Interview with GE+IM

日本語訂正:RIO RIO & 珠城
English: Ryu / Grammar fix: Rena

SNS:
Official WebsiteWebstoreYoutubeTuneCoreTwitter
Twitter (Naoki) – Instagram (Naoki)

日本語ENGLISH

JROCK’N’ROLL初登場となりますので、自己紹介をお願い致します。

ソロプロジェクトGE+IMの直祈です。キミの主治医は僕です。よろしくお願いします。

GE+IMについてご紹介頂けますでしょうか?

人間は不完全であるからこそ美しく、醜く、儚く、強く、脆く、面白い存在であることを、改めて感じ合いながら患者さんと共に生きていく。GE+IMはそういった”存在”です。

テーマは「狂気の療法」。 ファン(患者)に提供しているいくつかの狂気の療法について説明して頂けますか?

何が起こるかわからない」。そんな張り詰めた空気の中で予定調和とは違った独自の治療を施していきます。唐突に劇薬・毒を投与したり、不治子(人形)を叩きつけたり引っ張り合ったり…

昨年のインタビューで、「海外ファン」が医者のコンセプトを受け入れるのは難しいとおっしゃいました。 どのような所で難しいと感じますか?

例えば和のコンセプトであれば和楽器の音、耽美系であればシンフォニックなサウンド、といったようなわかりやすさがあると思いますが、医療系はそこが明確ではありません。

そして「医師」というキャラクター性が強いからこそ深いところまで知ってもらうのが難しいところがあります。しかしながら深いところまで興味を持ってもらいたい僕としては、実際にライブで体感してもらうことをおすすめしていますが、現在は海外に行けるような状況ではないので難しいと思いました。音源やMVだけでも深く知りたいと思ってもらえたら嬉しい限りですが

コロナは、GE+IMの医者のコンセプトにも影響を与えたのでしょうか?もしそうなら、どのように影響を受けたか教えて頂けますか?

影響を受けていないと言ったら嘘になりますね。とても大きいと思います。活動すること自体が不謹慎ではないかと考えた時期もありました。しかしながら萎縮してしまって何も出来ないようになってしまうのは終わりを意味するので、続けるためにたくさん考えましたし、今も色々考えています。

GE+IMのライブの魅力はどこにあると思われますか?

圧倒的な独自の世界観(歌、パフォーマンス)、そして患者さんとの一体感だと思っています。

作詞や作曲する際はどんなところからインスピレーションを得ていますか?

感情や音から得ることが多いですが、趣味である映画鑑賞やアニメ鑑賞などで得ることもあります。

今年で7周年になりますね。長く活動を続けてこられた秘訣は何ですか?

僕自身がGE+IMをずっと好きでいられたことだと思います。皆さんに感謝します。まだまだ可能性も感じています。


===「おだいじに∞」===


4月にはニューシングル「おだいじに∞」をリリースされました。この曲のコンセプトとストーリーを教えて頂けますか?

精神的にはパンクですね。
何度も訪れるカルマの中で一筋の光を見つけた人間の狂気と葛藤、そして唯一の希望がテーマになっています。ストーリーはご想像にお任せします。

また、「おだいじに∞」のMVもリリースしました。 MVのコンセプトについて詳しく教えて頂けますか?

上記と同じで、狂気・葛藤・希望がテーマです。始まりと終わりを転生装置で表現しています。何度転生しても変わらない現実がある反面、内側で少しずつ変わっていく感覚だったり外側でも見えてくるものがあって、その内側と外側を表現しました。最後はすべてが一つになるのか、ならないのか。そこもご想像にお任せします。

GE+IM 「3ヵ月連続医師の日短独診療「XとYの集中治療」ツアーが終了しました。ライブでの一番の思い出は何でしょうか?

4月にリリースした「おだいじに∞」ですが、3ヵ月を通してファン(患者)の一体感が素晴らしくなっていたのが一番感動したところです。始めはみんな不安げでしたが、さすが患者さんと思いましたね。


10月に5日には1st Mini-Album「マーヴェリックの医学」をリリースします


「病院の怪談」のMVもリリースしました。 MVの撮影における裏話を話せる範囲で、MVのテーマやポイントについては詳しく教えて頂けますか?

真夏に空調設備がない廃病院で撮影をしました。ハードな撮影でしたが、その甲斐あってハイクオリティーな作品になりました。日本のホラーテイストのMVではありますが、しっかりと独自のテーマがあるので考察してもらえたら嬉しいです。

ポイントとしては「おだいじに∞」MVとリンクする【何度も訪れるカルマ】の中で別の終わりの形を表現しているところですね。

『マーヴェリックの医学』を リリースする作品を作るうえでの一番のインスピレーションは何でしたか?

