Interview with The Doggy Paddle

まず、バンドメンバーはどのようにして集まったのでしょうか。
それぞれの出会いについて教えてください。

(恵守)大学生の時、高校の同級生だった横道と僕で結成しました。最初のドラムスも高校の同級生、ベースは僕の大学の同級生でした。ドラムスの虎太朗は元々別のバンドをやっていて知り合ったのですが当時のメンバーが抜けた時「自分に叩かせて欲しい」とメールをくれました。以前から彼のプレイのファンだったので向こうから連絡をくれたことはとても嬉しかったです。ベースの慎太郎も出会いは別のバンド、しかもベーシストではなくギターボーカルをしていました。前のメンバーが抜けた後、彼の人柄が大好きだったこと、そして慎太郎を加えた4人ならもっと面白いことができると思いベーシストではありませんでしたがオファーをしました。

各メンバーの紹介をお願い致します。自分自身を表す一言をそれぞれお願い致します。

(恵守)ギター、ボーカルを担当しています恵守です。「ロックンロール」という言葉が大好きです。

(横道)ギター担当、横道です。「マイペース」です。

(村田)ベースの村田慎太郎です。見た目は「パーマ」です。

(中村)ドラムの中村です。虎太朗(コタロー)って呼ばれた方が好きです。「パワー」です。

なぜバンドマンになりたかったのでしょうか?
影響を受けた人や何か出来事はあったのでしょうか?

(恵守)高校生の時、先輩のステージを見て音楽をやろうと思いました。

(横道)恵守と完全に同じです。それまでの人生で趣味でもバンドをやろうなんて考えていませんでした。

(村田)隣の部屋の兄貴のステレオからBLANKEY JET CITYが流れてて、バンドってかっこいいと知ってしまったからです。

(中村)中学生の時に観たSHAKALABBITSです。音楽に携わる人の生き様に憧れていました。

The Doggy Paddleは長い期間活動されています。これまでの活動期間の中で色々な変化があったかと思いますが、実際にバンド活動においての転機はありましたか?

(恵守)今のメンバーになったことが1番の転機だと思います。

The Doggy Paddleのコンセプトはどのようなものでしょうか?また、The Doggy Paddleを一言でどのように説明しますか? そして、The Doggy Paddleというバンド名となった由来を教えてください。このバンド名にはどのような意味が込められていますか?

(恵守)コンセプトは一言で説明するのは難しいですが、何か別の音楽について語る時「The Doggy Paddleみたいな音楽だよ」と言われれば伝わるくらい自分達を確立していくことがコンセプトと言えるかも知れません。 バンド名の由来は音の響きが気に入ったのが一番です。直訳で「犬掻き」になると思うんですが、ジタバタもがきながらも前に進んで行こうって意味も込めています。

The Doggy Paddleの楽曲制作について、一番影響を受けたアーティストはありますか?

(恵守)たくさんのアーティストから色々な影響を受けているので一番は決められませんが、THE YELLOW MONKEYTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTからは特に影響を受けています。

(横道)初めて作曲活動をする前に、1番楽曲をコピーしたのはTRICERATOPSなので、影響は強いと思います。

(村田)
曲にベースをつけるというところではあまり思い浮かびません。むしろいろんなところから吸収しなくちゃなと思ってます。

(中村)
時によって違うので決められないっす、すみません。通して誰っていうのも考えないようにしてる。スタイルで言えば視覚的にも面白く、スカッとする音を出すドラマーが好きです。

The Doggy Paddleのサウンドはロックの要素も感じられます。このようなジャンルの音楽をやろうと思ったきっかけはありますか?

(恵守)バンドを始めた当時はオールドスクールなロックンロールやブルースを聴くのが特に好きだったので、そういったニュアンスを含みながらよりポップなメロディを乗せた音楽をやりたいと思ってきました。

(横道)初ライブをする前のことですが、僕はもともとブルースを基調にしたハードロックが好きだったし、恵守と同じ高校の軽音楽部に入っていたこともあり、恵守の好みも知ってはいました。だからこそ「あの二人がやったら、こういうバンドになるんだろうな」という予想を裏切りたくて、自分のルーツではない雰囲気の曲を作ったりしてみたのですが、全くかっこいい曲を作れなかったので、すぐに開き直ってロックバンドをやり始めました。今思えば、それは本当に意味のない意地でした。ただバンドが始まる前に気づけてよかったとは思います。

