凄い頑張ってるね!応援してるからできる事あれば言ってね!」なんて激励までして下さる方も居て本当に有難いです。

大地: いつも応援してくれる子はもちろんのこと、そのお友達だったり、他のバンドが好きな子だったり少しずつ輪が広がっていってるのを感じて、すごく嬉しいです。
一緒に頑張ってくれてるのを身近に感じているので、自信を持ってやれているところもあります。いつもありがとう。もっとこの輪が広がっていけたらなって…結果今頑張ってる人たちが、バンドが、お客さんが、一つになる時間が増えるようにがんばりたいです!

拓人: お客さんとの距離が近くなりました。
どのイベントでも企画を行なっていて、ライブの感想がすぐ聞けるので僕たちも嬉しいです。
ちなみにここだけの話、、、椋の等身大パネルは2cm身長を盛ってます(b^_^)b

音楽面だけでなく、ヴィジュアル面でも日々新しく向上していらっしゃる皆さんに、衣裳やファッションなどのこだわりもお伺いしたいと思います。まずは新しい衣裳について。『センチメンタルさいこぱす』のMV公開と共に、新しい衣裳が公開されました。今回の新衣裳やヘアメのこだわり、アピールポイント、お気に入りの所、特に見てほしい所などを教えてください。

椋:ファッションは動きやすいかどうかを重視しています。スキニーとか私服でなるべく履きたくないです。
衣装は長年封印してきた帽子を被りました。

幽タ:私服ではシャツスタイルが多いです。ボタンをつける手間が好きだったりします(笑)
何年も銀髪だったのですが気分転換で青髪にしてみたら好評でした(嬉)

大地:やっぱり露出が少ないとどうもしっくりこなあいなぁって思って今回はお腹を思いっきり出しました♡

拓人:今まではドラマーらしさを意識して衣装を作っていましたが、今回はあまり意識せずに自分の着たい衣装を作ってみました。
メンバーには好評だったので、後はファンの方々にも好評だと嬉しいです笑

■『センチメンタルさいこぱす』MV撮影について、楽しかったことや大変だったことなど、エピソードを教えて頂けたら幸いです。

椋:マネキンがなかなかカメラを向いてくれなくて困りました。照れ屋さんでした。

幽タ:前向かせるの大変だったね(笑)あ!今いい感じに前向いてるから絶対触らないで!!って言うくらいに不安定だった(笑)
個人的な事だと9月頃からトレーニングをしていたので力強い感じがライブや撮影でも出せるようになったので見て欲しいですね。

大地:過去1かっこよくとれた撮影になったかなぁって思います♪久々のメンバーメインだったのでかっこいいところたくさんみてもらえたらいいな♡

拓人:12月の頭の撮影だったので撮影終わった次の日風邪をひきました、、MVもよく見ると鼻水垂らしてるかも?


■普段の私服では、お気に入りのブランドやこだわりポイントなどはありますか?

椋: 僕ら世代はクロムハーツ一強じゃないでしょうか?結構集めましたが未だに欲しいアイテムとかあるので色褪せないですね。

幽タ: Chrome Heartsはたしかに憧れの一つだね。
手が小さくてゴツイのが似合わないのが悔しいから小ぶりなアイテム選ぶしかないんだけど、それでも洗練されてて好き。
私服は気に入るものがあまりないので滅多に買わないです(笑)
ファンの方に頂いた愛ある服を着続けています。

大地:シンプルなもので、なるべくシルエットが男性よりにならないものを選ぶようにしてます♪

拓人: ないです(b^_^)b

■トレーニング、食事制限、美容ケアなどにいて、現在のマイブームはありますか?

椋: 難病になってからトレーニングが出来なくなっていたのですが最近ジョギングからまた始めてます。ライブを含め汗をかくのが好きなので。

幽タ: スキンケア自体は何年も前からやっているのでおかげで実年齢が当てられなくなりました(笑)
WESTワンマンが決まってから身体作りにも精を出すようになり毎日のルーティンとして起きたら練習→筋トレ→プロテインはどんなに忙しくても絶対に欠かさないです。
食事制限は色々やりましたね胃袋が大きかったので何日も食事を抜いて胃を縮める所から始めました。
今ではライブ三日前から水炊き鍋でうっすらポン酢に付けて食べるようにしてます。
病的な様にも見えますがライブ後は死ぬほどカロリー摂っていいという飴もあるので辛くはないです(笑)

大地:食事は食べすぎたら次の日減らすくらいしかしてないです!ハマってるのは、パック化粧水です♪

拓人: 毎日5km走っています

■お気に入りのカラコンはありますか?

椋: ゴッドアイなのでカラコンはしないです。釈迦でぇ〜す。

幽タ: あります!しっかり見つめてどこのメーカーか当てて欲しいですね(笑)

大地:今は倖田來未さんがプロデュースされてる奴が一番お気に入りです♡

拓人: 写輪眼が欲しい(b^_^)b

■お気に入りの香水、または日常の中で好きな香りなどはありますか?

椋: 実家の柔軟剤。元々良い匂いなので必要ありません。

幽タ: THE INIMITABLE MR. PENHALIGON EAU DE PARFUMを気に入ってます。
選んだきっかけとして拓人の実家で山羊を飼ってるのでウケ狙いで選んだらハマりました(笑)
大地:CHANELのChanceが一番です♡
拓人: 実家のヤギの匂い(b^_^)b

■「今後、こんな髪色にしてみたい」という色はありますか?

椋: テクノカット

幽タ: 今後のネタバレになっちゃいそうですね(笑)
もしかしたら来年の誕生日には二色使いになってそうです(笑)

大地:黒からのシルバーのグラデーションとか紫のグラデーションがやりたいです♡

拓人: 黒髪

■ご自身のヴィジュアルやファッションにおいて、最も重視していること、大切にしている点は何でしょうか?

椋: 自分に似合っているかどうか。なので僕は私服はストリートブランドを愛用しています。

幽タ: 清潔感を重視して街中を歩いても職務質問されない格好を心掛けています。

大地:女の子かと思ったって言われるのを狙ってるかもしれないですw

拓人: なるべく一般社会に溶け込めるような服装を心がけています(b^_^)b

■2023年を振り返って、どのような一年になったでしょうか?一年を振り返って、特に印象的だった思い出や、今年はこれが変わったなと思うことなどを教えてください。

椋: 1月〜5月までは精神的にキツかったですね、6月〜12月はそんなの忘れちゃうくらい楽しかったですけど。

幽タ: 同じく上半期キツかった…1月かな?椋くんにバンドきついわ辞めたい…って話したら鼓舞されたんだけど、去年は俺が椋くんを励ましてたのでバンドって作業以外も心でも助け合いがあって絆が深まるんだなって(笑)
下半期は大地と二人で飲みに行く楽しさを覚えてしまったのでウズウズする気持ちを抑えています(笑)
あとは拓人も一緒に体を絞るようになってくれて嬉しいですね!

大地:やっとみんな揃って一つのことに向かう目標をもてたので、それに向かって頑張ってる今がほんとに楽しいし、生きてるなって思います。6月にちゃんと笑えるようにがんばります!!

拓人: 2023年はO-WEST公演を決めた年ですね笑
それによって人生少し変わったといっても過言じゃないかもしれません。
身体はだいぶ絞ってます(b^_^)b

■2024年はどんな一年にしたいか、目標や意気込みを教えて頂けたら幸いです。

椋: ROADtoOWEST掲げた目標以上の結果を残したいです。よろしくお願いします。

幽タ: 全てを賭けて取り組めてます。失う物もあったけど新しい力も得られました。
幸せは苦しみの中から作り出すんだなと改めて感じたので死に物狂いで戦います。

大地:もちろん鴉-カラス-として掲げた目標ではありますが、他にもたくさんの想いをこめて向かってるO-WEST、そしてその先へ1日1日を大事に生きたいです。

拓人: 来年はとりあえずO-WEST公演の成功を。
その為に僕らがやる事は既に決まっていますが、その先の新しい目標もメンバーと考えていきたいです。

■最後に、読者の皆さん、ファンの皆さんへのメッセージをお願いいたします。

椋: らぶ。

幽タ: 最後まで読んでくれてありがとう。
そしていつも俺達の活動を支えてくれてありがとう。
2024年6月18日のWESTワンマンみんなで作り上げよう!

大地:いつも読んでくれてるみなさん、初めましてのみなさんも最後まで読んでくれてありがとうございます!鴉-カラス-史上、最大の挑戦。ぜひ鴉-カラス-を一度体験しに来てみてください!いつでもまってます♡

拓人:(b^_^)b

We interviewed KARASU for the second time, the Visual Kei band that confronts human weaknesses. Vocalist Ryo sings deeply from a sharp perspective of modern society to the hearts of people. KARASU are currently evolving in many ways!  This time we asked KARASU about their new album “Scarecrow±0” and their one-man live performance “一矢報いる” in June 2024 at O-WEST. Please enjoy the words of KARASU, who do their best to create unique and wonderful music, including humour and the warmth of humanity that brings smiles to our faces. Despite the many hardships KARASU have faced, they have decided to continue their journey!

Your new album 『スケアクロウ±0(SCARECROW±0)』was released on December 27th 2023. Could you tell us more details about this album?

椋 (Ryo): The recording our three new songs was a personal challenge for me, because  instead of leaving it up to a professional engineer, I edited all the raw data myself. My butt even started to hurt because I was sitting on my chair all the time.
Another thing to mention is that I’m usually the one who decides the song order on our albums. But this time we decided it together or rather there was one member who had it all imagined in his mind and we went for his choice(laugh)

幽タ (Yuhta): This time as well we had a tight recording and production schedule, but we didn’t need more time than we scheduled. Probably too because we got used to recording. It’s not that I and we don’t pay attention to recording something good, but personally speaking I got used to quickly retrieving what pops into my head and to record it accurately, which is a growth point for myself. 

大地 (Daichi):Regarding the recording, we did the detailed editing etc, by ourselves. The time we spent on the computer was longer and more difficult than the time I spent recording my guitar parts( ; ; )
It was a good opportunity, because now I’m able to express my gratitude to all engineers and I was even able to find improvement points in my own parts.
Actually I was the one who was most picky about the song order (laugh)
In fact Ryo put the songs in order at first, but I had already a flow in my mind which I was sure to be able to bring out the best of 鴉-カラス- (KARASU’s) music even more. Also it gave me a strong feeling as if you were listening to a real live show. I wanted it like that and I was really sure that it would convey the goodness of 鴉-カラス- (KARASU).   

拓人 (Takuto):  Personally, I was able to finish my parts smoothly. However the thing I changed was the way how I created the drum phrases, this time my focus was more on how it would look and feel during our present live shows as well. Because I created lots of phrases which are included at our live shows as well I was battling muscle pain during the recording period. (laugh)


Could you please explain why the album is called “±0” and not “-3”?

椋 (Ryo): This album is the starting point for us as 鴉-カラス- (KARASU), so I gave it a rating of ±0, to give it a textbook-like feeling album with the sense of that everything starts from here. Before I used the “-” to express various meanings, but now that I’m thinking of it I don’t like the idea of simply adding up numbers. (laugh)

幽タ (Yuhta):  There are various theories (laugh), there is also a meaning of as the number decreased our music deepened. 

大地 (Daichi): I don’t know about this…(laugh)

拓人 (Takuto): It’s as Ryo said. (laugh).  While betraying the expectation of “-3”, it is the culmination of all the 鴉-カラス- (KARASU’s) album releases, so we wanted it to be a release that changes everyone’s feelings, so it became a “0(zero)”, which is nether a negative nor a positive number(b^_^)b   

Which song of 『スケアクロウ±0(SCARECROW±0)』 would you recommend?

椋 (Ryo):  It is difficult. It is impossible to choose because I composed more of the songs. That’s why it’s impossible just to choose one. Also if I would say “this one” I would feel sorry for the other songs. 

幽タ (Yuhta):  My choice would be 「旅路(Tabiji)」. Because we worked so hard on this song during our long tour in 2021. Takuto composed the song and did his best to even compose the song in the car while we were touring around. I even notice that my guitar recording wasn’t good. So I did do my best to re-record it with the greatest sound ever.
The lyrics feel like a crystal because Ryo wrote them filled with all his feelings for 鴉-カラス- (KARASU)(I love the lyrics).
And because I rejoined 鴉-カラス- (KARASU), the song was given as a bonus at our ONEMAN.
And Daichi added the arrangement for the L part (The sound you hear only the left side). He also played the first half of the guitar solo, which turned the song into an even more amazing track.
It was the journey of the four of us and we chose to include the song because we thought “It’s time to include it on the album as well” in preparation for our Spotify O-WEST ONEMAN show which we plan to hold on June 18th 2024.

大地 (Daichi): I wonder which song it will be. I wonder if it’s “トラウマ(TRAUMA)” I really like everything about this song… (laugh) I guess it also touches my characteristics… The song is really good… I really want you to hear and see it live!

拓人 (Takuto): Of course I do recommend all the songs, but I’d say 「鴉のちゅんちゅん行進曲(Karasu no Chunchun Koushinkyoku)」I love the gap between the title and the song lol. Please listen to it if you think you’ve been tricked.

Please introduce your new songs to us. 
・『鴉のちゅんちゅん行進曲
椋 (Ryo):  This song changed a lot since its demo. At first each of us had a solo as well (smile) When we finally landed on the song direction of “a sense of live unity” the song shaped its face quickly. When we were at the studio just a day before our live show to play this song I realised that the chorus melody was different which I couldn’t fix alone anymore, so we ended up to play chords in the studio and I sang the song over and over while writing the melody… in the end we completed the song at 6am, the day of the show. But for me this song was a genius created song.

幽タ (Yuhta):  Even before Ryo entered the studio we already decided to change the melody…(laugh) I thought that he didn’t want to change the melody. Probably because it was a phrase that he spent hours on composing. I didn’t think that he could say yes, but he said  “Okay, I’m gonna change it”. And he was able to change the melody base in about 10 min and the lyrics were completed and fixed the next morning… I really respect Ryo for that.

大地 (Daichi):It’s a middle-tempo song that  鴉-カラス- (KARASU) never created before. I often talk to Ryo after our shows ended about how I would love and imagine how our new future songs would be. So when Ryo came with this demo, I thought “This is it”♪ 
It was fun to record the song while remembering how we decided the rhythm with our fans at our shows♪ 

拓人 (Takuto): I was also in charge of the arrangement during its demo stage. In the end I created the guitar riff by bringing my own guitar into the studio and combining the sounds together with Yuhta and Daichi. It was a lot of work to create the orchestra and melody almost simultaneously, but I’m glad we were able to complete it.

・『教えて!siriくん。』
椋 (Ryo): This song is almost exactly the same as the original demo, or it became more simple than the demo. A bit of a spoiler, the lyrics of the song are a social satire, thinking the song is teasing Takuto’s habit of speaking out of turn.

幽夕(Yuhta):I also use Hey Siri on my Apple watch while driving. So I understand the lyrics well(lol) And I feel like those lyrics are talking about people include me (bitter smile) 

大地 (Daichi):  As for Siri, the song is an explosion of Ryo’s interesting sense of humour.(laugh) I was able to smile a lot when I heard the demo of this song! We as  鴉-カラス- (KARASU) are a band who are serious about visual kei, and that’s especially evident in the lyrics, but we always have lots of laugh and fun together as well and like things which are really interesting and fun, that’s how we are. As  鴉-カラス- (KARASU) we have created lots of cool and serious songs since we formed, so I think this is one of our songs to show people that we like “funny” things as well.

拓人 (Takuto): This song is my theme song(b^_^)b

Because『旅路(Tabiji)』 is a re-recording, the expectations of your fans are surely high. So please tell us some more details about this song.

椋 (Ryo): When we created this song it was the year of 2021 and we were only with the three of us. So we wanted to record it as we want to share it with the feelings of the four of us now.

幽タ (Yuhta): Sorry… I already talked a lot about it passionately earlier.(sweat) But there is still something I forgot to mention. I’m glad that I was able to re-record it in my current condition. I don’t think many fans have both versions, but if you can I would like it if you could listen to both versions and compare both. Ryo-kun also was just learning how to master mixing, so I’m sure if you compare it you will be as deeply moved as me, how much better the song has become. 

大地 (Daichi): To be honest… At first I thought that『旅路(Tabiji)』doesn’t suit 鴉-カラス- (KARASU) at all. 
This song is the only one that stands out to me… however 鴉-カラス- (KARASU) is a very clumsy and not easy band and lots of things happened since I joined, but when we all overcame all difficulty this song made me cry when we finished our ONEMAN show at Ikebukuro Blackhole. I wonder if it’s Ryo-kun “kindness’ ‘.  I mean he’s always there for us, he is clumsy, honest, kind and full of humanity. So I came to like this song so much(smile). I was thinking about that when I re-record this song, the rhythm in the first verse with Taku-chan, a guitar solo with Yuta, and an arpeggio with Ryo as a vocal solo, so I felt like every section was going to go all the way to the end together. I’ve put a lot of thought into it, so I’d be happy if you could think about that while listening to it♪

拓人 (Takuto): At the time we created 『旅路(Tabiji)』, I was going through a difficult period of personal and emotional exhaustion, and my personal life was also suffering, so I wanted a song that would be a cheering song for myself(smile) But it turned out to be a song that I was entrusted with a major role to be played at the end of that one-man show, so I am very happy as a composer.


On March 19th, 2024 you will held your 4th anniversary ONEMAN show 『轍』 at Takadanobaba CLUB PHASE. Please tell us your feelings and how you look back at those 4 years and how you see your upcoming 5th year. 

椋 (Ryo):  For the first two years due COVID we weren’t able to do any proper activities, but now we finally got together as a band called 鴉-カラス- (KARASU). I’m looking forward to our future. 

幽タ (Yuhta): The first years really was tough and we even needed to take a break. But I think we faced such a difficult time we became this strong and we are finally able to perform live shows which are typical Ryo-kun. We’re gonna make a big great comeback in our fifth year. 

大地(Daichi):  In the few months since our restart, I’ve been able to make some big goals and really feel like I’ve grown and moved on from there. I am grateful for the support of everyone who has been supporting me and the other people who are involved. This will be a milestone live for us towards our goal, so we want to surprise you even more in the months leading up to it♪

拓人 (Takuto): I can’t really believe it was our 4th year. LOL.
But I am glad that we continued.
My goal for the 5th year is to reach the 6th year.

On June 18th 2024  on Ryo’s birthday、 you will hold a one-man live show “一矢報いる” on Spotify O-WEST. Along with your old hashtag “#そうだ鴉を聴こう” on SNS, you also launched new tags such as “#鴉ウエストやるってよ” and “#ROADtoOWEST.” Please tell us your enthusiasm for WEST and a message for the fans who are looking forward to it.

椋 (Ryo):  Let’s give it a shot.

幽タ (Yuhta):  Thank you as always for using the hashtags. Thanks to everyone’s support,  鴉-カラス- (KARASU) has become what it is today.
We’re also seriously working toward O-WEST, so I’m happy to be able to feel a sense of unity with our fans even outside of live shows.

大地 (Daichi):This is a day that I hope to bring many feelings to the O-WEST, my feelings as   鴉-カラス- (KARASU) and my own feelings. I’ll put it all inside this day. I want to move the hearts of everyone who comes and see the road ahead with me…that’s all I can do for now.

拓人 (Takuto):  This is the biggest challenge in our band’s history.
We will show you the past and future of  鴉-カラス- (KARASU).
Please provide us some support!

As ROAD to O-WEST, various innovative and fun projects have been held, such as free one-man shows and kick-off rallies. Please tell us about some of the most memorable events you have organised so far.

椋 (Ryo): Thankfully, the number of fans is gradually increasing. I am really, really grateful.