知らない世界】というものに対して最初は抵抗がある方が多いと思うんですが、それを見たいという人も沢山いると思っています。怖いもの見たさってやつですね。その重い扉を開く音がインスピレーションとなって、昨年リリースした「壊レル君ノ劇薬13g」とはまた違った6つの妖しい光を放つ多面体のような作品が作りたいと思いました。【知らない世界】を知りたいという素敵なキミにぴったりの作品ではないでしょうか。

『マーヴェリックの医学』を リリースするにあたって、特に『意識したこと。』はなんでしたか?

7周年を迎えるにあたり、GE+IMらしさもしっかりとありながら、進化し続けるGE+IMの世界をみせたいという気持ちですね。


===その他===


■ 7周年単独回診「荒療治のすゝめ」が開催されます。ツアーに向けての意気込みをお願い致します。

昨年に続き、2回目のGE+IM単独回診となりますが前回以上に全力で楽しみたいです。
GE+IMの治療、そして新薬集「マーヴェリックの医学」の効力がより高まっていくのを見逃さないでほしいです。
ツアーファイナルの赤羽ReNY alphaに全患者さんと共に向かっていきたいと思います。

生きていて幸せを感じる瞬間はどんな時でしょうか?

GE+IMの診療中(ライブ中)です。あと美味しいものを食べているときです。カレーとか焼肉とか。

アーティストとしての信念や座右の銘があれば教えて頂けますか?

信念は”夢を与えることが出来なくなったらステージを降りる“です。

これからのGE+IMの活動で何か目標はありますか?

世界中に知ってもらうきっかけとなる新曲(新薬)を作ることです。いつか海外も行きたいです。

ファンと読者の皆様へメッセージをお願い致します。

応援してくれている方には感謝の気持ちで一杯です。楽しみにしていてください。
読者の皆様も最後まで読んでいただき有難うございました。



7周年単独回診「荒療治のすゝめ」
-2022年-
10月7日(金)今池GROW
10月8日(土)静岡SUNASH
10月23日(日)札幌Crazy Monkey
11月4日(金)心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL

【TOUR FINAL】
11月14日(月)赤羽ReNY alpha
http://geim-official.com/

2022年10月5日 新薬集 1st Mini Album処方開始「マーヴェリックの医学」
1.Tranquilizer
2.ビスクドール99針
3.病院の怪談
4.痙攣、または剥離
5.「右手にメス」を「左手に絶望」を(2022)
6.おだいじに∞
¥2,500(tax-in) [医薬品コード]GEIM-0006
■10/1より各配信サイトにて4新薬配信処方開始

Please introduce yourself to the readers of JROCK’N’ROLL.

Hello, nice to meet you, I am Naoki from the solo project GE+IM. I’m your personal physician.

Could you introduce GE+IM to us?

GE+IM is an “existence” that lives together with it’s patients(fans) by telling them that whenever humans are beautiful, ugly, ephemeral, fragile or strong, they are favorable “human beings“, because nobody is perfect and everyone has their own imperfections, which makes them all precious. 

GE_IM theme is “crazy/mad therapy.” Can you describe some of the insane remedies you offer to your patients(fans)?

You never know what’s going to happen‘. With such vague tense atmosphere, we will provide unique treatments, that’s different from the common treatments.  Such as suddenly administering a powerful harmful drug or poison or beating and/or pulling Fujiko’s (doll).

In an interview of yours last year, you mentioned that it’s difficult for “oversea fans” to accept the concept of a doctor. Why do you think it’s difficult for overseas fans to understand it?

For example: The “sound” concept is easy to understand, because of the sounds of instruments (such adding typical Japanese elements), or the symphonic sound for the aesthetic concept. But the medical field you can’t understand just by sound.
Also because my character as a “doctor” has a strong appearance, there are moments when it’s hard to feel and understand the atmosphere.
If you really are interested to understand my world the deepest, I recommend you to watch my live shows and experience the feeling. But since it’s difficult to come to Japan right now, I would be happy, if you would deeply study, watch and listen to my music videos and all music I release to feel the atmosphere of GE+IM.

Has corona affected the doctor’s concept of GE+IM?

I would be lying if I said that it didn’t affect me. It affected me a lot, but not music wise. There was a moment when I thought it would be inappropriate to be active. However, it would mean the end for GE+IM, as if I would be withering. So, I’ve thought a lot about if I should continue or not, I’m still thinking about my future a lot because of the impact corona has for bands.

What do you think is the appeal of the GE+IM liveshows?

It’s the overwhelmingly unique world view (songs and performance) and the sense of becoming one with my patients(fans).

Where do you get your inspiration for writing lyrics and music?