(村田)自分がドギーを知った時は礎はできていたと思っていて、入る前からかっこいいなと思ってました。もっとかっこよくなるように自分の要素を加えていきたいな。

(中村)基本攻めたいけど攻め続けるだけの人間でもないので、そう言った意味ではThe Doggy Paddleはバランス取れていて自分に合っていたのかもしれません。

The Doggy Paddleは素晴らしいロックのスタイルですね。最近では珍しい音です。 それでもThe Doggy Paddleは多くの若者に好かれているようです。 びっくりしました。 最近は、ほとんどの若者は異なるスタイルやサウンドを好みます。 これについてどう思いますか?この成功の理由がわかりますか?

(恵守)最近の若いバンドは皆とても演奏が上手だし楽曲もより複雑ですよね。世代を追うごとに音楽が進化していった一つの形だと思います。スタイルやサウンドは確かに違いますが、最近の音楽を聴くのは大好きです。ぼくらのやっている音楽は今のメインストリームではないと自覚していますが、世の中に色んな形の音楽が溢れていた方がハッピーだと思うので気にしてはいません。

(横道)僕個人としては、新しいほどいい、珍しければそれだけ価値が上がるとは思っていないです。逆もまたそうですが。ただ僕は10年前に好きだった曲のほとんどは今も変わらず好きだし、生まれる前から存在していた曲にも好きなものがたくさんある。一方でいわゆる最近はやっている楽曲にも好きなものがあるし、それはきっと10年後も好きだと思います。身も蓋もない話ですが、いいものはいいという考えです。

(村田)いいなと思ってもらえる理由はそれぞれだと思いますが、メロディや音が歌詞に乗っかってその人の核心みたいなところに触れることがあるからなんじゃないかなって思います。

新しい楽曲制作はどのようにして進められますか? またリスナーに受け取ってほしい楽曲に対する想いなどはありますか? そして、 リスナーに曲を通して伝えたいメッセージは何ですか?

(恵守)まずメロディから、ということが多いです。そこから皆んなで考えていきます。楽曲を通して伝えたいメッセージはありますが、それが100%僕の込めた感情でなくていいと思っています。同じ曲を聴いて悲しい曲と思う人も前向きな曲だと思う人もいてほしくて、聴いた人が一番心地よく感情が揺さぶられればいいなと思って曲を作っています。

(村田)歌詞にしても曲から感じられるイメージも聴いてくれる人によって違って、同じ曲でもその時の心情や景色で変わると思うので、1曲からいろんな想いになってもらえたらなと思います。

(中村)昔から言ってるんですけど、「この曲を聴くと、あの時を思い出す」ような誰かの人生に添い遂げる曲であれば嬉しいです。

「The Doggy Paddle」の音楽がユウタさんの声にパーフェクトです。彼の声は美しく痺れますね。真の完璧なバランスです。 どのようにして、ボーカリストの声に完璧な曲を作りますか?

(恵守)ありがとうございます(笑)自分ではもっともっと上手くなり続けていたいと思っています。自分の感情を込めたい部分を1番気持ちよく歌えるキーで作ることだと思います。

(村田)恵守のボーカルが魅力的だからこそそれに負けず劣らずでなくてはと思っていて、相乗効果でドギーとして魅力的なバンドになりたいと思ってます。

(中村)うーん、あまり意識したことないですね。やりたいことやらして貰ってます。

「 Kinema Rock ‘n’ Roll」と「highlight-EP」

アルバム「 Kinema Rock ‘n’ Roll」を2018年と「highlight-EP」を2019年にリリースしましたが。「 Kinema Rock ‘n’ Rollとhighlight-EP」を制作するにあたって苦労したことや、またここはスムーズに制作できたというところはありますか?また、これらの曲で、特に自慢できるポイントはありますか?

(村田)「Kinema Rock’n’Roll」はバンドとしても初めてのフルアルバムで曲数も多く、楽曲としてそれぞれ良くなるように、でもぶつかり合わず1枚のアルバムとしていいものにしたいという部分はよく考えました。それは曲全体としても自分のフレーズにしても。 「highlight-EP」はKinama~と違って曲数は少ないけど、ライブで盛り上がれるような曲を集めるというコンセプトがあったので、どれだけ音源に自分たちらしい熱量を込められるかということを思っていました。

アルバムとシングルやミニアルバムを制作するときとの違いはどこですか?