幽タ (Yuhta):  When I place a life-size panel of Ryo-kun at a live venue, I consult with the staff of the box and the event staff as to where I should place it. I feel like I’m sorry for doing something on my own, but the person who kindly accepted me and even encouraged me by saying things like, “ 鴉-カラス- (KARASU), is doing a great job! I’m rooting for you,  if there’s anything I can do for you, let me know!” I’m really grateful to have you here.

大地 (Daichi): I am very happy to see that the circle is gradually expanding to include not only the fans who always support us, but also their friends and those who like other bands. I feel close to them as they enjoy us together. It makes me feel confident that we can do what we wanna do as well. Thank you for everything. I hope this circle will expand even more…As a result, I would like to do my best we as 鴉-カラス- (KARASU) can grow as a stronger unity together with our fans.

拓人 (Takuto): We are now closer to our fans.
We are happy to hear the feedback from the live performance after every event.
By the way, just between you and me, Ryo’s life-size panel is 2cm taller than himself.(b^_^)b

You are improving and evolving not only your music, but also your visuals and fashion. You all became more beautiful and cool so please tell us what you focus on in your fashion and visual. Along with the release of your MV “Sentimental Psychopath” a new visual also was released. Please tell us something more about the chosen visual. 

椋 (Ryo): When it comes to fashion, I like to keep moving freely. I don’t want to wear skinny jeans as everyday clothes.
As an extra for my costume, I wore a hat that I had kept sealed for many years.

幽タ (Yuhta):  In my personal clothes, I mostly wear shirts. But I do like the hassle of putting on buttons (lol) I also had silver hair for many years, but I decided to change my hair colour to blue and it was well received (I’m happy)

大地 (Daichi): I thought it wouldn’t look good if I didn’t expose too much of my skin, so this time I showed my stomach as much as possible♡

拓人 (Takuto): Up until now, I’ve been making costumes with the drummer’s style in mind, but this time I tried to make a costume that I wanted to wear without thinking too much about it. My choice was well received by the members and I would feel very happy if our fans also loved it.

I would appreciate it if you could tell me anecdotes about the MV filming for “Sentimental Psychopath”, such as what was fun or what was difficult.

椋 (Ryo): It was difficult for the mannequin to face the camera. She was shy.

幽タ (Yuhta):  It was hard to get her(the mannequin) to face forward (lol) “Ah! Now she is  in a good position (face forward), so don’t touch her!”  It was so unstable that I could say that (lol)
Personally, I’ve been training since September, so I’ve been able to give off a strong body feeling at our live shows and my visual looks strong as well, so I’d like you to see it.
大地 (Daichi): I think it was one of the coolest video in the past ♪ It’s been a long time since I’ve been the main member, so I hope you can see a lot of cool things ♡
拓人 (Takuto): The shoot was at the beginning of December, so I caught a cold the next day after shooting.
If you look closely at the MV, my nose might be dripping.


Do you have any favourite brands or particular points for your everyday clothes?

椋 (Ryo): Isn’t Chrome Hearts the best in our generation? I’ve collected quite a bit, but there are still items I want, so it never fades.

幽タ (Yuhta):  Chrome Hearts is definitely a brand of my dreams. 
Anyway I have small hands and it’s frustrating that bulky clothes don’t suit me, so I have no choice but to choose smaller items, but I still like how sophisticated they look.
I rarely buy personal clothes because there aren’t many things I like (lol)
I continue to wear the loving clothes that I received from my fans.

大地 (Daichi): I try to choose something simple and the silhouette doesn’t look like a man’s as much as possible♪

拓人 (Takuto): None(b^_^)b

Do you have any current trends in training, dietary restrictions, beauty care, etc.?

椋 (Ryo): I haven’t been able to train since I got an incurable disease, but I’ve recently started jogging again. I like sweating, including at live performances.

幽タ (Yuhta):  I’ve been doing skin care for many years now, so you can no longer guess my actual age (lol)
After we decided on the O-WEST ONEMAN show, I started working hard on my body, and as part of my daily routine, I wake up and do exercises, muscle training, and then protein, no matter how busy I am.
I tried various dietary restrictions.My stomach was large, so I started by skipping meals for many days to shrink my stomach. I now try to eat it in a pot of mizutaki (water stew) three days before a live concert, dipping it in ponzu (Japanese citrus juice).It may seem morbid, but it’s not hard because I can eat calories to death after the concert. Lol

大地 (Daichi): If I eat too much, I only eat less the next day! What I am addicted to is pack lotion♪

拓人 (Takuto): I run 5km every day.

Do you have a favourite coloured contact lens?

椋 (Ryo): I have god eyes, so I don’t wear coloured contact lenses. It’s Buddha.

幽タ (Yuhta):  Yes! I want you to look closely and guess which manufacturer it is (lol)

大地 (Daichi): Right now, my favourite is the one produced by  Koda Kumi ♡

拓人 (Takuto): I want the Sharingan(b^_^)b

Do you have a favourite perfume or any scent you like in everyday life?

椋 (Ryo): My parents’ fabric softener. It’s not necessary as it already smells good.

幽タ (Yuhta):  I like THE INIMITABLE MR. PENHALIGON EAU DE PARFUM
The reason I chose it was because Takuto’s parents keep goats, so I chose it to be popular, and I got hooked (lol).

大地 (Daichi): CHANEL’s Chance is the best♡

拓人 (Takuto): The smell of goat at my parents’ house(b^_^)b

Is there a certain hair colour that you would like to have in the future?

椋 (Ryo): I want a Techno cut.

幽タ (Yuhta):  Looks like it might be a spoiler for the future (lol)
Maybe next year for my birthday, I’m going to dye my hair with two colours (lol)

大地 (Daichi): I would like to do a gradation from black to silver or purple ♡

拓人 (Takuto): Black hair

What do you value most when it comes to your own visuals and fashion?

椋 (Ryo): Does it suit me? That’s why I love street brands for my private clothes.

幽タ (Yuhta):  I put a lot of emphasis on looking handsome and with a pristine appearance. I try to dress so that a police officer doesn’t stop me when I walk around town.

大地 (Daichi): I like it to try people to say that they thought I was a woman lol

拓人 (Takuto): I try to dress in a way that allows me to blend into society as much as possible(b^_^)b

2023 is coming to an end, but what kind of year has it been?

椋 (Ryo): It was mentally tough from January to May, However the period from June to December was so much fun that I forgot all about it.

幽タ (Yuhta):  The first half was also tough…January? When I told Ryo-kun that the band was too tough for me and that I wanted to quit, he encouraged me. And Last year, I was encouraging Ryo-kun, with that I realised me that if you play in a band that you help each other not only for band stuff, but also for personal and mentally matters, and if you do the bond deepens (lol)
In the second half of the year, I’ve learned how fun it is to go out for drinks with Daichi, so I’m always looking forward to it (lol).
I’m also glad that Takuto started to train together with me!

大地 (Daichi): We finally all have a goal to work towards, so I’m really enjoying working towards that goal and feel like I’m alive. I’ll do my best to make you smile properly in June! !

拓人 (Takuto): 2023 is the year we decided to perform at O-WEST lol
Even though it changed my life a little bit.
That may not be an exaggeration.
I lost a lot of weight.(b^_^)b

I would appreciate it if you could tell me what kind of year you want 2024 to be, your goals and enthusiasm.

椋 (Ryo): I want to achieve results that exceed our goals we have set for the ROADtoO-WEST.We would be delighted to have your support in this.

幽タ (Yuhta):   I’m putting everything on the line. Even if I and we lost things we also gained new strengths because of it. I realised once again that happiness can be created from suffering, so I will fight like hell.

大地 (Daichi): Of course, this is the goal I set as a 鴉-カラス- (KARASU) , but I also have many other feelings toward O-WEST, and beyond, and I want to live each day to the fullest.

拓人 (Takuto): Next year, I hope the O-WEST performance is a success.
We have already decided what we will do to achieve this, but I would like to think about new goals together with the members.

Finally, please give a message to our readers and fans.

椋 (Ryo): Love.
幽タ (Yuhta):  Thank you for reading to the end.
And thank you for always supporting our activities.
Let’s all create and make the O-WEST ONEMAN on June 18, 2024 a success!

大地 (Daichi): Thank you to all of you who always read this, and to all of you who read it for the first time until the end!  It’s the biggest challenge in history for鴉-カラス- (KARASU) .So please come and experience 鴉-カラス- (KARASU)  at least once! I’m always waiting for you ♡

拓人 (Takuto):(b^_^)b

Interview with Zetsumei

Published by: TEAM JROCK’N’ROLL
Please ask(DM) if you want to translate in any other language!

Website / X(Twitter) / instagram / tunecore / Youtube / Webshop

日本語ENGLISH

2022年4月末にゼツメイがプロジェクトバンド「僕達の計画」として始動し、5月24日に初ライブ(3MAN)を行いました。 発表の瞬間からバンドの強さを感じました。結成から約半年でゼツメイへと進化し、より強い愛が伝わりました! ゼツメイのステージでのパフォーマンスと音楽は心に深く心に突き刺さります。  ゼツメイは間違いなく、現在活動しているヴィジュアル系バンドの中で最高のバンドの一つです。是非このインタビューで生の声を聞いてください。

​Bass奏玻 – Drum色梛 – ​Guitar 不律 – ​Vocal 月白

ゼツメイの偏執的な愛(気持ち悪い愛)を、読者の皆さんに紹介して下さい。

月白: 誰しもが自分の奥には気持ち悪い愛の形を持ってる、恋人にも伴侶にもそれを全て受け入れてもらうのは難しいいよね
だから僕が受け入れるよ

不律: 誰しもが奥底に抱えている。理性で抑えられない欲望。僕が解放してあげる。

奏玻: これが僕にとっての素直な愛の形。だから気持ち悪いとは思えない。どうして分かってくれないんだろう…

色梛: 信じる気持ち例えどうなったとしても

読者の皆さんに、自分自身の偏執的な愛(気持ち悪い愛)を紹介して下さい。

月白: 麺類を愛してる、人類と同じくらい愛してる、どちらもなくなったら生きるのがかなり辛くなるね

不律: 自分自身を愛してる。時に愛は憎しみとなり、嫌いになることもある。

奏玻: 見返りが無いと一気に冷める。見返りが無くても冷めない愛は今探し中。

色梛: 猫を愛し過ぎてますね。もふもふもふもふ

ご自身の座右の銘がありましたら教えて下さい。

月白: 世界は僕に興味がない

不律: 継続は力なり

奏玻: やらない後悔よりやって後悔

色梛: 全身全霊

メンバーの皆さんそれぞれの、お互いの好きな所、尊敬する所を教えて下さい。

月白:
➡不律: 勤勉、才能、頑固
➡奏玻: 現実、努力、変人
➡色梛: 温和、力、笑顔

不律:
➡月白:美声、堂々としている所
➡奏玻:誠実、諦めない姿勢
➡色梛:親しみやすさ、表情

奏玻:
➡月白: 歌声 
➡不律: 才能
➡色梛: 空気感

色梛:
月白: 狂気
不律: 意思の強さ
奏玻: 綺麗

現在のゼツメイのメンバー・ラインナップでは、Gt. 不律さんはバンドの唯一のオリジナルメンバーです。 バンドが結成された経緯についてお聞きしたいのですが、スタートコンセプトはとてもユニークなものだと感じました。このコンセプトについて詳しく教えて下さい。

不律: スタートコンセプトは「気持ちの悪い僕の愛」の実行前、所謂計画中だと言うこと。
計画して、それを遂行していく過程がコンセプト。

ヴィジュアル系バンドの多くは「プロジェクトバンド」として活動をスタートしますが、ゼツメイもそのように活動を始めています。まず「プロジェクトバンド」として活動を始めるのは、何か理由があるのでしょうか?

不律: 多くは本始動にあたり、少しでも認知を得ようとする動きかと思います。
ゼツメイはその中でもプロジェクト段階と密接に紐付きストーリー感を演出していました。

月白さん、初めまして! ゼツメイを運命として受け入れるという素晴らしい決断をしたと本当に思います。 それとも、それが月白さんの本当の運命なのでしょうか? 声、見た目、パフォーマンスは本当にバンドに素晴らしい雰囲気とイメージを与えます。
ご自身の気持ちと、僕達の計画/ゼツメイに参加しようと思った理由をもう少し詳しく教えて下さい。

月白: 生きながらに絶命していた僕の居場所はここしかなかった、ここでしか生きれないと思ったけど今はここだから生きたいと思いはじめてる

まず最初に、月白さんにもう一度賛辞を送りたいと思います。 演奏と歌い方は、まさにCalmando Qualの響さんを思い出します。 私が個人的に最も尊敬するボーカリストの一人です。 お二人が込めた想い…最初の一音で胸に響きます。
月白さんが、これほど感情を込めて心から純粋に歌うのに影響を与えているアーティストは誰でしょうか?

月白: 尊敬するボーカルは3人居ます。全て日本人です。けど言いません、当ててください

元ベースの淀目さんが1月4日、さまざまな理由によりゼツメイを解雇されました。 淀目さんが解雇されてすぐに、ユラさんというサポートベーシストが加入しました。 5月24日ユラさんが奏玻(かなは)としてバンドに正式加入しました。
奏玻さん、初めまして! 3月に東京に行ったときはまだゼツメイに正式加入されていなかったので、直接お会いすることはできませんでした。 しかし、私も奏玻さんを拝見して本当に楽しかったです。 ゼツメイに加入しようと思った理由を教えていただければ幸いです。
元ドラマーの喪那さんにベースを誘われたというお話もありましたが、ゼツメイでベースを弾こうと思った理由、バンドに加入しようと思ったきっかけは何でしょうか?

奏玻: なぜ加入したのか。
今思うと「運命に導かれて」とでも言わないと説明がつかないです。2022年はありがたいことにいくつかのバンドさんから声を掛けていただく機会がありましたが、毎回決め手に欠け毎回お断りしていました。
しかしゼツメイはサポートベーシストとしての出演についてトントン拍子で話が進んでいきました。そのスピード感が心地よかったのもひとつの理由だと思います。

ゼツメイの加入に伴い、名前も「奏玻」に変わりました。 なぜこの名前に決めたのでしょうか? 名前には特別な意味がありますか?

奏玻: 響きがよくてこの名前に決めました。

ドラムの色梛がゼツメイに加入 
色梛さん、自己紹介とゼツメイに入社した理由を教えてください。

色梛: ゼツメイの暴れドラムの色梛です!常に笑顔で全身全霊な人です!
ゼツメイに加入の決定的なのはメンバーですね。月白さんの歌が不律さんのギターが奏玻さんのベースが合わせててとても良かったからです。

特に喪那さんが脱退した後、不律さんはバンドを辞めること、「ゼツメイの解散」について考えた時期もあったと拝読したことがあります。 不律さんが書いた言葉は、本当に涙無しでは読めないものでした。 しかし、最終的にゼツメイを存続させようと思えた理由は何でしょうか?

不律: 今いるメンバー、そしてついてきてくれているファンの皆を悲しませるわけにはいかないと思ったからです。
また、メンバーも誘って加入してくれた以上、責任を感じていました。
なので、今のメンバーとファンの皆にはゼツメイでいい景色を見れるような所までなんとしてでも上り詰めないといけないという重圧に苦悩しながらも存続を決意しました。

ゼツメイの全曲は不律さんが作曲していらっしゃると思いますが、いくつかの曲では「La’Mule/NightingeiL/CELL」のような気分さえ味わうことができます。人生の中で、不律さんに影響を与えたものは何でしょうか。またどのようなアーティストに影響を受けましたか?

不律: ロードオブメジャーやオレンジレンジ、RADWIMPS、BUMP OF CHICKENといったロックバンドを中心に聞いてきました。
いくつかの楽曲にはそのアーティストさんのテイストも含まれています。


私もゼツメイのライブは2回しか観たことがないのですが、2回のライブを観た時、特に月白さんのパフォーマンスを観た時は、久しぶりに感じた「つながっている」という感覚をとても強く感じました。 月白さんが気持ちを込めて歌う楽曲が魅力的です。 また、不律さんと奏玻さんの楽しそうな様子を見ることができました。 
■ 他のバンドにはない、ゼツメイならではのライブの雰囲気について、ご自身ではどのように思われるか、読者の皆さんにぜひ教えていただければ幸いです。

月白: 喜怒哀楽病全て曝け出す

不律: 一瞬一瞬のその場の思いをぶつけていく。

奏玻: まず自分が楽しくなきゃ楽しんでもらえない

色梛: 感情的になる

ゼツメイの歌詞やファッションは女性向けが多いかと思いますが、少しずつ男性のヴィジュアル系のファンも増えていると思います。男性のヴィジュアル系ファンに対してもメッセージをお願い致します。

月白: 男にも愛されたいよ当たり前に

不律: 男からみてもかっこいいと思われる存在になりたい。
だから好きになってくれたら嬉しい。

奏玻: 男臭さのスパイスをゼツメイに頂戴

色梛: 男の力強さとても良き

ゼツメイの音楽は、他のジャンルではなく、「ヴィジュアル系」でしか表現できないと感じますか? ヴィジュアル系ならではのものは、衣装とメイクだけでしょうか。それとも、他のジャンルではこの強烈な歌詞は表現できないものでしょうか?

月白: できる。けど視覚がより没入感を増す事はたしか

不律: 可能だけど、結局どのジャンルに行っても僕達は僕達のやり方で表現するだけ。

奏玻: かっこよかったらみんな好きでしょ?

色梛: 何事も全力でやれば説得力と思う

一番思い出に残っている対バンの日を教えてください。その理由もお伺いできれば幸いです。

月白: ない

不律: 9/1の自分の生誕と12/8のワンマン。
初めての生誕なのに人がいっぱい集まってくれて、メンバーからのサプライズもあって感動した。
ワンマンは正直不安だったけど、人がいっぱい見にきてくれて、最高の景色を見られた。

奏玻: 不律さんの生誕主催が1番記憶に残ってる。立案から出演者の募集、当日の諸作業まで自分たちでやるのは大変だったけど、お客さんがイベントを最初から最後まで楽しく過ごしてくれたことと、サプライズで不律さんが喜んでたのは純粋に嬉しかった。

色梛: 初めてのツーマンサポートですかね。緊張もしましたがこれがゼツメイか!みたいになれた瞬間でした!

12月8日に3回目の単独公演が行われ、1周年を迎えられておめでとうございます! 始動から早い段階でここまで到達できた理由は何だと思いますか?

月白:ありがとう。全然早くないよ、這いずり回って涎を垂らしながらここまできたよ

不律:色々なことがありそれでもメンバーが一丸となってやってこれた結果だと思う。

奏玻:バンドの命を絶やさないようにメンバー全員が必死になったことが理由です。この4人でステージに立ってイベントを成功させたことはゼツメイにとっても追い風になりました。

色梛:僕はここからスタートだと思うのでこれからただ直向きに突き進むだけですね。

1周年記念ライブで、一番印象的だったことを教えてください。

月白: お客さんみんなが歌ってくれた

不律: 全員が後ろまでノッてくれてて、これがライブだとおもった。

奏玻: 見に来てくれてた友達に手を振ったら実は全く知らないおじさんで人違いだった。

色梛: 一体感

2024年のゼツメイ(主催)イベントに向けて意気込みをお願いします!
2024-01-08 ゼツメイ主催 新年明けましてお悔やみ申し上げます〜今年も共にゼツメイしましょう〜
不律: 新年のスタート主催。
これからゼツメイは一気に駆け上がります。

2024-02-02 鮮血A子ちゃん×ゼツメイ 2MAN「鮮血ゼツメイちゃん」
不律:負けないよ、僕達は。

2024-02-11 ゼツメイバレンタイン主催 告吐日和御嬢さん編〜猪口令糖頂戴〜
不律:赤く染めましょう。

2024-03-31 ゼツメイ月白生誕無料単独公演「月が綺麗ですね」二〇二四
不律:自慢のボーカルの生誕、みんなで歌おうよ。

音楽 (『ボーカル』/『ギター』/『ドラム』)を始めたのは、いつ頃から、どんなきっかけでしょうか?