I often get inspiration from various emotions and sounds, but I also get inspiration from my hobbies, such as watching movies and anime.

It will be your 7th anniversary this year. What’s your secret to your long-term success?

I, myself, have been able to love GE+IM for such a long time. I’m also grateful for your love for me as well. So I still do feel the possibility to continue. 


===おだいじに∞(Odaijini∞)===


Your new single おだいじに∞(Odaijini∞) was released in April. Could you tell us the concept and story of this song?

The concept is mentally punk. The madness and struggle of a human being who finds a ray of light in the karma that comes again and again. So the theme is “only hope” can save you. The story I leave up to your own imagination. 

You also release a MV for おだいじに∞(Odaijini∞). Could you tell us a little bit more about the concept of the MV?

Same as above, the theme is madness, conflict and hope. 
On the other hand, there is a reality, that does not change no matter how many times you reincarnate. On the other hand, there is a sense of gradual change on the inside and things look different on the outside.
I’ll leave that to your own imagination as well.

GE+IM’s last tour has ended. What’s your best memory of this tour?

おだいじに∞(Odaijini∞) was released in April. And I was truly impressed by the wonderful sense of unity among my patients (fans) throughout the three months. In the beginning it felt as if a part of my audience felt uneasy, but after all everyone turned into my patient(fan). 


==Your 1st mini-album「MAVERICK no Igaku)」will be released this October==


The music video of 「病院の怪談(Byouin no kaidan)」 has been released. Could you tell us a little bit more about this MV?

We filmed this music video in an abandoned hospital with no aircon in the middle of the summer. It wasn’t an easy to shoot music video, but it turned out into a high-quality work. 
The music video has a Japanese horror movie taste with its own unique theme. So I would be happy if you would watch it.
Another point is that it expresses a different form of “Karma that comes again and again” which turns into a different kind of ending. With that it’s also linked to the “おだいじに∞(Odaijini∞)” music video. 

Your 1st mini-album “マーヴェリックの医学(MAVERICK no Igaku)”, will be released this October. What was your inspiration for creating this new release?

There are lots of humans who are initially resistant to discover an “unknown world“. But I also do believe that there are many people who are interested in discovering it. The “unknown” not knowing what’s going to happen, it’s that kind of thing that scares you, right?
The sound of “opening a heavy door” inspired me to create this work like a polyhedron with six-bewitching-lights. The whole atmosphere is different from our album “壊レタ僕ノ劇薬10g (KowaRETA Boku NO Gekiyaku 10g)” which was released last year.
Wouldn’t it be “マーヴェリックの医学(MAVERICK no Igaku)“, the perfect mini-album which makes you feel curious about the “Unknown world” behind and you wanna discover it by all means?

With releasing this mini album, were you particularly conscious of something?

As we approach our 7th anniversary, we want to show you the world of GE+IM, which continues to evolve, while still retaining the original essence of GE+IM.


===OTHER===


■ Your 7th anniversary ONE-MAN tour will be held this October and November. Please share your enthusiasm for this tour.

This will be our second ONE-MAN tour. I wish to enjoy this tour more than last year. 
Don’t miss the GE+IM treatments and don’t miss our new drug collection “マーヴェリックの医学(MAVERICK no Igaku)“, which makes us much more effective.  I would love to go with all our patients(fans) to “Akabane ReNY alha” to enjoy the tour final treatment together.

When do you feel happiest in your life? 

When GE+IM gives treatment during our lives. Also when I’m eating something delicious such as curry or Yakiniku.

Yakiniku (焼肉): Japanese dish of grilled meat similar to Korean barbecue

Do you have any mottoes or beliefs as an artist?

My belief is:Don’t leave the stage until you can’t give dreams to someone anymore“.

What are your future goals for GE+IM?

It’s to make new drugs(songs) that will be the trigger to be known all over the world. I also aim to go abroad someday.

Please give a message to your fans and readers.

I’m full of gratitude to those who always support me. Please look forward to my future activities. And thanks to everyone who read this interview until the end.



マーヴェリックの医学(MAVERICK no Igaku)
01.  Tranquilizer 
02.  ビスクドール99針 (Bisque Doll 99hari)
03.  病院の怪談 (Byouin no Kaidan)
04.  痙攣、または剥離 (Keiren, mata wa Hakuri)
05.「右手にメス」を「左手に絶望」を(2022)  (「Migite ni MESU」 wo 「Hidarite ni Zetsubou」 wo (2022) )
06. おだいじに∞ (Odaijini∞)
¥2,500(tax-in) 
Will be delivered to various digital shops from October 1st onwards.

Total page visits since 2022/09/11:256
Today page visits: 2
Total website visits since 2022/09/11: 118136