(恵守)曲数も変わるしフォーカスしたい部分も異なってくると思いますが、規格の違いというよりは同じミニアルバムでもその作品ごとに変わるといった感じだと思います。

(村田)単純に1つの作品を創るという部分では同じだと思っています。

(中村)ありません。心血注ぐのみ。

なぜ アルバム「 Kinema Rock ‘n’ Roll」とEP「highlight-EP t」というタイトルにしたのですか?

(恵守)僕は映画を観るのが好きなんですけど「Kinema Rock’n’Roll」という架空のシアターを作って、楽曲がそれぞれ上映されているタイトルのような、または1本の映画のあらゆる場面に流れるBGMのような。そういうイメージを持って聴いてもらいたいと思い、それを想起させるキーワードとしてこのタイトルをつけました。
「highlight-EP」はリードトラックである「向日性」からのインスピレーションが最も強いです。

(中村)「highlight-EP」は「これが俺たちのハイライトだぜ!」って意味もあった気が…諸説あり。

「highlight-EP 」のリリースにおいて、重要なメッセージはありますか?

(恵守)「highlight-EP」リリースまでの10年間の活動の集大成だと思っています。今までの全てのメンバーや出会った人達、良かったこと、悪かったこと。辿って来た道が少しでも違えば生まれなかった曲ばかりだと思います。あまり輝かしい道のりではありませんでしたが、それでも歩き続けてきたからこの作品を作ることができたと思います。

(横道)「ドギーパドルのライブを感じられるアルバム」となっています。素晴らしいと思ったら、ぜひライブハウスに遊びにほしい。きっと楽しんでいただけると思います。

(村田) 聴いてくれた人がいいなって思った部分がそのメッセージになると思います。

 「 Kinema Rock ‘n’ Roll」と「highlight-EP」のリリースに違いがありましたら教えてください。

(恵守)タイトルの由来でお話したように「Kinema Rock’n’Roll」はコンセプトアルバムでした。 物語に没入できるようなイメージです。

(横道)「highlight-EP」はアルバム制作前に、「ドギーパドルのライブを感じられるスタジオアルバムにしたい」というコンセプトがあったため、当時のセットリストの主力を収録しています。

(村田)リリースにあたっての違いはそんなに個人的にはなかったような気がします。 どちらも前作よりも、もっと良いものにって思いは共通してあったと思います。

「highlight-EP」の それぞれの歌詞のコンセプト教えてください。

(恵守)
「荒夜のWanderers」
長い夜の荒野を旅する一団がモチーフの歌です。 青い花が咲く丘を目指して延々と旅をしていますがそこに何があるのかは聞き手の皆さんがイメージして欲しいです。

「メロディが零れ落ちた」
「荒夜の〜」は何かを目指している曲でしたがこちらは何かから逃れる逃走劇のような歌詞になっています。

「secret late show」
コンセプトはシークレットです(笑)

「向日性」
光についての歌です。明るいものや希望としての光とは別の側面で歌詞を書いています。

「highlight-EP 」楽曲制作の中心になったメンバーの方はどなたでしょうか? それぞれの曲がどのように生まれどのように仕上がっていったか教えてもらえますか?

(横道)「secret late show」は僕が原曲を持ってきて、恵守に「歌詞はちょっとダサい感じにしてほしい」と伝えました。他の3曲は恵守が弾き語りで持ってきたものを、みんなで話し合って作りました。「向日性」は元々、メインのギターの音がいつものような歪んだ音だったのですが、エンジニアからのアドバイスもあり、クリーントーンを基調にしたサウンドに生まれ変わりました。

(村田)「向日性」は恵守がハンドマイクでやりたいと言って、いいね!って今の形になったよね。いろいろ最中ありましたが(笑)バンドとしては初のピンボーカルの曲ですね。

MUSIC VIDEOS

「向日性」MVは、放置されたままの空きビルの場所で撮影されています。なぜこの曲のためにこの場所を選んだのですか?