月白: 子供の頃、気付いたら歌ってたよ

不律: 13歳。バンドを見てギターを弾きたくなったから。

奏玻: ゼツメイに参加する1年前くらい。

色梛: 音楽ゲームから

初めて好きになったミュージシャン・バンドは誰ですか?

月白: オフコース

不律: ロードオブメジャー/ORANGE RANGE

奏玻: ナイトメアさん

色梛: X JAPANさん

差し入れで嬉しいもの、逆にちょっと困るものはありますか?

月白: 響声破笛丸料とか、喉に良いもの困るのは甘すぎるものと炭酸飲料

不律: 煙草とコーヒー、エナジードリンク。困るものは特にない。

奏玻: 沢山の缶ジュースを紙袋に入れてプレゼントしてもらったことがあって、嬉しかったけど帰り道に紙袋が破れて大変なことになった。
嬉しいものは持ち帰りやすい重さ、サイズのものかな。

色梛: 嗜好品は嬉しいですね。困ると言うと大量の食べ物かな

英語や他の外国語を話すことはできますか?

月白: ちょっとだけ

不律: できない。

奏玻: 日本語があやしい。

色梛: 雰囲気でなんとなく

海外からゼツメイを応援してくださる皆様へメッセージをお願いします。

月白: いつもありがとう。愛してるよ。いつか会いたいね。

不律: 見て聞いてくれてありがとう。海外でもライブをしてみたいね。呼んでください。

奏玻: ありがとう。いつか会えるその日まで、ゼツメイの命は絶やさない。

色梛: 距離を感じさないくらいの勢いだすからこれからもよろしくお願いします。

ゼツメイの近い将来はどうなると思いますか?

月白: 生きてるよ。

不律: かっこいい憧れのバンドの一つになる。

奏玻: もっと大きな存在になるよ。

色梛: 間違いなくすごい事になる

最後に読者の皆さん、ファンの皆さんへメッセージをお願いいたします。

月白: 何人がこれを読んでくれるのかわからないけど、ここまで読んでくれた君、もう僕と共依存だよ

不律: ぜひ気になったら一度見にきてください。後悔はさせません。ハマります。

奏玻: ライブハウスで待ってます。

色梛: 同じ空間を共有したいな!

JROCK’N’ROLLへメッセージをお願いします。

月白: Special thanks!

不律: Thank you for your support!!!!

奏玻: Welcome to Japan!!

色梛: Thank you!

JROCKNROLLの龍、 ゼツメイへ: こちらこそ、本当にありがとうございます!

At the end of April of the year 2022 ゼツメイ(ZETSUMEI) started as a project band named 僕達の計画(Bokutachi no Keikaku) and had their first live (3MAN) on May 24th. You could feel at the very first moment of their announcement the strength from this band, about a half year after their start the band evolved into ゼツメイ(ZETSUMEI) to tell their love for you much stronger! When Zetsumei performs on stage their power is striking deeply into your heart. Their atmosphere of performance and music skills is one of the most powerful amazing feelings you can feel. Of this time, Zetsumei is definitely one of the best active visual kei bands around us. We know everyone was waiting, so please listen to their voices via this interview.  

Bass奏玻 – Drum色梛 – ​Guitar 不律 – ​Vocal 月白

Please introduce the paranoid love of Zetsumei to all of us.

月白(Tsukishiro): Everyone has a paranoid love deep inside them. However it’s not easy to get your lover or spouse to accept all of it. So I’m there to accept it. 

不律(Furitsu): Everyone has it deep down inside, it’s a desire that cannot suppressed for reasons. I’ll free you to let those feelings free.

奏玻(Kanaha): This is the form of true honest love for me. So I don’t think it’s wrong or bad. I wonder why it is not understandable…

色梛(Shikina): It’s the feeling of believing and trust, no matter what happens.

Please introduce yourself with your own paranoid love to our readers.

月白(Tsukishiro): I’m the bandman to love, I will love you as much I love humanity, if I would lose both, continue to live would be very difficult. 

不律(Furitsu): I love myself. Sometimes love turns into dislike or even hate. 

奏玻(Kanaha): If you don’t get something in return you are looking for, there is a day you’ll lose all your interest at once. I’m currently looking for the “love” that won’t grow cold even if there’s nothing in return. 

色梛(Shikina): I’m loving cats so much.  fufuawaha

Please tell us if you have any personal motto. 

月白(Tsukishiro): The world has no interest in me.

不律(Furitsu): Continuation is power. 

奏玻(Kanaha): I prefer to regret to have done something, than regretting for not have done it.

色梛(Shikina): Complete devotion

Please tell us what you like and respect each other. 

月白(Tsukishiro):
➡不律(Furitsu): Diligent, talented, stubbornness
➡奏玻(Kanaha): Realistic, Striver, eccentric person 
➡色梛(Shikina): Gentleness, strength, smile

不律(Furitsu): 
➡月白(Tsukishiro): Beautiful voice,  filled with dignity
➡奏玻(Kanaha): Sincerity, never-give-up attitude.
➡色梛(Shikina): Friendliness, facial expressions

奏玻(Kanaha):
➡月白(Tsukishiro): His singing voice
➡不律(Furitsu): His talent
➡色梛(Shikina): His Atmosphere

色梛(Shikina): 
➡月白(Tsukishiro): His madness
➡不律(Furitsu): His strength of will
➡奏玻(Kanaha): His beautiness. 

With the current ゼツメイ(ZETSUMEI)  line-up Gt. 不律(Furitsu) is the only original member of the band. I would like to ask you about how the band was formed. I felt that the starting concept was very unique. Please tell me more about this concept.

不律(Furitsu): The starting concept is that the so-called “plan” is underway before “My Paranoid Love” is realised. Which means that the concept is the process of planning and releasing the plan.

Many visual kei bands start their activity as a “project band”, ゼツメイ(ZETSUMEI) also started this way, but is there actually a reason why bands and so also ゼツメイ(ZETSUMEI) start(ed) as a “project band” first? 

不律(Furitsu): Many are trying to gain as much as possible recognition when starting as a project.
While Zetsumei was also closely tied to a project phase, because we were creating a story introduction stage.  

月白(Tsukishiro) nice to meet you! I really think you made a wonderful decision to embrace Zetsumei as your destiny or is it actually your true fate? Voice, appearance and performances really gives a wonderful vibe and image to the band.
Please tell us a little bit more about your own feelings and why you decided to join 僕達の計画(Bokutachi no Keikaku) / ゼツメイ(ZETSUMEI) 

月白(Tsukishiro): While I was alive I was dying inside, The band was the only place I could find and made me feel to live at, but now I’m here I also started to feel again that I want to live.

Firstly, I want to make another compliment to 月白(Tsukishiro) . The way you perform and sing. It really does remind me of Calmando Qual Hibiki. One of the vocalists I respect personally the most. The feelings you both put in… it hits my heart on the first note.
But, which artist all do influence you to sing with so much emotion, pure from the heart?

月白(Tsukishiro): There are three vocalists that I respect. All are Japanese. But I won’t say it, please guess.

Ex-bass 淀目(Yodome) was dismissed from ゼツメイ(ZETSUMEI)  on January 4th, for various understandable reasons. Soon after Yodome was dismissed a support bassist named ユラ(YURA) joined. On May 24th ユラ(YURA) joined the band officially under the name 奏玻(Kanaha)
奏玻(Kanaha), nice to meet you! When I went to Tokyo in March you didn’t join Zetsumei officially yet, so we didn’t meet in person. However I really enjoyed watching you as well. Please tell everyone why you decided to join Zetsumei, you told us already that ex-drummer 喪那(Mona) invited you to play bass…
but what’s your real reason why you wanted to play bass for Zetsumei, what made you want to join the band.   

奏玻(Kanaha): The reason why I joined? Now that I think about it, I can’t explain it without saying that I was guided by fate. In 2022, I was fortunate to have the opportunity to be approached by several bands, but each time I felt it lacked the decisive factor and I declined it time after time.
However, when Zetsumei asked me the question of me becoming their bassist, everything quickly progressed. I think one of the main reasons was that the sense of the process speed felt comfortable.

With joining ゼツメイ(ZETSUMEI)  you also changed your name into 奏玻(Kanaha). Why did you actually decide on this name? Does your name have a special meaning?

奏玻(Kanaha): I decide on this name because it’s sounds feel good. 

Drummer Shikina, has joined Zetsumei  
Shikina, please introduce yourself and tell us why you joined Zetsumei.

色梛(Shikina): I am Zetsumei’s raging drummer. I’m always smiling and full-hearted! The decisive factor that I joined Zetsumei is that Tsukishiro’s voice sounds really amazing with Furitsu’s guitar and Kanaha’s bass.

I’ve read that there were also moments that  不律(Furitsu) thought about quitting with the band, especially after 喪那(Mona) left. Some words you wrote really made me cry. But what made you actually want to keep on going to keep ゼツメイ(ZETSUMEI) alive?

不律(Furitsu): This is mostly because I couldn’t think of making the current members and all our fans who followed us sad. Also because I invited the members to join, I felt the sense of responsibility too. 
Therefore, we have decided to continue our existence, while we’re struggling with the pressure of keeping climbing that mountain to the point where we and our fans can see the beautiful future scenery of Zetsumei

不律(Furitsu) does compose every song right? A few songs even give me “La’Mule/NightingeiL/CELL” feelings. But what in life or what kind of artist actually have inspired you? 

不律(Furitsu): I mainly listen to rock bands such as; Road of Major, Orange Range, RADWIMPS and BUMP OF CHICKEN. Some of our songs are also inspired by the tastes of these artists.

As I’ve also seen ゼツメイ(ZETSUMEI) live, only twice, but when I watched both lives I felt a very strong “connected” feelings which I didn’t feel for a long time anymore, especially when I watched 月白(Tsukishiro) perform, singing the songs with all his feelings. Also I could see the joy of 不律(Furitsu) and 奏玻(Kanaha).
However it’s not up to me to describe your live apparel, so please tell us your live atmosphere which no other band has or can reach. 

月白(Tsukishiro):  All emotions, joy, anger, grief, pleasure and insanity are exposed. 

不律(Furitsu): I pour out my inner thoughts in each moment.

奏玻(Kanaha): If I wouldn’t enjoy it myself, you wouldn’t have fun as well.

色梛(Shikina): Becoming emotional

As the lyrics and apparel from ゼツメイ(ZETSUMEI)  are mostly directed to women. How would you actually like to connect with (your) male visual kei fans?

月白(Tsukishiro):  I want men to love me too, obviously.

不律(Furitsu): I want to be someone that even men think is a cool guy. So I would be happy if they would like me too.

奏玻(Kanaha): Come on and give ZETSUMEI the spice of manliness!

色梛(Shikina): I like the guy’s strength! 

Why do you feel that Zetsumei’s music can only be expressed through the visual kei genre and not via a different genre? Is it just costumes and make-up or maybe other genres wouldn’t be able to understand the strong lyrics? 

月白(Tsukishiro): I could. But the visuals do make it feel much more immersive.

不律(Furitsu):  It’s possible, but in the end, no matter what genre we go into, we just express ourself in our own way.

奏玻(Kanaha): Because it looks cool, there is a bigger chance that everyone would like it right?

色梛(Shikina): If you do everything to the best of your ability, I think you’ll be convincing.

Which 対バン was the day you remember the most? And please tell us the reason. 

月白(Tsukishiro):  None.

不律(Furitsu): My Birthday event on 9/1 and our ONEMAN on 12/8. Even though it was my first birthday, so many people came to the event and I was very moved by the surprise from the members. I was also very nervous about the ONEMAN, but so many people came to see us and I was able to see the best scenery ever.

奏玻(Kanaha): The most memorable event was Furitsu’s birthday event. It was complicated for us to do all the management such as planning, recruiting bands and all the things we had to do on the day ourselves as well. But the audience enjoyed the event from the beginning to the end and Furitsu was really genuinely happy with our surprise. 

色梛(Shikina): I think it was the first two-man which I supported. I was nervous but it was the moment I felt “This is Zetsumei”. 

Congratulations! On December 8th you played your 3rd ONEMAN and you celebrated your first anniversary. Why do you think you could reach this point so fast? 

月白(Tsukishiro):  Thank you!. But it’s not fast at all, we came there by crawling and drooling. 

不律(Furitsu):  Even though there were a lot of things going on, it was the result of all the members working together in harmony becoming one. 

奏玻(Kanaha): The reason is that everyone of us were desperately trying to keep Zetsumei alive. That we were able to stand on the stage for this show with us four and even succeeded to make the event a success was a huge boost for us as Zetsumei. 

色梛(Shikina): It’s the point where I started, so I’m going to move forward together with them from now on.

Please tell me your favourite highlight of the first anniversary live!

月白(Tsukishiro):  That all the audience sang together with us. 

不律(Furitsu): The moment of that we all did deeply rock with all our feelings on the stage, which gave me the feeling of a true live show. 

奏玻(Kanaha): When I waved to my friend who had to come to see me, but it turned out I waved to an old man I didn’t know at all and mistook him as my friend. 

色梛(Shikina): The sense of unity. 

Please show your enthusiasm for the Zetsumei(sponsored) events in 2024!

2024-01-08 Zetsumei Shusai Shin’nen Akemashite Okuyamimoushiagemasu 〜Kotoshi mo Tomoni Xetsumei Shimashou〜
不律(Furitsu): Newly year own hosted event. From this point on, Zetsumei will quickly rise to the top!

2024-02-02 Senketsu A ko-chan × Zetsumei 2MAN “Senketsu Zetsumei-chan”
不律(Furitsu): We won’t lose!

2024-02-11 Zetsumei Valentiine Shusai Kokuhaku Biyori Ojousan-hen 〜Chocolate Choudai〜
不律(Furitsu): Let’s dye it red.

2024-03-31 Zetsumei Tsukishiro Seitan Muryou Tandoku Kouen “Tsuki ga Kireidesu ne” 2024
不律(Furitsu): The birthday of our proud vocalist, let’s all sing together.

When and why did you start playing music?

月白(Tsukishiro):  When I was a kid I noticed myself singing.

不律(Furitsu): When I was 13 years old. After seeing a band I wanted to play the guitar as well.

奏玻(Kanaha): About a year before I joined Zetsumei

色梛(Shikina): Because of music games.

Who was the first musician/band you fell in love with?

月白(Tsukishiro):  Off Course

不律(Furitsu): Road of Major / ORANGE RANGE

奏玻(Kanaha): NIGHTMARE

色梛(Shikina): X JAPAN

Are there things that make you happy or, on the other hand, things that you don’t like?

月白(Tsukishiro):  Something what’s good for your throat like Kyosei Hateki Ganryo (Throat Pill)
Things I don’t like are things that are too sweet and carbonated drinks.

不律(Furitsu): Cigarettes, coffee, and energy drinks. There’s nothing particularly bothersome.

奏玻(Kanaha): I once received a lot of canned juice in a paper bag as a gift, and I was happy, but on the way home, the paper bag tore and I was in big trouble. What makes me happy is the weight and size that makes it easy to take home.

色梛(Shikina): I’m happy to receive luxury items. What I wouldn’t like would be too much food.

Can you speak English or other foreign languages?

月白(Tsukishiro):  A little bit

不律(Furitsu): I can’t

奏玻(Kanaha): Even my Japanese is weird.

色梛(Shikina): Depends on the atmosphere.

Please give a message to everyone who supports ゼツメイ(ZETSUMEI) from overseas.

月白(Tsukishiro):  Always thank you for your support. I love you. I really want to meet you someday.

不律(Furitsu): Thank you always for watching and listing to our music. I would love to play overseas as well, please call me over!

奏玻(Kanaha): Thank you very much. Until the day we can meet again, Zetsumei’s life will surely not end. 

色梛(Shikina): The momentum is so strong that I don’t even feel any distance, so please continue to support us.

How do you see the near future of ゼツメイ(ZETSUMEI)?

月白(Tsukishiro):  To be alive.

不律(Furitsu): To be one of the coolest bands to admire.

奏玻(Kanaha): That we even become a bigger existence. 

色梛(Shikina): We definitely turn into something amazing.

Please leave a message to your fans and readers. 

月白(Tsukishiro):  I don’t know how many people will read this to the end, but if you have read this far you’re already codependent with me.

不律(Furitsu): If you feel interested please come to watch us at least once. You won’t regret it, you will be hooked!

奏玻(Kanaha): I’ll be waiting for you at the venues!

色梛(Shikina): I want to share the same space as you!

Please leave a message to JROCK’N’ROLL.

月白(Tsukishiro):  Special thanks!

不律(Furitsu): Thank you for your support!!!!

奏玻(Kanaha): Welcome to Japan!!

色梛(Shikina):  thank you!


JRNR NOTESelf-liner-notes of their music won’t be published at this time… but who knows in the near future we learn more about the debts of each song? If so, JRNR will of course translate it and shares it with everyone to enjoy their music even more. Also please wait a little bit longer for the translation of the song below.

Interview with akiヲ

Interview by: JRNR staff 珠城 悠
Translation by Ryu

akiヲ twitter

日本語ENGLISH

Q1: JROCK’N’ROLL初登場と言うことで自己紹介をお願い致します。

akiヲといいます。20年ほど前まで楽曲制作を主にやっていました。長らく音楽から離れていたのですが、2年前に活動を再開しています。

Q2:最初の音楽との出会いはどんなものでしたか?

小学生の頃はテレビから流れる歌謡曲を何となく聴く程度でしたが、中学生になり楽曲の持つ高揚感、世界観、様式美に惹かれ、そこから音楽にのめり込んでいきました。

Q3:影響を受けたアーティストを教えて頂けますか?また最近ではどのような音楽を聴かれていますか?

こういう質問、昔はど真ん中避けてマイナーなものを言いがちでしたが、今は素直に言えますね(笑)
最初は小室哲哉氏に憧れ、その後ソフトバレエにどハマりし、以後は色々聴くようになり幅広く影響を受けているので書き切れないです。
影響受けた度合いでいくとリンキンパークは外せません。ここ十数年聴いてるのはブリング・ミー・ザ・ホライズンですかね。エモーショナルでポップセンスがあるものが好きなようです。
詳しくはTwitterで私を構成するアルバムみたいなツイートをしてるので良かったら見てください。

Q4 : 音楽活動を始めたキッカケは何でしたか?

中学生の頃コピーがしたくてオールインワンシンセが欲かったんですが高くて買えず、友達のギターを借りて遊んで我慢していましたね(笑)高校に入ってシンセを買ってコピーから始めて、曲を作り始めました。といっても曲と呼べるものになるまで時間はかかりましたが。

Q5 : 長らく創作活動を休止されていました。活動を再開された背景には何がありましたか?

音楽仲間が減り、仕事で制作時間もあまり取れず。いつのまにか音楽から離れるようになりましたね。
数年前から再開したいと思いはじめ、機材を少しずつ揃えていたんですがDTMの使い方を覚えるのが億劫で(笑)
そんな感じでモタモタしている時にel:cidのshigeta(vo)と色々話をして、昔の曲のリミックスをし始めました。

Q6:Generich.主催のコンピレーションアルバム「SYNERGY~resonant~」に提供された「starting over」は好評を博しました。
こちらの楽曲の解説をお願いします。


声をかけていただいたんですが、まだ新しい曲を作るほどブランクが解消できていなくてどうしようかと思っていたところ昔の曲でもいいとのことでしたのでお受けしました。
20年前の曲を引っ張り出し録り直しています。アレンジも当時のままです。ボーカルがいないのでとりあえず自分で歌いました。生バンドでやりたい曲ではあったんですが現状できないので宅録です。

Q7:今まで音楽活動をしてきた中で、いちばん大変だったことは何ですか?

大変…何でしょうね。音楽が仕事に結びつくことがなかったのは残念でしたが、大変と思ったことはなかったかもですね。
サブスクで音楽が聴けて音楽活動がしやすい今の環境が30年前にあれば良かったなとは思いますが(笑)

Q8:今まで音楽活動をしてきた中で、いちばん嬉しかったことは何ですか? 

これはもう曲ができた時の喜びが一番大きいですね。基本自己満足でやってます(笑)
もちろんたくさんの人に聴いてもらえて評価してもらえることも嬉しいです。

Q9 : el:cid(エルシード)の楽曲のremix等も担当されています。EDMやcity pop,80’sのアレンジも取り入れられとても興味深いです。
アレンジの方向性はどのように決められているのでしょうか?また今後チャレンジしてみたいジャンルはありますか?


el:cidのリミックスの方向性はshigetaから依頼されることもありますし、僕が作りたいと思ったものを勝手にやることもあります。ジャンルは最初から決めている場合もありますし、できた曲の印象でshigetaが決めている場合もあります。
今後やりたいジャンルとしては…今ちょうど制作中なのはオルタナロック。あとはシューゲイザーとか。ヘヴィなものが好きなんでメタルやりたいんですがギター弾けないんで弾いてもらえる人がいればやりたいですね。あと細かいジャンルはわからないんですがEDM進化させたようなものとかもやりたいです。

Q10:将来の目標をお聞かせください。

新曲少しづつ作っているんですが、フィジカルな部分(歌や生楽器、歌詞)がひとりではキツいので、一緒にやっていただける方が見つかれば活動を広げていきたいと思っています。

Q11:最後に読者の皆様にメッセージをお願い致しします。

最後まで見ていただきありがとうございます。
クオリティはまだまだですが、今後も楽曲制作続けていきますのでご興味のある方は一度聴いてもらえると嬉しいです。(まだTwitterにアップしているものしかありませんが)
今後はYouTubeにアップしたり、配信していけたらと思っていますのでよろしくお願いします。

Q1: Since this is your first appearance as JROCK’N’ROLL, please introduce yourself.

My name is akiWO(akiヲ). I was mainly involved in music production about 20 years ago. I have been away from music for a long time, but resumed my own activities 2 years ago.

Q2: What was your first exposure to music?
When I was in elementary school, I just listened to songs on TV casually, but in junior high school, I was drawn to the uplifting feeling, world view, and stylistic beauty of the music, and that is when I started to get into music.

Q3: Can you tell us about the artists that have influenced you? What kind of music do you listen to nowadays?

In the past, I tended to avoid asking questions like this and say minor things, but now I can say them honestly (laughs).
First, I admired Tetsuya Komuro, then I got hooked on Soft Ballet, and since then I have listened to and been influenced by a wide variety of music.
In terms of degree of influence, I can’t leave out Linkin Park. I guess what I’ve been listening to for the last decade or so is Bring Me the Horizon. I seem to like things that are emotional and have a pop sensibility.
For more details, please check out my tweets, I recently posted an image with albums that inspired me.

Q4 : How did you get started in your music career?
When I was in junior high school, I wanted an all-in-one synthesizer. Because I wanted to copy the music I loved. But it was too expensive to buy, so I borrowed a friend’s guitar and played around with it (laughs). However it took a while until you could call my creations songs though.

Q5 : You have been away from creative activities for a long time. What was the reason for your resumption?

My musician friends decreased and work didn’t leave much time for production. Before I knew it, I was getting away from music.
A couple of years ago, I started thinking about getting back into it, and I started collecting equipment, but it was a pain to learn how to create songs with DTM (laughs).
While I was doing that, I talked a lot with Shigeta (vo) from el:cid and we started remixing old songs.

Q6: You also joined Generich. compilation album 「SYNERGY~resonant~」 with your song 「starting over」 which was well received. Please tell us more about this song.

When Generich. asked me, I didn’t have enough inspiration to write a brand new song, so I was wondering what to do. However, they told us that anyone joining could use an old song as well.
The song I included was a song I created and re-recorded 20 years ago. The arrangement is the same as it was. And since there is no singer, I sang it by myself.
I really want to play this song with a band, but that was not possible, so I recorded it at home.

Q7: What was the most difficult part of your musical career?

Difficult?…I don’t know. It was unfortunate that the music never led to a job, but I guess I never thought that it was difficult to do.
I wish we had the current environment 30 years ago, where it is easier to listen to music on subscription and do musical activities (laughs).

Q8: What has been the happiest thing in your music career so far?

The greatest joy when a song is finished. Basically, I’m doing this to satisfy myself (laughs).
Of course, I am also happy when a lot of people listen to my music and love it.

Q9 : You also do remixes for el:cid’s music, which is very interesting because it combines EDM, city pop and 80’s arrangements.
How do you decide the direction of your arrangements? Are there any genres you would like to try in the future?


Sometimes shigeta requests the direction of el:cid’s remixes, and sometimes I do what I want to do on my own. Sometimes the genre is decided from the beginning, and sometimes shigeta decides based on her impression of the finished song.
As for the genre I would like to play in the future… I am currently working on alt-rock. Also shoegaze. I like heavy music and I would like to play metal, but I can’t play guitar like that, so if there is someone who can play for me, then I would like to create some metal music. I’m not sure about the specific genre, but I’d like to play something that’s an evolution of EDM.

Q10: Please tell us about your future goals.

I’m making new songs little by little, but the physical parts (songs, live instruments, lyrics) are hard to do alone, so if I can find someone to work with me, I’d like to expand my activities.

Q11: Lastly, please give a message to our readers.

Thank you for reading this far.
Although I think the quality of my music is still not good enough, I will continue to make music in the future, so if you are interested, I would be happy if you could listen to it once. (Although there are many songs that have already been uploaded to Twitter)
In the near future, I would like to upload it to YouTube and distribute it. So please keep following me.

INTERVIEW WITH RAN

INTERVIEW WITH: RAN  2023
By: Team JROCK’N’ROLL | 英語 → 日本語: Momo 日本語→ 英語: Ryu & Meri

Vocal: TAICHI Twitter
Guitar: 美亮 (Meiliang) Twitter
Guitar: 嘘 (Uso) Twitter
Bass: 最上夜 (Mogami Yoru) Twitter
Drums: 志音 (Shion) Twitter
Official: Twitter | Website | Youtube | Webshop | Tunecore | TikTok

日本語English

今年初めに新ベーシスト最上夜を迎え、新章をスタートさせたヴィジュアル系バンドRANJROCK’N’ROLLがインタビューしました。1stアルバム『VIRULENT』は瞬く間に完売。ボーナスソングとMV+メイキングを収録したセカンドプレスの販売も開始したところだ。JROCK’N’ROLLも各曲への想いを語ってもらいました。RANの熱い思いのこもったインタビューをお楽しみ下さい!

ご自身の楽しいエピソードを交えた自己紹介をお願い致します。

TAICHI: こんな難しい質問初めてです。最後まで読んでくださいね…TAICHIです。(笑)
美亮: 最初は中国人キャラでやろうと思って中国読みの名前を付けました。
嘘: 楽しいエピソード…(笑)
ハードル高…(笑)自己紹介すると名前が嘘なのか今までの会話が嘘なのかわからないって言われます。 
RANのギター、嘘です。
最上夜: ベースと僕どっちが大きいかちょこちょこ話題になる最上夜です。僕に決まってるやろ。
志音: よく楽屋と打ち上げだけ面白いって言われますドラムの志音です。

ご自身を漢字一文字で表すとしたら何の文字でしょうか。その理由も教えて頂きたいです。

TAICHI: 夢 夢を大事に生きてきたなと思うので
美亮: 猫。猫が好きだからです。
嘘: 嘘
最上夜: 大。気持ちがとても大きいから。
志音: 名前からとって音ですかね

RANとしての活動を始めようと思った理由を教えてください。皆さんはどのように出会われたのでしょうか?結成当初の頃についてお聞かせください。

TAICHI: ボーカルとしてやっていきたいなと思ったので、上京するにあたってメンバーを探してバンドを組みました。
美亮: スタジオでアルバイトしていたときにV系の関係者の方からお誘いいただいたことがきっかけです。
志音: 元々地元の新潟でボーカルのTAICHIと知り合って、一緒にやりたいねって話してて俺が上京してメンバーをTAICHIから紹介されました。

RANというバンド名にした由来や理由を教えてください。

TAICHI: 沢山の候補の中で1番ピンときました。

RANのここが最高」というおすすめを教えてください。
他のバンドとは違う魅力、RANの特性、アピールポイントを教えて頂けたら幸いです。

TAICHI: 見た目以上のLIVE

1月31日に、バンド名を漢字の「」からローマ字の「RAN」に変更することが発表されました。なぜ、このような表記にされたのでしょうか?

TAICHI: 新体制になって、良い意味でガラッと色も変わってくと思ってたので、心機一転、新しいバンドになったくらいのインパクトが欲しかったので、ローマ字表記にしました。

2月1日に、最上夜さんが正式加入されました。最上夜さんの紹介をお願い致します。最上夜さんは、どのようにして皆さんと知り合ったのでしょうか?新しいベーシストとして彼が加わったきっかけや理由を教えてください。

TAICHI: 俺も昔から知ってたんだけどその頃から怖いベーシストだったので、OKです。
気遣いも出来て笑いのツボもちょいちょい合う。ロックスターらしいですよ彼は。
美亮: 上手仲間の新しいベーシスト最上夜くんです。
嘘: 元々夜とは前のバンドが一緒で訳あって離れてたんですけどまた会うようになってそんな時に卒業の話がありましてその場に居合わせたのでやる?って聞いた所2つ返事でOKもらえたのでそれがきっかけですかね。
志音: イカつい音を出すベーシストですかね笑

2月1日には新しいビジュアルが公開されました。今回のビジュアルや、以前のビジュアルも含めて、いつもどのようにご自身をアピールするかを決めているのでしょうか。新しいビジュアルはどのようにして決定されるか、お聞かせください

TAICHI: ファンの子が思いつかないようなビジュアルにしたかったので、赤髪お化けです。
あと、自分の殻を破りたかった。
美亮: 今回は白塗りメイクにラバースーツ風のボディラインを強調した衣装を合わせて奇妙なキャラを出してみました。
嘘: 基本的にはRANってどういう衣装を着てるような人なのかとか自分がファンならどういう衣装、メイクならテンション上がるかっていう部分をできる限り客観視はしてますね。
ただそれもやっぱり自分の好みがはさまってきたり客観視するにも限界はあるのでその辺はTAICHIくんに意見を求めることが多いですね。
最上夜: 今回から加入と言う事もあってTAICHIくんに相談する場面が多かった気がします。
志音: 今回は特に髪色を派手にして印象に残る事を意識しましたね。あとは自分らしさを無くさない様に自分がやりたい事をやりました。

ビジュアル系バンドとして、特に気をつけていることはありますか?たとえば、誰もが「No.1」を目指して活動する中で、唯一無二の存在であり続けるためにどのようなことを意識されていますか。

TAICHI:断トツの1番になる」という意思を常に持ってる。
そこで止まらない様に。
自分を信じて知恵を絞って工夫を凝らし日々戦う。
美亮: 固定観念を捨てることかな。
嘘: んー…気をつけてる事は…変化を恐れない事ですかね。
変わらない事って大変だと思うんですけどその信念を持ったまま変化する事ってすごく難しい事だとも思うので、変わるべき部分は変える。
でも変えるべきじゃない部分は変えない。
その選択を間違えないように頭でっかちになりすぎないようには気をつけてます。
少なくともこの5人しか出せない空気感、グルーヴみたいなものはどのバンドにも絶対にあると思うのでそこは変えたくないですね。
最上夜: 結局言っちゃえばみんな唯一無二ではあると思うんですよ。だからこそ揺るがない自信が大事だと思います。
志音: ドラマーとして自分の信念を曲げない事ですかね。そういうのは音にも出ると思うし自分がブレないで自分にしか出せない音を意識してます。

日本のヴィジュアル系バンドの多くは、「他のジャンルよりも、ヴィジュアル系のほうが、自分たちをより良く、より自由に表現できる」と話しています。JROCK’NROLLでは、ヴィジュアル系以外の日本の音楽も取り上げていますが、日本の他のジャンルでも「自由な表現」で活動しているグループや個人の方々もいるように感じました。「ヴィジュアル系だからこそ表現できる何か」「他のジャンルでは表現できないもの」が何であるのかを知りたいと思いますが、RANの皆さまはどのようにお考えでしょうか。

TAICHI: うーん…
でも、初めてヴィジュアル系をライブで見た時は同じ人間とは思えないインパクトを感じたのを覚えてます。
だからそんな”非日常”をファンの子達に味合わせたいなとは思います。
特にライブはこのジャンルだからこそヤバいってのが作れたら嬉しいですけどね。
美亮: このジャンルだから表現できないとかはあまりないように思います。
嘘: んー…
表現というよりはこのジャンルの先輩達の生き様とか魂みたいなものに憧れた部分が大きいのでそれを追い続けてる部分が大きいです。
そのバックボーンの違いがあるから他ジャンルと同じ様な表現をしてもV系にしかない見え方感じ方をする様に思います。
最上夜: 音楽って「音を楽しむ」と書く訳ですから、世の音楽は人をポジティブにさせたい曲がどちらかと言うと多いと思うんです。僕らビジュアル系ってその逆のネガティブな感情。どうしようもない怒りや悲しみ。そういった負の感情をより深く表現する事だと思います。
志音: 僕がビジュアル系にハマった時もまず派手な髪、衣装だったり、視覚的な刺激が凄くて、そこがビジュアル系にしか無いものなのかなとは思います。

6月28日TAICHI生誕単独公演「THE ANSWER」at Spotify O-WESTについて、このライブへの意気込みや、読者の皆さんに向けて特におすすめのポイントを教えてください。

TAICHI: 去年より拘っていこうと思ってます。
こんな事が出来るんだ。ってお客さんを驚かせるライブをしようと思ってます。
美亮: 去年のWESTを超えた進化したRANを見せたい。
嘘: 去年もWESTに立たせてもらったんですけどその時に感じた『あ、こういう事できるんだ!』とか『こういう事してみたい』とかそういう物を反映できたらいいなとと思うし当たり前に【】の魅力と【RAN】の魅力は別物だと思うので【RAN】の魅力を最大限表現してこの先に繋がるLIVEにしたいなって思いますね。
最上夜: 去年の事は僕はいないで知らないんですけど、大きい会場でしか出来ない、WESTでしか出来ない事をしたいですね。
志音: 去年もWESTでTAICHI生誕をやらせてもらったんですけど、やっぱり去年よりより良い日にしたいし、今のRANにしか見せられないライブを見せたいなと思います。

ファーストアルバム「VIRULENT」が早くもSOLD OUTされて、おめでとうございます。5月31日に発売されるセカンドプレスには、追加曲とMV&メイキングが収録される予定です。追加曲およびMV+メイキングは、セカンドプレスの特典として嬉しいですね。曲だけでなく、MV+メイキングも特典として付けようと思った理由は何でしょうか(他のアーティストでは、ボーナス曲を1曲だけ追加という形は見られますが、MV+メイキングは貴重だと思います)。

TAICHI: MVはつけたいと思っていたし、自分は昔好きだったバンドのメイキングをよく見てたので、メイキングも撮影して追加しましたね。今の時代、CDを買ってくれた人に、1つでも多く自分達を知ってもらいたいってのもありますね。

セカンドプレス予定の「VIRULENT」について、各曲の歌詞に込めた想いや、作曲の経緯などについて、曲紹介をお願い致します。

1. FLEETING
TAICHI: この曲が1番作詞に時間がかからなかったかも…。
オケが上がってスラスラ言葉が出てきたのを覚えてます。
その時の想いをストレートに書きました。
美亮: 思ったより曲が速くて弾くことに集中しちゃいます。
嘘: ギターがね…そこそこ忙しくて苦戦しましたね(笑)
楽曲自体は儚いけどギターのフレーズは全然儚くないです(笑)
志音: 歌が聴きやすい様にボーカルが生きる様に叩いてます。

2. 【Virulent Nightmare】
TAICHI: 珍しくほぼ吐きのシャウトでレコーディングしました。
なんか、殻を破れた気がします。
この曲がVIRULENTの登龍門ですよ【 】。
美亮: 暴れまくれる一曲です。
嘘: この曲はとにかく疾走感、凶暴さを表現したくて作りましたね。
尺も短くとにかく攻撃的な一面だけを特化させましたね。
志音 :勢いが全面に出る様なフレーズだったり、シンプルなんだけどドシっとくる様なドラムになってます。

3. MARY
TAICHI: MARYちゃんの絶頂物語です。
疾走感といい全てがお気に入りです。
美亮: ライブで映える曲なので思うがままに楽しんでほしい。
嘘: LIVE映えする曲を作りたくて…この曲はギタリスト嘘としての【好き】をとにかくふんだんに盛り込んで今風の中に少し古さを折り込んでみました。
レコーディングもシングルコイルで音色にも拘っていますね。
志音: 本当にライブ映えする曲でレコーディングの時もライブ意識しながら録りました。

4. What…?
TAICHI: 英詩で不満しか書いてないです。
せっかくのアルバムだし、苦悩とか怒りを書きたいなと…。
美亮: 結構ノリやすい曲になっています。
嘘: この曲は基本左右ユニゾンなのでその厚みをどう出すかって部分をこだわりました!
志音: シンプルなフレーズなのでいかにノリを出せるかを意識しました。

5. NEEDLE
TAICHI: シャッフルを1から勉強しました。
苦戦したけど、レコーディングではスムーズに進みました。これを機に歌に対する意識も変わったし、成長に繋がったと思います。
美亮: おしゃれで聴きやすい曲です。ギターソロもかっこよくできたと思います。
嘘: 昔みたいにB面っていう概念が今少しあやふやになってきてる昨今にアルバムだからできる曲を作りたくて、元々蘭てシャッフルビート的なアプローチの曲が多かったのでこの際そこに特化した曲を作りました。
ただこの曲は難しくしすぎてレコーディング苦労しましたね…(笑)
志音: 今まで通ってこなかったシャッフルビートにトラウマレベルに苦戦しました笑

6. アノニマス (ANONYMOUS)
TAICHI: 頭の中から離れない様な曲が欲しくて、Aメロの思い詰めて追い詰める感じも凄く気に入ってます。
そしてサビで爆ける。
美亮: ガッツをぶつける曲になりました。
嘘: 暴れ曲作ろうと思って作り出してメインのリフこそパッとできたんですけど
そこから歌メロ的なサビに展開しようかこのまま勢い重視でいこうかでかなり悩んでましたね。
結果的にこういう形になって俺の得意分野な曲になったおかげでギターRECは1発OKもらいました(笑)
志音: 暴れ曲は大好きで、本当好きに叩かせてもらったので、最後ツーバス踏みまくってます笑

7. アンダーグラウンド (UNDERGROUND)
TAICHI: オケを聞いた時に、あー、こう言う感じね、得意だわ。と思ったのでこの曲はボツ寄りだったんですけど、絶対にこれは出したほうが良いってゴリ押ししました(笑)
今の自分達、環境、ファンの事を書きました。
この曲は特に周りのバンドマンとかファンの子から良いって言われるかもしれないです。
美亮: Aメロからかっこいい歌詞とメロディでギターソロもかっこいいのでおすすめです。
嘘: この曲のデモ自体は大分前からあったんですけどそこから構成とかを再度整理した感じです。
噂話もそうなんですけどあんまり深く考えずに作った曲だったので正直どっちもボツだろうなーと思っていたんです。
だからこうやって作品として残せて嬉しく思います(笑)
志音: 激しい中に聞きやすいメロがあって個人的に1番聴いてほしい曲です!