(恵守)この場所は退廃的な曲のイメージとぴったりでした。中盤以降の窓からの光の入り方も理想的です。

(村田)撮影してくれた監督側と恵守で主に探してくれて、行ったことはなかったんですが良さそう!ってことでお願いしたら、曲の雰囲気とも合った素敵な作品に仕上げてもらえました。2月で寒かった思い出があります。

どのMVを最初に見ることをお勧めしますか?

(恵守)最近のMVである「向日性」を是非見てほしいです。

(村田)「向日性」もだけど、「あなたに届け」も捨てがたい。撮影した時のことがよく思い出に残ってる作品です。

(中村)「向日性」です。綺麗ですよ。太陽とセッションできました。

VARIOUS QUESTIONS

ライブの選曲の方法は?セットリストはどうやって決めていますか?

(村田)この曲の流れで次はどうしようかとみんなで考えて、それぞれ出していや違うとなったり、そうそれだ!と決まることも多いですね。

(中村)あの場所だから、あの人のイベントだから、あいつに突き刺したいから、いろんな想いで全然演奏しなかった曲が入ることがあるんですよ。 それが面白いし、曲がいっぱいある我々の強みかもしれません。

作曲中、心に留めていることはありますか? ライブで演奏するのが楽しい曲を作るなど?

(恵守)作曲中もステージを意識することが多いです。

(横道)僕の役割は第一に、その楽曲の印象を決定づけるギターリフを考えることだと考えています。単純で短く、誰でもすぐに「あの曲のこのフレーズ」と、思い出してもらえるものを作るように心がけています。

(村田)いろいろあると思いますが、自分が好きだと思えるようにと考えます。当たり前かもしれませんが。

(中村)ドラムでいうと歌に寄り添うけど、”ただ歌に寄り添うだけ”は絶対にしたくないんです。 どこかにスパイスを入れたい。

ファンに1番人気の高い曲は何ですか?また何故その曲が人気あると思いますか?

(恵守)アップテンポな曲はライブで盛り上がってもらえますが、きっとそうじゃない曲を好きでいてくれる人もいると思います。なので1番人気のある曲がどれなのかはわかりませんが、以前再録してほしい曲のアンケートを取ったところ3rdミニアルバムから「Catcher in the Eye」が選ばれました。あまりライブでやらない曲なので昔の音源をちゃんと聴いてくれていたことがとても嬉しかったです。

(横道)好きな人の数が多いという意味ならば「あなたに届け」だと感じています。メロディのキャッチーさに加え、The Doggy Paddleの中でも極めてシンプルなメッセージが、多くの人の共感を得られているではないでしょうか。

SOLOのライブとバンドとのライブの間に違いはありますか?

(恵守)いつだってソロの方が緊張しています。

全国ツアーで一番楽しいことは何でしょうか?

(恵守)時間の許す限りその土地のランドマークを訪ねたり食べ物を食べたりすることです。夜に車を走らせて現地で仮眠、ライブを終えたらまたすぐに車に乗って帰路に、という形が多いので少ない時間でもその土地の空気をなるべく感じたいと思うし、それがツアーならではの楽しみです。

(横道)その土地の空気感の違いを感じられるのがおもしろいです。街並みとか物理的な話だけではなくて。うまく説明できるわけじゃないですが、その土地の人たちが好きなライブのスタイルの傾向なども、微妙に東京と異なっている気がします。あくまで優劣ではなく好みとして。あと僕は喫茶店が好きなので、その土地でお気に入りの喫茶店を見つけるのが楽しみです。

(村田)もちろん知らなかった土地で知らなかった人に出会えることは楽しい。それが音楽を通してなのでなおさら。あとは車で移動するので、メンバーとずっといることは面白いです。ツアーの移動中に話をするのはなぜか普段と話題や雰囲気が違ったりするので、面白いことが多いです。

(中村)ライブはもちろんとして、深夜の高速を4人で馬鹿話しながらぶっ飛ばしたり、みんなで一緒の音楽を聴いたりすることが好きです。機材車の空間ってバンドにとってすごい大事だなって思ってます。

何があなたを笑顔にしますか?

(恵守)ロックンロールです。

(横道)ライブです。

(村田)なんでしょうか。笑顔になるときは脳で考えていないのかもしれません。

(中村)イメージが形になった時。

今までの音楽活動の中で、一番貴重な出来事は何でしょうか?