8. ROPE
TAICHI: 今までで1番メロが悩んだ曲ですね、
自分達に有りそうで無かった曲…になったと思います。この曲で、VIRULENTにあった伱間、パズルで言うとピースがハマった気がします。
美亮: あまりやらないことを取り入れたギターソロにしました。
嘘: この曲は勢いとLIVEのノリやすさに重点を置いて作りました。
メロで1番悩みましたね…
最上夜: アルバムの中ではこの曲だけ僕がRECしているんですけど、音フレーズ含めアルバムの雰囲気を崩さずいいものが録れたと思います。
志音:勢いを大事に叩きました。

9. finale.
TAICHI: 儚さに重視しました。
叶わない事に対して、せめて思い出に浸るみたいな(笑)
後悔しない様に生きたいですね過去は取り戻せないから。
美亮: 曲と歌詞が切なさや絶望感が味わえます。
嘘: この曲は”黒い曲”をテーマに作ってと言われて作りました(笑)
この曲も最初はすごい難解な感じだったんですけどサビのメロ以外はまるっとアレンジを変えて今の形になってますね。
志音: 黒いイメージを崩さない様に雰囲気を考えながらフレーズを作りました。

10. 幻聴 (Genchou)
TAICHI: ネガティヴな部分や、表現をどこまで出すべきか凄く悩んだんですけど、全部出しました。
振り切る事が出来たので、今後の自分達にも期待が込められるそんな一曲になりました。
美亮: ギターのフレーズ難しくて苦戦しました。
嘘: この曲もアルバムだからできる曲作ろうで作り出したんですけど自分の中ではメンタル【死にたくなる曲】をテーマに作りました。各パートのフレーズに1番注文した曲かもしれません。
志音: この曲は雰囲気を作るフレーズを付けるのに少し苦労しました。

11. POISONOUS BUTTERFLY
TAICHI: レコーディングで化ける事って最近あんまりなかったんですけど、良い意味で作戦通りに作れてるみたいな。
でもこの曲は、デモ以上にレコーディングで化けましたボーカルは特に。
悪い奴なりの正義、みたいな考えを書きました。
美亮: ラストサビ前のドラムのオカズがかっこいいですね。
嘘: この曲は…どんな経緯で作ったっけ…
レコーディングで1番テンション上がった事は覚えてます(笑)
志音: ラストサビのフィルに俺の好きなフレーズを詰め込みました笑

セカンドプレスに追加されるMV撮影時のエピソードについて、印象的な出来事などがありましたら教えてください。

TAICHI: 新鮮味も感じつつ、楽しめました、割とスムーズに進みました今回。
後は初めて見た撮影中の夜くんのポテンシャルに驚きましたね。
美亮: 本物の炎を使った撮影でテンション上がりました。
嘘: 1番印象に残ってるのは撮影スタジオまで1時間半くらいあるんですよ。
俺達撮影近辺が結構過密なスケジュールで全然寝れてない中での撮影だったんですけど行きの移動中1時間半車内にいるメンバー全員でひたすらカラオケ大熱唱して向かった事ですね(笑)
嵐とか大熱唱してました(笑)
最上夜: 控え室の居心地がとてもいいんです。外があり得ない寒さだったのもあると思うんですが、メンバーみんなでコタツに入って和んでいました。これで猫がいたらきっと完璧だったと思います。
志音: 自分のセットで撮影出来たし、炎を使った演出でめっちゃテンション上がってました!笑

RANの音楽にインスピレーションを与えるものは何でしょうか?

TAICHI: 歌詞は自分の事を書いたり、ファンの事を書いたり、今の状況とか思う事が多いですけど、最近は特に、LIVEがインスピレーション与えてくれます。
嘘: 俺はLIVEですかねー。セットリスト決める時にこういう曲欲しいなとかLIVEやりながらこういう曲作ってみよとか思う事が多いです。

RANとしての活動の中で、特に印象に残っている出来事や経験を教えてください。

TAICHI: 沢山笑って沢山悔しい思いもして、多すぎてなかなかこの質問には悩みましたけど、去年の6月20日のWESTですかね。4年バンドを続けて、続けた先にしか見えないものってこんな感じなんだなって思えたLIVEだったんですよね。
美亮: 遠征の帰りに置いていかれたことですかね。
嘘: 難しい…これだ!って決められないですね…
辛い事も楽しいこと嬉しい事も苦しい事も全部印象に残ってるし大事な経験だと思います。
漢気ジャンケンで枕買った事とかもね(笑)
最上夜: 男気ジャンケンする時って、ライブする時くらい気合いを入れてジャンケンするんですけど、その気合いが弱かったのかストレートで勝ってしまった事です。驚きで時間が止まりました。
志音: どれも印象に残ってるんですけど、やっぱりツアーは凄い楽しいです。

RANの音楽を通して伝えたいことは何でしょうか?

TAICHI: VIRULENT聴いてLIVEにきたら全身全霊で伝えられたらなと思います。言葉だけじゃ伝わらないものもあると思うので。
美亮: 人生の楽しみ方。
嘘: 聞いて感じたままに受け取ってくれりゃいいです。
最上夜: 強く生きよう
志音: そのバンドにしか無いカッコ良さですかね

RANの曲作りで大切にしていることは何ですか?

TAICHI: 自分達の曲げちゃいけない部分は絶対に曲げない事です。
嘘: どこかにキャッチーさを残す事ですかね。
エゴと社会性のぶつかり合いみたいな(笑)

自分の好きなRANの曲は何ですか?また、その理由も教えてください。

TAICHI: アンダーグラウンドですかね。
今ハマってるってのもあるかもしれないですけど(笑)
全部好きですけど、この曲聴くと、あ~辛かったな、この時、みたいな感情になります。
バンド活動をして、この曲残せて良かったなと思ってます。
美亮: パブロフの猫です。自分のエゴだからです。
嘘: 三日月かなー…ストレートでいいなって思います。
最上夜: finale歌詞が好き。
志音: アンダーグラウンドですね。全部詰まってると思います。

RANとしてアクティブに活動する中で、メンバーの皆さんが一緒に過ごす時間も長いことと思います。メンバー同士の関係を良好に保つために、心がけていることはありますか?

TAICHI: ぶつかる時はぶつかるけど相手の気持ちを思いやる事ですかね。
美亮: 一人で抱え込まないことかな。
嘘: バンド活動を楽しむ事ですかね?
最上夜: 変に強がらない事!
志音: いい意味で気を使わない事ですかね。あと言いたい事をちゃんと言う。

これまでのバンド活動の中で、直面した困難や大変だったこと、乗り越えてきたことはありますか?

TAICHI: 生きててどんな時もその時の今が一番困難だった気がします。常に高い壁を壊そうと生きてきたので…。だからこそアツくなりますよね。
美亮: YouTubeの企画のつけ麺博とかきつかったです。
嘘: それこそVIRULENTを出してしばらくはこの作品をどう表現するかって部分に囚われすぎていた部分で大分もがいてましたね。
表現しようとすればするほどRANとしての良さが損われていくような気がしてその答えを急ぎすぎてしまっていました。
最上夜: 音作りの面ですね。前のベーシストと音の方向性が全く違う中で、自分のスタイルを崩さずRANのベースとして求められる音を作る事にはかなり困難しました。
志音: 僕はレコーディングです。ちゃんと自分のドラムと向き合った時に全然まだまだだなとかあって悔しすぎて泣いた事ありますね笑
それがあったから凄く成長できたとおもいます。

ビジュアル系バンドとしての活動において日々直面する課題の中で、特に大変と感じるのはどのようなことでしょうか?

TAICHI: メイクの早起き。
嘘: 特にないですかね。
志音: ドラム機材高過ぎる問題ですね笑

ビジュアル系のファンは女性が多いと思いますが、男性のファンに対してはどのように思われますか?

TAICHI: 俺のやってきた事は間違ってなかったぜ。って感じです。嬉しいですよ。
美亮: 性別関係なく嬉しいです。
嘘: どのように思う…普通に男性だとしても女性だとしても嬉しいですよ。
最上夜: 男性ファンの方が言ってしまえば珍しい分、どういう経緯で知ってくれたのかとかビジュアル系が好きなのかとか色々と話したくなりますね。
志音: 同じく普通に嬉しいですよ笑

ビジュアル系バンドを始めてから、当初の予想と違ったこと、意外だったこと(あらかじめ知っておきたかったこと)はありますか?

TAICHI: ライブですね。何もかも想像以上でした。
美亮: 全てが初めてだったので新鮮でした。
嘘: その辺のジャンルよりも漢気を感じる事がありますね。
最上夜: 頭を振るとこんなに首が痛くなるなんて小さい頃の僕は想像もしていませんでした。
志音: 特になかったです。

■「今後こんなボーカル』/『ギタリスト』/『ベーシスト』/『ドラマーになりたいという目標はありますか?

TAICHI:憧れられるボーカルですかね。
美亮:ギタリストという枠に縛られないギタリストですかね
嘘:嘘ってこういうギタリストだよねっていうものをみんなの中で感じさせられるようになりたいですね。
最上夜:僕も美亮くんと一緒かな。ベーシストというパートに縛られないで色々な事をしていきたいです。
志音:人の心を動かせるドラムをずっと目指してます。

■『ボーカル』/『ギタリスト』/『ベーシスト』/『ドラマーとしてのご自身のアピールポイント、「ここを見てほしい」という所を教えてください。

TAICHI: 声
美亮: ギターソロの音は個性が出ているかな
嘘: 年甲斐もなく暴れ回るのでその様を見てください。
最上夜: 感情の起伏が激しい方なのでその日その日のライブによっての変化を見てほしいですね。
志音: 一音一音魂込めて叩いてるのでどこも見逃してほしく無いです。

音楽( 『ボーカル』/『ギター』/『ベーシスト』/『ドラマー』)を始めたのは、いつ頃から、どんなきっかけでしょうか?

Vo. TAICHI: 小学生の頃の卒業アルバムに、歌手になるって書いてあったので、自然に、勝手になると思ってたのかもしれないです…(笑)
歌が好きだったし、小さい頃からライブとかで歌ってる人に憧れてました。
美亮: 中学生の頃、父が持っていた昔のCDを聴いたときです。
嘘: 中学生時代の先輩の影響です。
XやSEX MACHINEGUNSにカミナリ打たれました(笑)
最上夜: 昔ボーカでバンドを組んでいたんですけど、ドラムが抜けて活休になったんです。その時ベースを触ったのがきっかけですね。
志音: 中学生の頃にXのライブ映像みて俺もこうなりたい!って思いました。

自分にとって音楽とは何ですか?音楽は、人生にどのような影響を与えましたか?

TAICHI: 楽しい時も、辛い時も、悲しい時も、自分に寄り添ってくれる。
自分には絶対に必要なものです。
嘘: 常に隣にあるものですね。
当たり前に音楽がなかったら全然違う人生になってたんじゃないですか?
最上夜: たばこみたいな感じ
志音: 音楽が無かったら何していいかわからない位なので自分の全てですかね。

■  影響を受けたミュージシャンや、憧れのミュージシャンはいますか?

TAICHI: BOØWYがこの人生の始まりです。
美亮: やっぱりヒロトですかね。
嘘: 上げきれないくらいいます。
最上夜: KORNのフィールディ
志音: 沢山居るんですけど、GACKTさんですね。自分にとって生き方を変えてもらった位尊敬してます

ミュージシャン以外では、尊敬している人物、影響を受けた人物、好きなタレントさんや俳優さん(もしくは身近な人物)はいますか?

TAICHI: 多いです。
美亮: ピッコロですね。
嘘: こちらも上げきれないくらいいます。
最上夜: ぱっと出てこないですね。
志音: GACKTさんです。

座右の銘や、大切にしている言葉はありますか?

TAICHI: 誰にでも輝く権利はある。
美亮: 日々反省日々成長、日々反省日々成長することは前に進むこと。
嘘: 努力したから報われるとは限らないけど努力しない奴に報いなんて来ない
最上夜: この世の不利益の全て当人の能力不足
志音:  自分を助けてくれるのは自分だけ

好きな食べ物や飲み物を教えてください。

TAICHI: ハヤシライス
美亮: マクドナルド
嘘: 白米、生クリーム、玉ねぎ
最上夜: 軟水の水
志音: 魚料理、お酒、鶏胸肉

苦手な食べ物や飲み物を教えてください。
TAICHI: 固形チーズ
美亮: きゅうり
嘘: 海鮮物、卵
最上夜: コスタコーヒーのブラック。くそまずい。
志音: 辛いもの

お休みの日は、何をするのが好きですか?趣味や夢中になっていることがあれば教えてください。

TAICHI: ネトフリ
美亮: 瞑想です。
嘘: 日向ぼっこ?
最上夜: お散歩しているわんちゃんに話しかけに行く事ですね。なんか気がついたら話かけに行っちゃうんです。だって可愛いですからね。
志音: 格闘技

趣味の一例として、好きなゲームはありますか?どんなゲームをするのが好きですか?

TAICHI: 6ボールパズル
美亮: ポケモンが好きです。
嘘: ゲームはしないようにしてます。
最上夜: 一時期APEXにハマっていました。FF、ダークソウルとかファンタジーの世界に没入出来るものが好きですね。ゲームの良さってそこだと思いますし。
志音: スパイダーマンのゲーム面白かったです

英語や他の外国語を話すことは出来ますか?

TAICHI: 猫とは昔、会話出来ました。
美亮: 中国語少し勉強していました。
嘘: 話せません。
最上夜: A little bit.
志音: 話せないです。

今後のRANの活動について、「こんなバンドになりたい」という夢や目標はありますか?
TAICHI: 皆んなが知ってるバンド、お客さんの誇りであるバンド、目標は武道館です。
美亮: ライブに来て幸せを感じるバンド。
嘘: 武道館に立ちたいです。
最上夜: 海外フェスに出たいですね。
志音: エネルギーを与えられる様なバンドですね。

最後に、ファンの皆さん、読者の皆さんにメッセージをお願い致します。

TAICHI: ここまで読んでくれたのなら、今すぐ調べて、ライブに来てみてくださいね。待ってます。
美亮: 最後まで読んでくれてありがとうございました。今後のRANの活動をよろしくお願いします。
嘘: ここまで読んでくれてありがとうございます。
少しでも気になったら是非会いに来てね。
待ってます。
最上夜: 6.28のワンマンライブよろしくね。見てくれてありがとう。
志音: 最後まで読んでいただきありがとうございました。
これを読んで気になってくれた方はぜひライブにら遊び来てください。

JRNR interviewed Visual Kei band RAN, who started their new chapter earlier this year with their new bassist 最上夜 (Mogami Yoru). Their first album “VIRULENT” was sold out in no time and they just started selling the second press with a bonus song and MV+ making. JRNR also asked them to share their thoughts on each song. Enjoy this passionate interview, you won’t regret reading it!

Please introduce yourself with a few fun facts about yourself. 

TAICHI: This is the first time I’m being asked such a difficult question, well please read till the end… I am TAICHI.(smile)
Meiliang: I wanted to use a name with original Chinese kanji, so I decided on a name with also a real Chinese reading.
Uso: A fun story. (laugh). The hurdles are high…(laugh)
When I introduce myself, they usually say they don’t know if I’m lying about my name or about the conversations we’ve just had. .+(嘘(means lie))
Mogami Yoru: It’s usually a hot topic late at night, then we often ask ourselves about who is taller, my bass or me. Of course it’s me who is way taller (note; cooler/better/greater).
Shion: They say that I only seem to be funny/interesting in the “dressing room” and at “after parties”.

How would you describe yourself with a Kanji character and why?

Taichi: 夢 (Yume/dream), Because I’ve been living my dreams and I am cherishing my dreams.
Meiliang: 猫 (Neko/cat), Because I love cats.
Uso: 嘘 (uso/lie) (Reason not told)
Mogami Yoru: 大 (oo/big/large), Because the feeling is great/large
Shion: It’s 音(oto/sound), which is part of my name 

Please tell us why you decided to join RAN at the beginning of the formation, and how you all got together?

Taichi: I wanted to start a career as a vocalist, so when I moved to Tokyo, I started to search for members and formed a band.
Meiliang: For me it all started when I was working part-time at a studio when I was invited by someone in the Visual Kei industry.
Shion: I originally met our vocalist TAICHI in our hometown of Niigata, and we talked about forming a band together, and when I decided to move to Tokyo, TAICHI introduced me to the other members as well.

Please tell us about the origin and reason why you decided on the band name “RAN”.

TAICHI: Out of many other candidates, this was our number #1 choice to be named after.

Please explain why RAN is the best active Visual Kei band and why someone should devote their life to RAN. 

TAICHI: Because our LIVE shows go beyond the performances of anyone else.

On January 31st, it was announced that you dropped the band name as kanji reading “蘭” and continues as the romaji reading “RAN”. Why did you decide to make this name appearance change? 

TAICHI: Of course in a good way, with our new band system, the atmosphere of the band would also change dramatically, so I wanted to create a new fresh start with the impact of being a brand new band, so I decided to change the writing of our band name to the Roman alphabet.

On February 1st 最上 夜 (Mogami Yoru) joined the band officially. Could you please introduce him to us? How did he meet all of you? And why did you guys want him to be the new bass player?

Taichi: I’ve known him for a long time already, but since I know him he’s been a kind of scary bass player, but he is okay.
Meiliang: He is my new best buddy stage-right-side bass player Mogami Yoru-kun
Uso: Originally Yoru and I played in the same band before, for some reason we were apart and then we started to meet again. Around the time that our previous bassist was graduating from the band, I asked him “Do you want to join? He gave me an okay with two words, and so he joined.
Shion: He is a bassist who pours a stern sound. 

Also on February 1st, a new look was revealed. For this appearance but also your past appearances, how do you always decide on how you wanna show-off yourself to the audience? Please tell us a little bit about how new “looks” are created. 

Taichi: I wanted to create a visual that none of our fans would have thought of, so I decided on a red-haired Ghost image. Also I wanted to break out of my own shell.
Meiliang: This time, I tried to create a strange character by combining white makeup with a rubber suit-like outfit that emphasizes my body line.
Uso: Basically, I’m looking at things as objectively as possible, such as what kind of clothes RAN’s Uso would wear, and out of our fan eyes, what kind of clothes and make-up will get them excited.
However, there is a limit to what I like and how objectively I can look at it, so I often ask TAICHI what he thinks as well.
Mogami Yoru: I consulted with TAICHI a lot, because I just joined.
Shion: This time I focused mostly on my hair colour to give it a flashy look that stands out. For my outfit, I wanted to wear something that wouldn’t make me lose my identity. 

As a visual kei band, are there any points you pay extra attention to? Such as, how do you keep being “Unique” of other bands who also wanna be “No.1”? 
TAICHI: Always have the will to be “THE VERY BEST”. Don’t let anything stop you. Believe in yourself, use your wisdom and ingenuity, and fight for it every day.
Meiliang: It’s about throwing away stereotypes.
Uso: hmmm..what I’m not careful about is not being afraid of change. It’s not hard to change, but it’s very hard to change and keep your own beliefs, so change the parts that should be changed. But definitely don’t change things that shouldn’t be changed. I’m also careful not to think too much about myself, so I don’t make the wrong decisions.
At least I don’t want to change the atmosphere and the groove that only the five of us can bring out, I’m sure that’s the same for every band.
Mogami Yoru: After all, everyone is unique. That is why it is important to have unwavering self-confidence.
Shion: As a drummer, it’s important not to bend my beliefs. It’s reflected in my sound, and I’m aware of the sound that only I can produce without compromising my beliefs.

Many visual kei bands say that they can express themselves better and more freely via visual kei than in other genres. However JROCK’NROLL does cover any genre, So to me, it feels as if there are other genres as well to express yourself freely. So I would like to know what is “something that can only be expressed in visual kei”, and “something that cannot be expressed in other genres“.

TAICHI: hmmm… When I saw a visual kei live show for the first time, I do remember the impact feeling that I couldn’t believe that the person who was standing on the stage was the same person as this person was off-stage.
So I also would like to give my fans such a taste of an “extraordinary” experience.
It would make me happy if we could create something that’s especially amazing because of this genre and how it’s performed live.
Meiliang: I don’t think there are many things that cannot be expressed because you can do anything in this genre.
Uso: Hmm. Rather than expressing myself, I do admire the way of life and the spirit of our seniors in this genre, so I continue to follow them. Because of the difference in the backbone of the music, even though it is expressed in the same way as other genres, it seems to be seen and felt in a way that is unique to Visual Kei.
Mogami Yoru: Music is usually written as “enjoy the music,” so a lot of songs are made to give people a positive feeling. But in visual kei, it’s usually the opposite. The focus is more on negative emotions, irresistible anger and sadness. So it’s about expressing those negative emotions much more deeply.
Shion: When I first fell in love with Visual-kei, it was the flashy hair and costumes that were visually stimulating, and that’s something that’s unique to Visual-kei.

On June 28th TAICHI 生誕単独公演「THE ANSWER」@Spotify O-WEST. Please tell us your enthusiasm for this live show and why someone should make time free to watch the live show.

TAICHI: I will pay more attention to it than last year.
This time I really want to surprise everyone who watches us with what we have in us. I’m going to give a live show that will surprise everyone in the venue.
Meiliang: I wanna show an evolved RAN that surpasses last year’s WEST performance. 
Uso: Last year, we were able to perform at WEST, and I hope we can reflect what we felt then, such as “Oh, we can do this” or “we wanna do this“. 
Anyway, I guess the charm of “蘭(RAN)’ and the charm of “RAN” are different, so I would like to express the charm of the new “RAN” to the maximum and perform it LIVE to lead us into the future. 
Mogami Yoru: I don’t know what happened last year because I wasn’t there, but I want to do something that can only be done in a big venue, something that can only be done at WEST.
Shion: Last year we had TAICHI’s birthday party at WEST, but I want to make the day even better than last year and show a live performance that only the current RAN can show.

Congratulations on the (fast) SOLD OUT of your first album 「VIRULENT」. The second press will be released on May 31st and will have an extra song plus MV & making. The extra song and MV+making is a nice second press bonus. What made you decide to add an MV+making also as a bonus and not just a song (which artist usually only add, if there’s a bonus)

TAICHI: We wanted to add a music video. I also used to watch off-shot videos of the bands I used to like, so I also added the off-shot of our music video. In this day and age, we also want the people who (still) buy our CDs to know as much about us as possible.

Because 「VIRULENT」will get a second press. Could you please explain each lyric and how each song was composed?

1. FLEETING
TAICHI: This song probably took the least amount of time to write the lyrics…. I remember the words just came out after the guitars started playing. I wrote directly about my feelings at that time.
Meiliang: The song has a fast tempo so I have to concentrate on playing it.
Uso: The guitar phrase… it’s pretty full of it, it struggles me. (laughs)
The song itself is ephemeral, but the guitar phrase is not ephemeral at all. 
Shion: I play my drum parts so that TAICHI’s vocal line comes alive and the song is easy to hear.

2. 【Virulent Nightmare】
TAICHI: Unusually, I recorded the song with almost spitting shouts.
I feel like I broke out of my shell.
This song is the gateway to success for Virulent [ ].
Meiliang: This is one of the songs that can go on all wild and crazy.
Uso: This song was created to express a sense of speed and ferocity.
The length of the song is short, and I focused only on the aggressive aspect of the song.
Shion: The phrases show the full power of the dynamics. The drums are simple but very powerful.

3. MARY
TAICHI: This is MARY’s climax story.
It is my favourite because of its fast pace and everything.
Meiliang:It is a song that lends itself very well to live shows, so I hope you enjoy it as much as you want.
Uso: I wanted to create a song that would be great to play live… I tried to put a lot of my “love” as a guitarist Uso into this song to bring a little bit of old-fashioned into the current style.
Shion: It’s a song that really lends itself to being played live. So when we recorded the song I was very conscious of how it would sound live.

4. What…?
TAICHI: I wrote only complaints in English poetry.
Because we would release an album, and I also wanted to write a song about anguish and anger…
Meiliang: It’s a song that’s pretty easy to get into.
Uso: I was very concerned about how to bring out the thickness of the left-right unison because this is basically a left-right unison live song!
Shion: I was conscious of how to bring out the groove because it is a simple phrase.

5. NEEDLE
TAICHI: I learned the shuffle rhythm from scratch.
I struggled with it, but it went smoothly while recording the song. I think this was an opportunity for me to change my attitude toward singing, and it led to my growth.
Meiliang: The song is stylish and easy to listen to. To me it feels that the guitar solo was also done in a very cool way.
Uso: Nowadays, the concept of a B-side song has been blurred, it’s not like it was in the past, so I wanted to create a song that could only be created and put on a full album. Originally, B-side songs had a shuffle rhythm approach, so I decided to create the song with a focus on that as well. However the song was so difficult to record, so it was a real pain while recording it…(laugh)
Shion: I struggled to a traumatic level with the shuffle rhythm beats that I had never gone through before!

6. アノニマス (ANONYMOUS)
TAICHI: I wanted a song that I couldn’t get out of my head, and I really like the way the A melody makes me feel trapped and driven and then the chorus just blasts it off.
Meiliang: The song became a gut-busting song.
Uso: I had the idea to make this song a rage song, and I came up with the main riff in a flash. But I was really worried about whether to develop it into a melody-like chorus or to focus on the momentum as it was.
As a result, it turned out as it is now, and it even became a song that I can play well. I recorded it in just one try.(laugh)
Shion: I love rage songs, and I really liked playing them, so at the end I’m stomping on my two basses(lol)

7. アンダーグラウンド (UNDERGROUND)
TAICHI: When I heard the guitar part, I thought “Oh I’m not gonna be good at this“. So I was close to rejecting this song. But I pushed myself forward to make it work for sure. 
I wrote about ourselves, our environment and our fans. This song might be especially good for us and the fans around us.  
Meiliang: I recommend it because of the cool lyrics and melody from the A melody and the guitar solo is also cool.
Uso: The demo itself of this song has been around for quite a while. I rearranged the structure of the song from there. Just like 噂話 (Uwasabanashi), it was created without thinking too much, so honestly I thought both of them would be rejected.
That’s why I’m happy to put the song as a creation like this on the album as well. (laughs)
Shion: This is the song I personally want you to listen to the most because it has an intense yet easy to listen to melody!

8. finale.
TAICHI: I focused on ephemerality. For things that don’t come true, at least it’s like being immersed in memories. (laughs)
I want to live my life without regrets because I can’t bring back the past.
Meiliang: You can feel the sadness and despair in the melody and lyrics.
Uso: I was asked to write this song on the theme of “dark music”.(laughs) This song was also very difficult to understand at first, but except for the chorus melody, the arrangement was completely changed and it became the current form.
Shion: I created the phrases with the atmosphere in mind, so as not to destroy the dark image.

9. 幻聴 (Genchou)
TAICHI: I was very worried about how much negativity and expression I should put out, but I put it all out.
We were able to shake things up, so this is one of those songs that we can look forward to in the future.
Meiliang: I struggled with the guitar phrases because they were difficult.
Uso: This song was also made with the idea of making a song that would fit perfectly to include on an album. I created it with the mental theme of “A song to die on”. This is probably the song where I have created the most number of phrases for each of the parts.
Shion: I was struggling a little with how to phrase this song to make it feel right.

10. POISONOUS BUTTERFLY
TAICHI: Lately we haven’t had much luck with songs that turn out well when recorded, but in a good way it seemed to work out exactly as we planned, this song turned out even better than the demo, especially the vocals.
I wrote the idea of justice in the bad guy’s own way.
Meiliang: The drumming before the last chorus is cool.
Uso: This song, how was it created…?  I only remember that I was most excited about the recording.
Shion: I packed my favourite phrase into the last chorus.

11. BONUS SONG (ROPE)
TAICHI: This is the song that we had the most trouble with the melody so far, I think it became a song that wasn’t likely for us. It turned out to be the most difficult song we’ve ever written. With this song, I feel that the pieces of the puzzle that were in Virulent were put together.
Meiliang: I wrote my guitar solo to include something I don’t often do.
Uso: This song was created with an emphasis on momentum and ease of live performance.
I was struggling the most with the melody…
Mogami Yoru: I only recorded this song on the album, but I think it was a good recording without breaking the atmosphere of the album, including the sound phrases.
Shion: I hit the momentum with great care.

Please also tell us an episode about the MV shooting which will be added to the 2nd press. 

TAICHI: I really enjoyed it, shooting the MV also gave a feeling of freshness. Also shooting this MV went rather smoothly.
I was also surprised by the potential of Yoru-kun during the shooting, which I saw for the first time.
Meiliang: I really got excited because we used real flames for the shooting.
Uso: The thing that left the biggest impression on me was that it took about an hour and a half to get to the shooting studio.
We were on a very tight schedule and didn’t get much sleep, but we sang karaoke for an hour and a half on the way to the studio.
We were singing Arashi and other songs passionately (laughs).
Mogami Yoru: The waiting room is very cosy. I think it was mostly because it was unbelievably cold outside, but all of us were relaxing under our kotatsu.  I’m sure it would have been perfect, If there would have been a cat around as well.
Shion: I was able to shoot with my own drum set, and I was really excited about using the  flames while shooting!

What inspires the music of RAN? 

TAICHI: I write lyrics about myself, about my fans, about my current situation and my thoughts, but lately, especially, our LIVE shows and what happens on those days inspires me.
Uso: For me, it’s our live shows. When I decide on the setlist, I often think about what songs are good to play for that day. so the live shows inspire me to think about what kind of songs are fun and good to play live as well.

Can you share with us a moment or experience that stands out as especially memorable for RAN?

TAICHI: We laughed a lot and had a lot of regrets, so much that it was difficult to answer this question.  I think it was last year on 20 June at WEST. It was the live show that made me realise that after four years of being active in a band, that this is what you can only archive and see if you keep going without giving up.
Meiliang: At the time we went on a tour and everyone forgot about me and already went on the way back home while leaving me behind?
Uso: Difficult..I can’t decide “That’s the one!”. I think all the hard times, the fun times, the happy times, the hard times, they all left an impression on me and are important experiences.
Like the time I had to buy a pillow because of losing our masculine game of rock-paper-scissors (laughs).
Mogami Yoru: When we play a masculine rock-paper-scissors- game, we do it with as much enthusiasm as when we play live. But, the thing is that I won all the time in straight sets, perhaps because my enthusiasm was too weak? I was so surprised that even time stopped.
Shion: After all, touring is fun and they all leave a lasting impression.

What do you convey via RAN’s music?

TAICHI: If you listen to VIRULENT and come to the live show, I hope I will be able to convey it to you with all my heart. There are things you can’t tell with words.
Meiliang: How to enjoy life. 
Uso: Just listen to it and interpret it as you feel it.
Mogami Yoru: Stay strong. 
Shion: The coolness that only this band got.

What is the most important thing in RAN’s songwriting?

TAICHI: It is about never bending the parts of ourselves that we should not bend.
Uso:  To leave a catchiness somewhere. Like a clash between ego and sociality (laughs).

What’s your favourite RAN song? And please tell us the reason?

TAICHI: It’s アンダーグラウンド (UNDERGROUND), isn’t it? Maybe it’s also because I’m into it at the moment (laughs).
I like all of them, but when I listen to this song, I feel the feeling of a painful time.
I’m glad to be in a band to have this song to leave behind.
Meiliang: パブロフの猫 (PAVLOV no Neko). It’s my alter ego.
Uso: I guess 三日月(Mikazuki)…
I think it’s nice and straight.
Mogami Yoru: I like the lyrics of finale.
Shion: I guess it’s アンダーグラウンド (UNDERGROUND). Everything that I want to convey is inside this song.

RAN is a pretty active going band, you spend lots of time together. How do you all keep a good relationship with each other? 

TAICHI: When you bump into each other, you bump into each other, but you have to be considerate of the other person’s feelings.
Meiliang: I guess, not keeping things to ourselves.
Uso: Things like enjoying the Band life, right?
Mogami Yoru: Not being stubborn!
Shion: I guess it’s about not being careful, in a good way. Also, say what you want to say.

In your active years which challenges or obstacles did you face as a band which you have overcome, how did you overcome them?

TAICHI:I feel like of all the time I’ve lived so far, the present moment has always been the hardest. I have always lived my life trying to break down high walls….That is why I am so passionate about this.
Meiliang: Our Youtube project Tsukemen Expo was the toughest .
Uso: I struggled for a while after we released VIRULENT. I struggled a lot because I was too obsessed with how to best express this work to the world. I felt that the more I tried to express myself, the more of the goodness of RAN would be lost. I was so quick to answer that question.
Mogami Yoru: For me it’s the sound production aspect. It was quite difficult to create the sound I needed as the bassist of RAN without losing my style, because my own style is totally different from RAN’s previous bassist.
Shion: For me, it’s the recording. There were times when I was so frustrated that I cried when I reviewed my own drumming and realised I wasn’t there yet. I think that’s why I’ve been able to grow so much.

What is the biggest challenge for a visual kei band, which you face daily and how do you deal with it?

TAICHI: I have to wake up early to put on my makeup.
Uso: Nothing in particular, I guess.
Shion: The problem is, that drum equipment is too expensive (laughs).

Since the visual kei audience is mostly female, what do you think of your male fans?  

TAICHI: That I’m doing things in the good direction. That’s what it feels like. I feel happy when male fans also enjoy our music.
Meiliang: I’m happy that gender doesn’t matter.
Uso: What do I think or feel about it? … I’m usually happy whether it’s a male or a female fan.
Mogami Yoru: Because having male fans is rare,  I always want to ask them how they got to know me and whether they like visual kei.
Shion: I’m also just as happy as normal (laughs) .

■ Since starting a visual kei band, have there been any unexpected or surprising things (things you wanted to know beforehand) that you didn’t expect at first?

TAICHI: Lives. Everything was more than I had imagined.
Meiliang: Everything was new to me, so it felt fresh.
Uso: I sometimes feel more bravery than in the other genres in that area.
Mogami Yoru: I never imagined as a small child that shaking my head would cause such neck pain.
Shion: Nothing in particular. 

Do you have a goal of becoming a ‘vocalist’/’guitarist’/’bassist’/’drummer’ like this in the future?

TAICHI: A vocalist other people look up to.
Meiliang: A guitarist who is not bound by the boundaries of being a guitarist.
Uso: I want to make everyone feel that “Uso” is such a kind of a guitarist. 
Mogami Yoru: I think the same as Meiliang. I also would like to do various things without being limited to the bassist part.
Shion: I always aim to be a drummer who can move people’s hearts.

As a vocalist/guitarist/bassist/drummer, what are your appealing points?

TAICHI: My voice.
Meiliang: My unique sound of my guitar solos.
Uso: Watch me as I go on an old-style rampage on stage.
Mogami Yoru: I’m a person with a lot of emotional ups and downs, so I want you to notice the changes depending on whether it’s a live day or a normal day.
Shion: I don’t want you to miss anything because I put my soul into every note.

When did you start playing music (vocal/guitar/bassist/drummer), and what was your motivation?

TAICHI: When I was in elementary school, I wrote in my graduation album that I wanted to be a singer… So maybe I just naturally thought that I would become one…I liked singing, and since I was a little kid, I admired people who sang live and so on.
Meiliang: When I was in junior high school, I used to listen to an old CD that my father used to have.
Uso: I was influenced by my seniors in junior high school.
I was blown away by X and SEX MACHINEGUNS.
Mogami Yoru: I used to be in a band where I did the vocals, but the drummer left and we took a break. That’s when I started playing bass guitar. That was the beginning.
Shion: When I was in junior high school, I saw X’s live video and thought, “I want to be like this too!”

What does music mean to you? What kind of impact did it have on your life?

TAICHI: It is there for me when I am happy, when I am in pain and when I am sad.
It is absolutely essential for me.
Uso: It’s something that’s always next to me.
If you didn’t have music, as a matter of fact, your life would be completely different, wouldn’t it?
Mogami Yoru: It’s like the addiction of smoking a cigarette.
Shion: I don’t even know what I would do without music, so it’s all about me, isn’t it?

Are there any musicians who influenced you or admired musicians?

TAICHI: BOØWY since the beginning of my life.
Meiliang: It must be Hiroto.
Uso: There are more than I can count.
Mogami Yoru: KORN’s Fieldy
Shion: There are many, but it’s GACKT-san. I respect him so much that he changed my way of life.

Apart from musicians, are there any people you admire, influences, celebrities or actors you like (or people close to you)?
TAICHI: There are so many.
Meiliang: It’s Piccolo.
Uso: I can’t even count them all.
Mogami Yoru: I can’t think of someone.
Shion: It’s GACKT-san

Do you have a motto or words that you cherish?

TAICHI: Everyone has the right to shine.
Meiliang: Reflecting and growing day by day, reflecting and growing day by day means moving forward.
Uso: You don’t always get rewarded for your efforts, but those who don’t work hard don’t get rewarded.
Mogami Yoru: Lack of ability is the cause of all the disadvantages in this world.
Shion: Only you can help yourself.

What is your favorite food or drink?

TAICHI: Hayashi rice
Meiliang: McDonald’s 
Uso: White rice, fresh cream, onions
Mogami Yoru: Bottled water
Shion: Fish dishes, Alcohol, and chicken breast

Which foods or drinks do you dislike?

TAICHI: Processed cheese
Meiliang: Cucumber
Uso: Seafood, eggs
Mogami Yoru: Costa coffee black. It’s really disgusting.
Shion: Spicy food.

On a free day, what do you like to do?

TAICHI: Netflix.
Meiliang: Meditation.
Uso: I guess, sunbathing?
Mogami Yoru: I like to go on a walk and to talk to the dogs who are walking around as well. If I see one I walk to them to give them attention, because they are such cuties.
Shion: Martial arts. 

Are there any console games you like to play? If so, what do you love to play?

TAICHI: 6-Ball Puzzle.
Meiliang: I love to play Pokemon games.
Uso: I try not to play games.
Mogami Yoru: I was into APEX for a while, and I like Final Fantasy, Dark Souls and stuff that immerse you into a fantasy world, that’s what makes games so good.
Shion: The Spiderman game was fun.

Do you speak English or any other foreign language?

TAICHI:I used to be able to talk the language of the cats.
Meiliang: I’ve learned a bit of Chinese.
Uso: I can’t speak other languages.
Mogami Yoru: A little bit (original written in English)
Shion: I don’t speak any other languages. 

How do you see the future of RAN?

TAICHI: To become a band who everybody knows. A band that you can be proud of.
Our final target is to play at Budokan.
Meiliang: A band that makes you feel happy when you come to a live performance
Uso: I want to stay at Budokan.
Mogami Yoru: I want to participate in a festival overseas.
Shion: A band that seems to give you energy.

Please write a message to your fans and readers.

TAICHI: If you’ve read this far, please check us out right now,  and of course come to our live shows as well. We’ll be waiting for you.
Meiliang: Thank you for reading to the end. We sincerely appreciate your ongoing support towards RAN.
Uso: Thank you for reading this far. Even if you became only a bit interested, definitely visit one of our concerts. I’ll be waiting.
Mogami Yoru: Please look forward to our ONEMAN live show on June 28th. Thanks for reading.
Shion: Thank you for reading to the end. The people who read and got interested in us, Please, definitely come to our live shows!