(恵守)初めてCDショップに音源が並んだ時、大きな会場でライブができた時、活動していく上で何か新しいことを達成した時がバンドとして大きくなっていく貴重な出来事だと思います。

(横道)特定の出来事というより、バンドをしていたから出会えた人たちが、僕の人生の貴重な財産だと感じています。そういう意味では、バンドを組めたこと自体が1番貴重な出来事と言えなくもないかもしれないです。

(村田)音楽活動の中というならば、The Doggy Paddleで音楽をやることになったことです。

(中村)音楽やってなきゃ会えなかったであろう人に会えたことですかね。

バンド活動を続ける上で何が一番の難しさですか?

(恵守)脳味噌が複数あることだと思います。それは助けにもなりますが物事を複雑にします。 それが一番の難しさであり楽しさでもあると思います。

(横道)表現や美意識や生き方における正解が一人一人違うこと。それでもバンドにおいてのそれらは、ブレずに一つに統一しなきゃいけない

(村田)みんな人間がやっていることなので、いろんな温度を大切にすること。

(中村)常にかっこよくあり続けること、側から見てただのおっさん集団で終わらないこと。 これらは難しいというか、もし無くしちゃったら終わりだなと思うこと。 あとは全員が同じ船に乗っていて、同じ方角を見ていること。

あなたにとって「ロック(音楽)」の意味とは何でしょうか?

(恵守)最近「ロックンロール」とは何かをよく考えます。音楽の一つのジャンルとしての意味を超えて広く使われている言葉です。ぼくは何か選択を迫られたときによりロックだと思った方を選ぶ様にしています。自分の中のロックに従うんです。なのでロックンロールはある種の本能の様なものだと今は思っています。

(横道)言葉だけでは説明できない自己を表現する場。

(村田)ある人には不要なもの、ある人にはなくてはならないもの。自分にとっては魅力的な何かなんだろうなと思います。

(中村)考え中です。

今、コロナが大問題ですね、日常生活は今どのように進んでいますか、日本政府は人々に家にいることなどを求めてきたので

(恵守)ライブハウスも自粛要請を受けて休業中です。ライブができないことは残念ですが家から出なくても音楽を発信していく方法をバンド、ライブハウス、皆んなが模索しています。

(横道)人と会って話すことが自分にとって大事な時間だったのだと気付かされました。あとは自炊する機会が増えました。ライブができないことによって、これまでやったことのない「Remote Rock’n’Roll」のような取り組みができたのはバンドにとってプラスだと感じています。

(村田)今までの生活がどれほど自由だったかと思い知らされています。家にばっかりいるのももう飽きたなぁ。でも今みんな苦しいものね。またきっと元に戻れると思うので、この期間に感じたことを無駄にしないでもっと楽しい日常にしなくちゃと思ってます。

(中村)自分と向き合う時間が増えて頭が爆発しそうです。バンドって何だろうとか、ライブって何だろうとか。それこそ「ロック(音楽)」って何だろうとか。 収束してまた仲間やオーディエンスのみんなに会えるハッピーな日はもちろん待ち焦がれていますけど、いままで以上に本物のヤツらが求められるし、面白いヤツが生き残る時代になると思うんです。 いま僕らはライブが中止になってしまった日に「Remote Rock’n’Roll」と題して各々自宅で演奏し1曲のセッションが完成するという動画をアップロードしています。 こんな状況だからミュージシャンとして積極的に発信はしていきたいですし、いよいよライブハウスで音を出せる日が来た時には、ブランクがあったから情けない姿を見せる、なんてことがないように常にイメージをしています。僕の場合コロナが終わってもすぐステージには戻れないけど、とにかくインプットを増やしていく毎日を過ごしています。

2020年のThe Doggy Paddleの目標を教えてください

(恵守)もう間も無く2020年も半分が過ぎてしまいます。コロナウイルスの影響でたくさんのライブがキャンセルになってしまったのでまたライブができるような日常を取り戻したら残りの時間でしっかりと一年分のロックンロールを届けていきたいです。

(横道)残念ながらいくつも中止になってしまったライブがありましたが、代わりにその期間中にライブ以外で学んだ技術や経験も確実にあります。それをさらに高めて、残りの2020年にも表現として活かしたいです。