INTERVIEW WITH JIGSAW

INTERVIEW WITH: JIGSAW  2023
By: Team JROCK’N’ROLL | 英語日本語Momo 日本語→ 英語Ryu & Momo

Vocal: ブキミ(BUKIMI) Twitter / Instagram
Guitar: マル(MARU) Twitter / Instagram
Bass: エマ (EMA) Twitter / Instagram
Drums: シキ (Shiki)Twitter / Instagram
Official: Twitter | Website | Youtube | Webshop | Tunecore

日本語ENGLISH

新曲【喉笛】をリリースし、今月には新しいシングル【】をリリースするジグソウにJROCK’N’ROLLがインタビューしました。ジグソウの音楽と外見のスタイルは「レトロホラーカーニヴァル」です。バンド名は映画「SAW」の「ジグソウ」をイメージしているそうです。是非、ジグソウの世界をお楽しみください。

ご自身の楽しいエピソードを交えた自己紹介をお願い致します。

ブキミ: ボーカルのブキミです。楽しいエピソード…今の所思い浮かばないので考えておきます。
エマ: 楽しいエピソードってどんなものだろう。と2日考えた結果2日考えても出てこないタイプです、としか答えられなかったベースのエマです。
マル: 人懐っこい動物が好きで、最近よくウォンバットの動画を見てます。ギターのマルです。
シキ: どこに行きたい、これをしたいって考えてる時間が楽しいです。ドラムのシキです。

ご自身を漢字一文字で表すとしたら何の文字でしょうか。

ブキミ:「弱」ですかね。弱いので。弱さも武器にできるように頑張ります。
エマ:「楽」です。楽しい事と楽な事しかしないので。
マル:「爆」です。爆発的な創造力なので。
シキ:「色」です。色彩豊かでいたいので。

ジグソウとしての活動を始めようと思った理由を教えてください。皆さんはどのように出会われたのでしょうか?結成当初の頃についてお聞かせください

ブキミ: 元々僕とマルがバンドをやっていてそこにシキを勧誘して当時いたベースと4人でジグソウを始めました。途中ベースが脱退してエマを誘って今の4人になりました。

現在のジグソウのコンセプトについて、一言で紹介をお願い致します。

ブキミ: 今も昔もレトロホラーカーニヴァルっていうコンセプトを主軸に活動してます。

ジグソウというバンド名にした由来や理由を教えてください。

マル: レトロホラーカーニヴァルというコンセプトに合う語感のいいカタカナにしたくてジグソウにしました。まさか映画のジグソウがこんなに長く続くとは思わなんだか。

ジグソウのここが最高」というおすすめを教えてください。
他のバンドとは違う魅力、ジグソウの特性、アピールポイントを教えて頂けたら幸いです。

ブキミ: 曲ですかね。他と比べるとかなり独特だと思います。

日本のヴィジュアル系バンドの多くは、「他のジャンルよりも、ヴィジュアル系のほうが、自分たちをより良く、より自由に表現できる」と話しています。JROCK’NROLLでは、ヴィジュアル系以外の日本の音楽も取り上げていますが、日本の他のジャンルでも「自由な表現」で活動しているグループや個人の方々もいるように感じました。「ヴィジュアル系だからこそ表現できる何か」「他のジャンルでは表現できないもの」が何であるのかを知りたいと思いますが、ジクソウの皆さまはどのようにお考えでしょうか。

ブキミ: どうでしょう。自由に見えて色々窮屈なジャンルだと思いますヴィジュアル系は。ただそんなヴィジュアル系が好きです。
マル: そんなに難しいことゴチャゴチャ考えてないです。メイクして演奏すんの楽しい?かっけ?みたいな。

5月5日には新しいビジュアルが公開されました。今回のビジュアルや、以前のビジュアルも含めて、いつもどのようにご自身をアピールするかを決めているのでしょうか。新しいビジュアルはどのようにして決定されるか、お聞かせください。

ブキミ: 正直何も考えていないですね…かっこよければなんでもって思ってます…
エマ: 自分が着たいものを着るを軸にふわっと決めてます。
マル: 毎回衣装さんにフワッとしたイメージだけ伝えて、そこから形とか柄とか話し合いながら決めていきますね。
シキ: 自分も見てくれている人も飽きないよう、同じようなものにならないように気を付けながら考えています。

5月5日には配信限定「喉笛」の配信が開始されました。日本語が分からない海外の読者もいるため、今回の歌詞の意味や、歌詞に込めた想いを教えて頂けたら幸いです。

ブキミ: 歌詞の内容が少しダークというか…あまり気持ちのいいものではないので詳しくは説明しないんですが、簡単に言うと親子の歌です。

CDジャケットは、実際の喉の写真のように見えますが、可能な範囲で詳しく教えて頂くことはできますか?

マル: 喉ではないですが、明言もしないでおきます。

今年6月14日にリリース予定のニューシングル【】に対する意気込みをお聞かせください。 読者の皆さんがニューシングルをぜひ購入したくなるような、アピールポイントを教えてください。

ブキミ: 個人的には過去最高傑作だと思っています。激しくもあり儚さもあって今までのジグソウらしさを残しつつこれまでにないジグソウの一面を出せた気がします。

ジグソウの音楽制作について、新曲はどのように作られ、どのようにリリースを計画されるのでしょうか

マル: 作り方はわりと普通にデモを作って各々が各パートをアレンジしてって感じです。リリースはだいたい半年ぐらい前に計画して、それに向けて早めに準備していくんですけど、なぜか毎回締切ギリギリに事が進むんですよね。不思議です。

ジグソウの音楽にインスピレーションを与えるものは何でしょうか?

マル: 昔は漫画や小説読んだり、アニメや映画を見たりしてると頭に曲が流れたりしてたんですけど、最近はSHOWをすることで曲作りの刺激を受けることが多いですね。

ジグソウの音楽を通して伝えたいことは何でしょうか?

ブキミ: なんですかね。たまに考えるんですけどまだ自分でもよくわかんないです。

ジグソウの曲作りで大切にしていることは何ですか?

マル: ジグソウらしさとかあんまり考えないようにしてます。

ジグソウとしての活動の中で、特に印象に残っている出来事や経験を教えてください。

マル: ガンで入院していた間も他の3人が活動し続けてジグソウを守っていてくれたことですかね。

ジグソウとしてアクティブに活動する中で、メンバーの皆さんが一緒に過ごす時間も長いことと思います。メンバー同士の関係を良好に保つために、心がけていることはありますか?

ブキミ: 押さない、駆けない、喋らない。
エマ: 辛い時はみんな辛い、楽しい時は調子に乗り過ぎない。
マル:「妥協はしないけど失敗は責めない」ですね。だいたいの失敗は本人が1番自覚してると思うので。
シキ: 干渉しすぎないことですね。

海外のジグソウファンにとっては、日本にライブを観に行くのはなかなか難しいことです。バンド側も「ぜひライブに来てほしい」と思い、海外のファンたちも「ライブに行きたい」と思っていても、日本への旅費代を出すのが困難であったり、「もし行けるとしても1年に1回くらい」「運が良いときだけ行ける」というファンも多いと思います。実際にライブへ足を運ぶことが難しい海外のファンたちには、どのようにジグソウを応援してもらいたいと思いますか?

ブキミ: 沢山曲を聴いて色んな人に広めて貰えたら嬉しいですね。いつか海外で公演ができるようになったら色んな人に遊びに来て欲しいので。

自分の好きなジグソウの曲は何ですか?

ブキミ: 今は「」ですね。理由はリリースされたらきっとわかってもらえます。
マル: 非対称ロマンスですね。こういう曲調好きなんです。まあ全部好きですけど。
シキ: 自分の好きが詰まっているので「早朝新宿ケチャップ」です。

これまでのバンド活動の中で、直面した困難や大変だったこと、乗り越えてきたことはありますか?

ブキミ: 沢山あったのは間違いないんですけど忘れちゃうんですよね。
マル: さっきも答えたんですがステージ4のガンが発覚して活動できなくなったときですね。もしかして死ぬかも?って思ったので生きてステージに戻ってこれてよかったです。

ビジュアル系バンドとしての活動において日々直面する課題の中で、特に大変と感じるのはどのようなことでしょうか?

ブキミ: めんどくさがり屋なので全部大変です。でも全部楽しいと思ってます。
エマ: 健康管理を徹底しないと全部崩れるので健康第一がなんだかんだ一番大変な気がします。
マル: 大変なことばかりでキリがないですけどノウブルが応援してくれてると頑張れます。
シキ: 演奏のことについてですかね。考え始めるとキリがないし、場合によっては落ち込みます。

ビジュアル系のファンは女性が多いと思いますが、男性のファンに対してはどのように思われますか?

ブキミ: 素直に嬉しいですね。もっと増えればいいのに。

ビジュアル系バンドを始めてから、当初の予想と違ったこと、意外だったこと(あらかじめ知っておきたかったこと)はありますか?

ブキミ: ヴィジュアル系ファンのヘドバンは八の字。
マル: メイクさんがいるのにビックリしました。自分でするもんだと思ってたので。

「今後こんな『ボーカル』/『ギタリスト』/『ベーシスト』/『ドラマー』になりたい」という目標はありますか?

ブキミ: カリスマ
マル:    これぞマルの弾くギターだよねっていうフレーズを弾けるようになりたいです
エマ: 絶妙に変な事する感じのヤツ
シキ :   フロント陣が安心できるドラマー

■『ボーカル』/『ギタリスト』/『ベーシスト』/『ドラマーとしてのご自身のアピールポイント、「ここを見てほしい」という所を教えてください。

ブキミ: カリスマ
マル:  こいつめっちゃ自分のこと好きだなっていう弾き方です
エマ: 情緒不安定なベースラインとパフォーマンス
シキ:    見てほしいというと烏滸がましいので嫌でも目が行くようにします。

音楽 (『ボーカル』/『ギター』/『ベーシスト』/『ドラマー』)を始めたのは、いつ頃から、どんなきっかけでしょうか?

ブキミ: 元々ギターをやり始めたんですけど、機材量が多いし周りもどんどん上手くなるのでボーカルなら楽そうでいいやと思って始めました。全然楽じゃなかったです。
マル:    幼き頃GLAYの曲をiPodで聴いてエアギターしながら日々ギタリストへの想いを募らせていきました。
エマ: 太くて長くて男らしい楽器だと言われ男心を思春期にくすぐられました。
シキ:     幼き頃の音楽の授業がきっかけです。

自分にとって音楽とは何ですか?音楽は、人生にどのような影響を与えましたか?

ブキミ: 音楽は僕に衝撃と夢をくれました。今は聴くより歌う側になりましたがそれは変わりません。
エマ: 特別意識しなくても常にどこかしらにあるなにか。
マル: めっちゃ楽しいことです!
シキ: 病める時も健やかな時も傍にいてくれるもの。

■  影響を受けたミュージシャンや、憧れのミュージシャンはいますか?

ブキミ:上げたらキリがないですね。でも全部ヴィジュアル系です。
エマ: この人!っていうのはいないです。あー素敵だなーっていう気持ちがたくさんの人にあります。
マル: 音楽面での影響でいえば、たぶんめっちゃいろんな人から影響受けてますね。そんなに有名じゃないマイナーなバンドから売れっ子のアイドルまで。
シキ: L’Arc~en~Cielのyukihiroさんです。

ミュージシャン以外では、尊敬している人物、影響を受けた人物、好きなタレントさんや俳優さん(もしくは身近な人物)はいますか?

ブキミ: いないですね。
エマ: 特には。
マル: 影響を受けてる人ってなると悩みますけど、尊敬してる人はたくさんいますね。最近すごいなあってしみじみ思うのが、高層ビルとか建てる人たちですね。更地にあんな途方もない建物を長い期間に渡って作ってる人たち見るとカッコイイなあって思います。
シキ: 両親です。ものすごい影響受けてると思います。

座右の銘や、大切にしている言葉はありますか?

ブキミ: 明日できる事は明日でいい。
エマ: ありがとうとごめんなさいはちゃんとしよう。
マル: 思い立ったら吉日
シキ: 終わらない上昇

好きな食べ物や飲み物を教えてください。

ブキミ: ないですね…。
エマ: 卵料理全般大好きです。
マル: これからの季節は夏野菜がアツいですね。ズッキーニとかオクラとかアスパラとか。飲み物はアールグレイにハマってます。
シキ: らーめんとコーラです。ジャンクですね。

苦手な食べ物や飲み物を教えてください。

ブキミ: 玉ねぎとネギ。
エマ: 海鮮系と消毒液見たいな味のお酒全般嫌いです。
マル: パクチーが嫌いです。初めて嫌いと思った日から何年も食べてないので今も嫌いかはわからないですが。最近は甘い飲み物があんまり好きじゃないです。昔はフラペチーノとかめっちゃ飲んでたのに今は2口ぐらいしか飲めないです。
シキ: 納豆は食べたことありません。

お休みの日は、何をするのが好きですか?趣味や夢中になっていることがあれば教えてください。

ブキミ: 何もしたくない自分と戦いながら映画とかアニメとか見てます。
エマ: 筋トレと格闘技の練習を続けてます。
マル: 毎日曲作ってるので休みっていう概念がよくわかんないです。前ほどアニメとかも興味なくなっちゃって。鬼滅の刃は見てますけど。
シキ: 休みらしい休みがないですけど、時間ができたらスタジオ行ったり、街に出てみたりしてます。

趣味の一例として、好きなゲームはありますか?どんなゲームをするのが好きですか?

マル: ゲームまったくやらないです。ドラクエは新作が出たらやりますけどね。
シキ: RPGをやることが多いです。最近流行りのAPEXとかそういうのは苦手です。

英語や他の外国語を話すことは出来ますか?

ブキミ: イエスアイアム
エマ:  ??????????
マル: 英語話せないんですけど、前外国人に助けを求められて苦戦しながら助けてからある程度話せるようにはなりたいなと思ってます。
シキ: 全く話せません!

今後のジグソウの活動について、「こんなバンドになりたい」という夢や目標はありますか?

ブキミ: 唯一無二のバンドになりたいですね。

最後に、ファンの皆さん、読者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

ブキミ: 読んでくれてありがとうございました。いつでも遊び来てください。
エマ: 暑い寒い眠い怠いに負けず頑張ろうな。
マル: 読んでくれてありがとうございます。これからの活動に期待しててください。
シキ: ありがとうございました。共に日々を乗り越えて生きていきましょう。

JRNR interviewed JIGSAW, who have just released their new song 【喉笛】 and will release their new single 【蚕】 this month. Their style of music and appearance is “Retro Horror Carnival”. Their band name is inspired by “Jigsaw” from the movie “SAW”. Please enjoy their world.  

Please introduce yourself with a few fun facts about yourself. 

BUKUMI: I’m JIGSAW’s vocalist, Bukimi. 
Fun facts… I can’t think of a fun fact right now, so let me think of one.
EMA: I’m JIGSAW’s bassist, EMA. 
What are some fun facts about me? I thought about it for two days and couldn’t come up with any.
MARU:   I’m JIGSAW’s guitarist, MARU. 
I like friendly animals and lately I have been watching a lot of wombat videos. 
SHIKI:  This is SHIKI on Drums. I enjoy the time I spend thinking about where I want to go and what I want to do.

How would you describe yourself with a Kanji character and why?

Bukimi:「弱」(Jaku/weak) Because I’m weak. I will do my best to use my weakness as a weapon.
Ema:「楽」(Raku/easy)   Because I only do fun things and easy things.
Maru:「爆」(Baku/blast) Because I have explosive creative power.
Shiki:「色」(Shiki/color) Because I want to be colorful.

Please tell us why you decided to join JIGSAW at the beginning of the formation, and how you all got together?

BUKIMI: Originally, MARU and I were in a band, and I invited Shiki to join us, along with the bassist who was with us when the four of us started JIGSAW. When the former bassist left, I invited EMA to join us.

Please introduce in a few sentences the current concept of JIGSAW.

BUKIMI: We are still working on the concept of a retro horror carnival.

Please tell us about the origin and reason why you decided on the band name “JIGSAW”.

MARU: I wanted to create a katakana LOGO with a good sense of language that fits the concept of a retro horror carnival. I never thought the movie “JIGSAW” would last so long.

Please explain why JIGSAW is the best active Visual Kei band and why someone should devote their life to JIGSAW.

BUKIMI: I think it’s our songs. Compared to other bands’ songs, I think our style is so unique.

Many visual kei bands say that they can express themselves better and more freely via visual kei than in other genres. However JROCK’NROLL does cover any genre, So to me it feels as if there are other genres as well to express yourself freely. So I would like to know what is “something that can only be expressed in visual kei” and “what cannot be expressed in other genres”’.

BUKIMI: Visual kei looks free, but I think it’s confined in a lot of ways. But I like that kind of Visual Kei.
MARU: I don’t think about it that difficult. It’s fun to play with makeup, it’s cool.

A new visual was released on May 5th. Do you always decide how to appeal to yourself, including this visual and previous visuals? Please tell us how the new visuals are decided. 

BUKIMI: To be honest I don’t really think about it…as long as it looks cool I’m fine with it…
EMA: I just loosely decide what to wear.
MARU: Each time I give our costume designer a fluffy image and from there we just decide on the shape and pattern while discussing it with our designer. 
SHIKI: I always have to be careful not to create something similar, so that people who see us don’t feel bored. 

Your digital single 【喉笛】 has been released. Not everyone understands Japanese perfectly. So we would be happy to learn about the meaning of the lyrics this time.

BUKIMI: The content of the lyrics is a little bit dark and sombre… 
It’s not very pleasant. So I am not going to go into too much detail about it. But to put it simply, it’s a parent-child song.

The CD jacket looks like a photo of an actual throat, can you give us more details to the extent possible?

MARU: It’s not the throat. I will not clarify what it is.

You will release a new single 【蚕】 this June. Please tell me your enthusiasm about this single.  And tell us the reason why we should purchase it no matter what.

BUKIMI: Personally, I think it’s the best ever. It is both intense and ephemeral. It retains the unique JIGSAW atmosphere of the past. But it also allowed us to show a side of JIGSAW that has never been seen before.

Please tell us a little bit more about music writing for JIGSAW. How are new songs made and decided to be released?

MARU: The way it’s done is like making a demo in a pretty normal way. Each member arranges their own parts. We plan the release about half a year in advance, and we prepare for it early on, but for some reason we always end up making progress at the last minute. It is a mystery why we always make the best progress at the last minute.

What inspires the music of JIGSAW? 

MARU: In the past, I used to get inspiration for songs by reading manga or novels or watching anime or movies, but nowadays I often get inspiration for songwriting by performing live shows.

What does JIGSAW convey via its music?

BUKIMI: I wonder what we want to communicate. I think about it sometimes, but I still don’t know it myself as well.

What is important to you when writing songs for Jigsaw?

MARU: I try not to think too much about JIGSAW-ness.

Can you share with us a moment or experience that stands out as especially memorable for JIGSAW?

MARU: I guess it’s the moment when I was hospitalised with colon cancer. During this time, the other three members did their best to keep JIGSAW alive.

JIGSAW is a pretty active going band, you spend lots of time together. How do you all keep a good relationship with each other? 

BUKIMI: Not pushing too much, not running away, not talking too much.
EMA: When times are hard, we all have a hard time; when times are fun, we don’t get too carried away.
MARU: “Don’t compromise, don’t blame them for their failures.” I believe that most failures are best recognized by the person themselves.
SHIKI: Don’t interfere too much.

For overseas JIGSAW fans it’s hard to support bands with going to live shows. I always see bands writing “We are a live band, please come to our show”. However even if overseas fans would love to go to your show, it’s often not possible because going to Japan isn’t cheap and if it’s possible maybe just once a year and then it’s a matter of luck that there is a show we can go to. So how do you hope your overseas fans will support JIGSAW?

BUKIMI: We would be happy if you could listen to our songs a lot and spread them to various people as well. Also, if we are able to perform overseas one day, we hope that many people will watch us.

What’s your favourite JIGSAW song? Please tell us why.

BUKIMI: Right now it’s 「蚕」. You know why when it’s released.
MARU: It’s 「非対称ロマンス」. I like the tune of the song. Well, I love all our songs.
SHIKI: It’s 「早朝新宿ケチャップ」. Because it is filled with my favourite things.

■ In your active years which challenges or obstacles did you face as a band which you have overcome, how did you overcome them? (such as, corona, line-up change, fan trouble etc.)

BUKUMI: I’m sure there were many, but I always forget them.
MARU: As I said before, when stage 4 cancer was discovered and I was unable to work.  I even thought I might die, but I survived and returned to the stage.
*colon-cancer has 5 stages in Japan.  

What is the biggest challenge for a visual kei band, which you face daily and how do you deal with it? (such as, SNS, money, to keep good business connections, etc)

BUKUMI: I am a lazy person, so everything is not really easy. But I see the fun in everything.
EMA: If you don’t take care of your health thoroughly, everything will fall apart, so for me, putting your health first is the hardest thing.
MARU: It’s always hard work, there’s no end to it, but I can do my best when our ノウブル(Nouburu) cheers me on.!
SHIKI: Maybe the live shows? If you think about it, there is no end to them, and depending on the case, it might even make you depressed. 

*ノウブル(Nouburu)the nickname of JIGSAW fans. 

Since the visual kei audience is mostly female, what do you think of your male fans? 

BUKUMI: I’m honestly happy that we have male fans. I wish there were more male fans cheering us.  

What are some things you wish you’d known before joining a visual kei band?

BUKUMI: A Visual Kei fan’s headbang is the same shape as the digit eight.
MARU: To have a makeup artist. I thought I had to apply make-up myself. 

Do you have any goals for your future as a vocalist, guitarist, bassist, or drummer?

BUKUMI: Have more charisma.
MARU: I wish people could say, “That’s Maru’s guitar, isn’t it?
EMA: Being the weird guy.
SHIKI: A drummer that the front team can rely on.

Please tell us about your appealing points as a vocalist/guitarist/bassist/drummer.

BUKUMI: My charisma.
MARU: The way I play my guitar shows how much I really like it.
EMA: My emotionally unstable bass lines and performance.
SHIKI: My eyes that ask you to look at me, even if you don’t want to, I look at you to make you look at me.

When did you start playing music (vocal/guitar/bassist/drummer), and what was your motivation?

BUKUMI:I started out as a guitar player, but since there was so much equipment and everyone around me was getting better at it, I thought vocals would be easier. But it wasn’t easy at all.
MARU: When I was a kid, I used to listen to GLAY songs on my iPod and play Air Guitar, which made me want to become a guitarist.
EMA: I was told that it was a thick, long and masculine instrument, and it tickled my manly heart during my puberty.
SHIKI:  It all started with music lessons in my childhood.

What does music mean to you? What kind of impact did it have on your life?

BUKUMI: Music gave me an influence and a dream. Now I sing more than I listen, but that hasn’t changed.
MARU: It’s a lot of fun!
EMA: Even if we are not particularly aware of it, it is always there somewhere.
SHIKI: It is something that will be with you through illness and good times.

Are there any musicians who influenced you or admired musicians?

BUKUMI: The list is endless. But they are all visual kei musicians.
MARU: In terms of musical influences, I am probably influenced by a wide variety of people. From small bands that aren’t that famous to idols that are very popular.
EMA: That person! I don’t have a “That person! There are a lot of people I feel like, “Oh, he/she is wonderful”.
SHIKI: Yukihiro from L’Arc~en~Ciel.

Besides musicians, are there any people you respect, influences, celebrities or actors you like (or people close to you)?

BUKUMI: Nobody.
MARU: When it comes to influences, it is hard for me to decide, but there are many people I admire. Recently, I have been deeply impressed by people who build skyscrapers. I think it’s cool to see people building such huge buildings on empty land over a long period of time.
EMA: Nobody in particular
SHIKI: My parents. I think they have a huge influence on me.

Do you have a motto or words that you cherish?

BUKUMI: If it can be done tomorrow, tomorrow is fine.
MARU: There’s no time like the present.
EMA: Let’s say thank you and sorry properly.
SHIKI: Never-Ending Rise

What is your favourite food or drink?

BUKUMI: I don’t have one.
MARU: Summer vegetables are hot in the coming season. Zucchini, okra, asparagus, etc. As for drinks, I am addicted to Earl Grey.
EMA: I love all kinds of egg dishes.
SHIKI: Ramen and Coke. It’s junk food.

What kind of food or drink do you not like?

BUKUMI: Onions and green onions.
MARU: I hate Pak Choi. I haven’t eaten it in years since the day I first thought I hated it, so I don’t know if I still hate it. I don’t really like sweet drinks these days. I used to drink a lot of Frappuccinos and stuff, but now I can only have about two sips.
EMA: I dislike seafood and any alcohol that tastes like disinfectant.
SHIKI: I have never had natto before.

On a free day, what do you like to do?

BUKUMI: I watch movies and anime while fighting myself when I don’t feel like doing anything.
MARU: I write songs every day, so I don’t really understand the concept of a day off. I am not as interested in anime as I used to be. However, I do watch “Demon Slayer”.
EMA: I continue to practice muscle training and martial arts.
SHIKI: I don’t have a day off that feels like a day off, but when I have time I go to the studio or go out on the town.

Are there any console games you like to play? If so, what do you love to play?

MARU: I don’t play games at all. I will play Dragon Quest when the new one comes out, though.
SHIKI: I tend to play RPGs. I’m not good at APEX and the kind of games that are popular these days.

Do you speak English or any foreign language?

BUKUMI: イエスアイアム (YES I AM)
MARU: I don’t speak English. But I would like to be able to speak it to some extent after helping a foreigner who asked for help before. I have struggled with it.
EMA: ??????????
SHIKI: I don’t speak any other languages.

How do you see the future of JIGSAW?

BUKUMI: I want to be a unique band. 

Please write a message to your fans and readers.

BUKUMI: Thanks for reading. Please come visit us anytime.
MARU: Thanks for reading. Stay tuned for more activities in the future.
EMA: Let’s do our best without losing ourselves to hot, cold, sleepiness and laziness.
SHIKI: Thank you very much. Let us live each day together.

Interview with 薔薇の宮殿

INTERVIEW WITH: 薔薇の宮殿 (Bara no Kyuuden)
Questions: Ryu & Meri | EN  ➞ JP: Momo | JP  ➞ EN: Meri – EN fix: Ryu

SNS: vo. ROZARIA (ロザリア): Twitter 
薔薇の宮殿: Website | Twitter | Youtube | Instagram | Spotify

日本語ENGLISH
JRNRは今回、ヴィジュアル系メタルバンド薔薇の宮殿-Rose’n Palace-にインタビューさせて頂きました。ボーカルのロザリアさんは、2016年10月から薔薇の宮殿という名前で活動し、素晴らしいアーティストたちにサポートされてきました。


JROCK’NROLLの読者の皆さんに、薔薇の宮殿の紹介をお願いいたします。

ヴィジュアル系メタルバンド(Visual Metal Band)薔薇の宮殿-Rose’n Palace-です。
東京を拠点に、活動は今年で7年目になります。

■ ご自身を漢字一文字で表すとしたら何の文字でしょうか。その理由も教えて頂きたいです。

「美」「闇」「信」「苦」
一文字に決められなかったのは、僕の二面性がとても強いからです。

薔薇の宮殿というバンド名をつけた理由を教えて頂きたいです。

昔所属していた事務所でつけてもらいました。
どんな世界が飛び出すバンドなのかを想像してもらいやすい名前がいいと思って。
親しみを込めて、薔薇Q(BARA-Q)と呼んでもらえると嬉しいです。

薔薇の宮殿はソロのプロジェクトでしょうか。その形を選んだ理由も教えてください。

自分が納得いくまで歌い続けたいと思ったからです。
解散のないソロプロジェクトを選びました。

現在のサポートメンバーについて紹介をお願いいたします。彼らと一緒に活動するようになったきっかけや理由を教えて頂けますか。

Gt.のぎたもつ/成瀬りゅーた
Ba.れの/SIORI
Dr.一(HEXVOID)

サポートメンバーは過去には何度も変わりましたが、今は演奏力、熱意ともに高いメンバーに支えられています。

薔薇の宮殿の音楽スタイル、特色を紹介頂けますか。

美しいメタル。怖くないメタル。そんな風に言われます。

薔薇の宮殿のライブの雰囲気はどのようなものでしょうか。

ヴィジュアル系やメタル特有の怖さみたいなものはあまり無いと思います。
僕たちの作る世界に一緒に浸りましょう。

他のジャンルでは表現できない、ヴィジュアル系だからこそ表現できるものは何でしょうか。

激しいサウンドの中にある美しさの表現かなと思います。

音楽を作るときに、特に大切にしているのはどんなことでしょうか。

哀しみや怒りといったような負の感情を美しく描くことです。

音楽について、影響を受けた人物はいますか。

日本のヴィジュアルメタルの先駆者で言えば、X JAPAN 、Versailles等です。

新曲”void-はじまりの空”について教えて頂きたいです。この曲を通して表現したかったのはどんなことでしょうか。

第1印象は、爽やかなJ-Rockの王道に感じると思います。
けれど、この歌詞の中には、”生きること”をテーマに、2人の人物の目線が交錯していて、そんなところに気づいてもらうと、より深く伝わると思います。

“void-はじまりの空”のMVには、薬の瓶が出てきますが、どんな意味を込めているか教えて頂けますか。

“生と死”を連想するアイテムとして使っています。

MVの薬は、お菓子(ラムネ)を使っているのでは?という話を聞きましたが、それは本当でしょうか。もしくは、本物の薬でしょうか。

ファンの方々がそう言っていましたが、実はラムネではありません。
実際の中身は秘密です。

“void-はじまりの空”のMVについて、ほかにも何かエピソードや、知っておくべき背景がありますか。

白シャツ姿に、屋外での撮影と、明らかにこれまでとは異なるアプローチをしている作品だということをまず伝えたかったです。
これまでの作品以上に、誰もが日常の中で感じるような感情を基に描いています。

無料ワンマンの”PROMISE”が4月6日に開催されます。このライブについての想い、意気込みを教えてください。読者の皆さんにライブの見どころの紹介をお願いいたします。

最近は、YouTubeや配信音源の再生回数が増えていて、まだ顔の見えないリスナーの方がたくさんいることを感じています。
これまでライブに来たことはなかった、そんな方たちとも出会える日にしたいという意味も込めて、無料イベントを企画しました。
もちろん、顔の見えないリスナーの方も大切なんだけれど、やはり直に応援してもらえるのはバンドマンにとって最大の歓びだし、受け取ってもらえる熱量というのも生のライブに勝るものはないと思います。
この日は、ここ数年間の活動の魅力を凝縮したベストアルバムのようなライブになると思います。

ライブの後にはアフターパーティーも開催されると告知されました。アフターパーティーを開催しようと考えた理由を教えてください。

せっかくのワンマンイベントということもあり、いつも応援してくれているファンの方たちとは、ライブ以上の濃い思い出を作りたいと思ったからです。

海外のファンたちは、薔薇の宮殿の曲や商品をどのような方法で購入することができますか。

音楽配信サイトを通じて世界中からアクセスしてもらえます。
iTunes/Apple Music/Spotify/YouTube Music等どこでもです。

もし海外でライブをすることができたら、どこの国に行ってみたいですか。その理由も教えてください。

ヨーロッパの各国で待っていてくれる人たちがいる気がします。
是非、呼んでください。

音楽活動をする上で、コロナ禍はどのような影響がありましたか。そこから何か学んだこと、得たものはありますか。

メンバーと共に、自分たちの音楽のサウンド面を、大きくレベルアップさせるための時間を作れたことです。
ライブに関しては厳しかったですが、それは今後進むための大きな力になります。

薔薇の宮殿をまだ聴いたことがない方々に、おすすめしたい曲は何でしょうか。

魔王Ⅰ~Ⅱ。2020年のリリースですが、今でも最高の1曲です。

新しいシングルが4月に出ると告知されました。もし可能であれば、その曲がどのように作られたか、何からインスピレーションを得たか、などを教えて頂けますか。

それは少し間違いで、4月6日のライブで新曲をお披露目をします。
リリースはもう少し先になると思いますが、この曲は、この日のライブのタイトルにもなっている「散りゆく季節」からインスピレーションを得たバラードナンバーに仕上がっています。

音楽を通して、どのようなメッセージや感情を届けたいと思いますか。その届けたいメッセージや感情について、ご自身が大切にしている理由も教えてください。

人の苦しみや痛みに寄り添えるような音楽を作りたいと思っています。
僕自身もそのように音楽に救われたからです。

ファンの皆さんとどのように交流をしていますか。ファンの皆さんとの交流は、音楽活動においてどのような役割を持っていますか。

毎週土曜日にツイキャス(インターネットラジオ番組)を通じて交流しています。
そこでの交流は、日々活動を頑張るための糧になっています。
またライブではツーショット撮影会なんかも積極的に行っています。

これまでの活動を振り返って、ご自身が一番誇りに思うものは何でしょうか。その理由も教えてください

信念を曲げずに活動し、ここまで続けてこれたことです。
今の薔薇の宮殿のライブでの演奏力を、是非聴いて欲しいです。

今後の夢・目標について教えてください。

近い未来→新しいアルバムのリリースします
先の未来→そのアルバムをまず1万人の人に聴いてもらうことです

最後に、ファンの皆さん、読者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

最後まで読んでくれた人、ありがとう。
少しでも僕たちに触れてみたいと思ってくれた?
音楽配信・YouTube・無料ライブ・・・接点はたくさんあります。
僕もあなたの心に触れたいです。

This time JRNR interviewed Visual Kei metal band 薔薇の宮殿-Rose’n Palace-.
Vocalist 
ROZARIA (ロザリア) is active under the name 薔薇の宮殿 since October 2016, and he is supported by great support artists.


■ Please introduce 薔薇の宮殿  (Bara no Kyuuden)  to the readers of JROCK’N’ROLL.

We are the visual kei band 薔薇の宮殿  (Bara no Kyuuden) –  Rose’n Palace.
We’re based in Tokyo, we have been active for seven years by now.

How would you describe yourself with a Kanji character and why?

「美」(beauty)「闇」(darkness)「信」(faith)「苦」(Agony)
I couldn’t decide on one character because I have a strong dual nature.

Why did you choose 薔薇の宮殿  (Bara no Kyuuden- Rose’n Palace) as the band name?

The name was given by my former record label. I wanted a name that would make it easy for people to imagine what kind of world the band is going to create. I would be happy if you call us 薔薇Q (BARA-Q) in a friendly way.

Do you see 薔薇の宮殿 as a solo project? Please tell us the reason.

I thought that I wanted to continue singing until I was satisfied. I decided on a solo project because it won’t break up.

Could you introduce your current support members and tell us how, and why did you choose them to play together with you?

Gt. Nogi Tamotsu / Naruse Ryuta
Ba. Reno / SIORI
Dr. Hajime (HEXVOID)
My supporting members have changed many times in the past, but now I am supported by members with high performance ability and maximum enthusiasm.

■ How would you describe the style of 薔薇の宮殿 music, and why do you describe it like that?

Beautiful metal.
Because metal music is actually not a scary genre at all. 
For that reason is referred as “beautiful”.

Could you describe the live atmosphere of 薔薇の宮殿?

I don’t think there’s much of that frightening kind of atmosphere that’s characteristic of Visual-kei and Metal.
Let’s immerse ourselves in the world we create together.

What can you express with visual kei, which you can’t express in other genres?

I think it is the expression of beauty including an intense sound.

What do you value when you create music?

To portray negative emotions such as sadness and anger in a beautiful way.

Who are your musical influences?

Pioneers of Japanese visual metal, such as X JAPAN and Versailles.

■ What is your new song “void-はじまりの空” about? What did you want to express with this song?

At first impression, the song seems to be a refreshing J-Rock classic.
However, the lyrics are about “living” and the two characters’ points of view intersect, and if you notice that, I think you’ll get a deeper message from the song.

In the MV for “void-はじまりの空” we can see a bottle with pills. Is there a specific meaning for it?

I use this item as a metaphor for ‘life and death’.

There is a rumor that you used Ramune candies as those pills in the MV. Is it true or has a real medicine been used?

Actually it aren’t ramune candies, although fans have said so.
What I really used is a secret.

Are there any other need to know stories about the MV of  void-はじまりの空?

I first wanted to say that this MV clearly has a different approach from my previous MV’s. Because I wear a white T-shirt and the outdoor shooting.
Also much more than my other MV’s the portrayal is based on emotions that everyone feels in their everyday life.

Your Free ONEMAN “PROMISE” will be held on April 6th. Please tell your enthusiasm about this live show and tell our readers why they should visit the live show.

Recently, we have seen an increase in the number of views of our YouTube and streaming platform channels, and we feel that there are still many listeners who have not seen our faces in real life.
That’s why we organized this free event as a way to make it a day where we can meet these people who have never come to our live shows before. Of course, the listeners who can’t see us face to face are important, but it is the greatest joy for a band member to receive support in person.  I believe that there is nothing better than a live concert in terms of the amount of enthusiasm received.

It’s also announced that there will be an after party after the show, what’s the reason why you will hold an afterparty?

As it is a one-man event, I wanted to create memories that are more intense than live performances with my fans, who have always been supporting me.

■ How can foreign fans support 薔薇の宮殿 by buying music and/or merchandise? 

You can listen to my music  worldwide through music distribution sites like
iTunes/Apple Music/Spotify/YouTube Music etc.

If you could play overseas someday, to which countries you hope to be invited to and why?

I feel there are people waiting for us in various European countries.
By all means, please invite us to your country if you can!.

How has corona affected you and did corona teach you something?

It was tough regarding the live shows, but it was a great boost for us to move forward!

Which song(s) would you recommend for people who don’t know 薔薇の宮殿 yet?

魔王Ⅰ~Ⅱ (Demon King I-II). Released in 2020, it is still one of the best songs.

You announced a new single for April, if possible please tell us something about how this single has been created and inspired.

That’s a bit of a mistake, as the band will unveil a new song at the live show on 6 April.
The song, which will not be released for a little while longer, is a ballad number inspired by the song “Chiriyuku kisetsu”’, which is also the title of the live performance that day.

What message or feeling do you hope your music conveys to your audience, and why is that important to you?

I want to make music that can comfort people in their suffering and pain.
Because that’s how I myself was saved by music.

How do you interact with your fans, and what role do they play in your music?

We interact with each other every Saturday through Twitcast.
The communication there gives us energy to do our best in our daily activities.
We also actively organise two-shot photo sessions at our live shows.

Looking back at your activity of the past years, is there anything you are proud of? If so, why so?

We have been able to work without bending our beliefs and have made it this far.
I would like you to hear how amazing the current “Palace of Roses” performs live.

What are your plans/goals for the future?

Near future -> We will release a new album.
Far future -> The first step is to get 10,000 people to listen to the album.

Please share a message to your fans and readers.

If you’ve read all the way to the end, thank you.
Did you want to get to know us a little more after reading this?
Music distribution, YouTube, free live shows… There are many ways to connect with us.
I also wish to touch the bottom your heart.