(村田)2020年は2020年で濃いものにしたいです。2021年にもっと大きい目標が立てられるように。

(中村)僕は僕の復帰、それを目指すのみ。

ファンに向けて、アーティストとしての信念や座右の銘があれば教えてください。

(恵守)皆さんも何か迷ったり困ったりするときは心の中のロックンロールに従ってみて下さい。

(横道)自分の信じる方向に進むこと。それにより生じた結果を、人のせいにせず真摯に受け止めること。ファンに向けてというより、こうなりたいという自戒としての意味が強いですが。

(村田)自分が楽しくなきゃみんなも楽しくない、みんなが楽しくなきゃ自分も楽しくない。

(中村)やるかやらないかならやる人生を選ぶ。

最後の質問になります。なぜThe Doggy Paddleを聴くべきだと思いますか? 他のバンドにはない個性はどこでしょうか? バンドの強みはどこですか?

(恵守)ぼくらは誰にもなれませんが他の誰もぼくらにはなれません。上位互換なんて言葉もありますが、どんどん先端を長く尖らせて行けば同じ人間は2人といないんです。なので自分をよりベストな自分に高めていくことがバンドの個性を高めて行くことになると思います。ぼくらの周りには個性的で素晴らしいバンドがたくさんいます。そういった仲間達と競い合いながら音楽をできることが強みと言えるかも知れません。

(横道)矛盾しているようなことを言いますが、1番は言葉で伝えきれない感情を表現している歌詞だと思います。本人はまだまだって言うだろうけど。その「言葉で伝えきれない」部分の残し方が絶妙なところがいい。恵守の作詞のスタンスとして、リスナーに想像させる余地を与えているのですが、それと同様に僕らも僕らなりに解釈して、サウンド面でもその世界を補完していくことで、「言葉で伝えきれない感情」を伝えられるバンドでありたいと思っています。 でないと日本人以外にいいと思ってもらえないバンドになってしまうから。今回は海外からのインタビューということで、サウンド面でもその世界を表現できているのかなと、少し自信になりました。

(村田)聴いてくれる人の耳を通して心に伝わる何かがあると思っています。毎日じゃないかもしれないけど、出会えて良かったと思える時間がきっと生まれると思っています。だから聴いてみてください。

(中村)噛めば噛むほど味が出て、掘れば掘るほど戻れなくなるバンドだと思います。

そして、The Doggy Paddleファンへのメッセージをどうぞ!

(恵守)いつもライブに来てくれる皆さま。あなた達のおかげでいつも次のステージに立つ勇気をもらえます。本当にありがとうございます。これからもロックンロールを

(横道)いつも応援してくれる皆様には大変感謝しています。いつになるかはわからないですが、必ず僕らはライブハウスに戻ってきます。その瞬間をみんなと共有したいです。だからどうかその時まで、元気でいてください。

(村田)またライブハウスで会いましょう。ライブハウスで会えなきゃあなたの家のスピーカーや日常の中のイヤホンを通して会いましょう。いつもどうもありがとうございます。ありがとう。

(中村)いつも我々の音楽を愛してくれてありがとうございます。大変な情勢ではございますが、また皆さんを踊らせれる日まで、どうかお身体にお気をつけてお過ごしくださいませ。 全国各地のライブハウスも、グッズや配信など、それぞれナイスアイデアを催して場所を守っています。僕も微力ながら参加をしていきますが、どうか皆さんも”推し箱”があれば参加してみてはいかがでしょう。またライブハウスで会いましょうね。

インタビューにご協力いただき、誠にありがとうございます。
今後益々のご活躍をお祈りします。ROCK’N’ROLL!!!!

OFFICIAL LINKS
https://twitter.com/TheDoggyPaddle
https://www.tunecore.co.jp/artist?id=128763#r593347
http://thedoggypaddle.jp/
https://twitter.com/emodoggyZ
https://twitter.com/rb606_kota
https://twitter.com/SIDEbyWAY
https://twitter.com/shin_66

Credits:
Question translations EN-> JP: Yasu, Ryu, RIORIO & vk.gy
Question translations JP-> EN: Ryu
Question help: Yasu, RIORIO & vk.gy