Interview with 黒曜日(Kuroyoubi) + NEWS

Interview by: RIO RIO & Ryu
日本語訂正:RIO RIO
English: Ryu / Grammar fix: Rena

SNS
TwitterYoutubeTunecoreWebsite 葉月(Hazuki)CRAY 

日本語ENGLISHプレスリリース 09/16NEWS 09/16

儚い黒、悲しい黒、艶やかな黒、暗闇の黒…そこに表現できるのは、ボーカル葉月の何色もの声と陰から浮かび上がるギターCRAY(クレイ)の音。
そして妖しい世界観のヴィジュアル。
《黒曜日____》
今、その扉が開かれる。その眼でその耳で体感せよ。


JROCK’N’ROLL初登場となりますので、黒曜日を始められたキッカケを教えて頂けますか?

もともと「VI‐ヴァイ‐」(以下VI)というバンドの活動をしており「VI」の曲をきっかけに今の事務所から誘いを受け諸々の条件を考慮した結果、心機一転バンドをやろうとなったのが「黒曜日」のきっかけになります。

■ 自分自身を、好きな漢字一文字で表すと? 

葉月:「水」でしょうか。
美しく流れる水もあり、淀んだ汚い水もある。
ないと生きられないものでもあり、それが殺すこともある
形を変えて、在る場所によって、生かすも殺すも、在り方次第っていう感じですね。

CRAY:

バンド名の由来と意味を教えて頂けますか?

わかりやすく印象に残る名前をつけるということから、複数の候補からピックアップして最終的に残った名前です。
黒曜日」という名前の由来は、日曜日から土曜日まで1週間に7つの違う曜日がありますが、
その中に「黒曜日」という幻覚を見てしまうような、特別な日になるような音楽をリスナーに届けたいと思い、このようなバンド名になりました。

楽曲制作において一番のインスピレーションはどのようなものですか?

葉月:突然頭の中に浮かぶ「黒曜日帝国」(もう一つの世界のようなもの)の映像をメロディに置き換える。そんな感じです。

CRAY:何気なくギターを弾いていて、身体の内が熱くなる高揚感を感じた時です。

■ 曲作りで大切にしていることは何ですか?

葉月:その曲を聴いて、どのような景色が見えるかを重視しています。

CRAY:自分の個性を入れる事。
どんな曲調でも、個性が入らないと数多の曲の中のつまらない部類に入ってしまうと考えています。

歌ってみた動画五本について。選曲理由等お聞かせください。

まず歌ってみたについてですが、「黒曜日」活動前に沢山の方に「黒曜日」知っていただくためのコンテンツとして始めました。
「黒曜日」とは違う角度からの切り口で、歌を沢山の人に知っていただきたいと進めたのが始まりです。

酔いどれ知らずは事務所から提案してもらい配信に至りました。
「歌ってみた」に関して、葉月もCRAYも初めての事で「歌ってみた」の制作手順に悩みました。
試行錯誤して出していったのが、千本桜」「天ノ弱 164 feat.GUMIとなり、
歌ってみたを制作していく過程で見えてきた「葉月の特性を生かせる曲を」と進めたのがヴィラン」「アイデンティティになります。

沢山の方に聞いて頂くためにも、これからもクオリティを上げて制作していく予定となっております。
リスナーさんからの要望の多かった既存バンド様のカバー作品も投稿予定となっており、チャンネル運営自体がリスナーさんと共に作っていくチャンネルという位置づけになります。
今後どのようなチャンネルになっていくのかは我々も楽しみにしています。

8/19公開の『深紅アクアリウム』のMVについて。
曲の解説、また撮影においてのエピソードをお願い致します

曲について、
培ってきたジャンルを元に作り進めるうちに前衛的な、退廃美をテーマとするバンドの世界観に沿う曲が完成しました。細かい解説をしてしまうと「聴き手各々の世界観」を壊しかねないので、リスナーさんの状況や、受け取り方で変化していく世界。そこにどんな幻覚が見えるのか─感じるままに曲を聴いていただきたいです。
リスナーさん個人個人に各々の世界があるように、この曲の世界を夫々が映し出し、楽しんで欲しいと思います。
現実を懸命に生きていく中で、現実離れした世界へ逃亡する懸け橋を与えたい。そう思います。

撮影について
自分の曲のイメージを中心に、こういうシーンを撮りたいなど決めさせて進めさせていただきました。
撮影の最中でも撮影プロデューサーさんとカメラさんに「(事前打ち合わせにはない)このようなシーンを撮りたい」と都度会議が行われ、沢山のアイデアを話していき「こういうシーンを追加してみよう」など、クリエイティブに撮影を進めることが出来ました。
自分達の思っている以上の、世界観とクオリティが化学反応のように生み出されたと感じており、想像以上の作品になったと驚いています。

衣装、メイクを活用した奇抜な見た目も世界観としては大切になる所ですが、我々の意思を綿密に伝え、細かく作り込んでいただき仕上がったものです。
今回、多岐にわたり「どのように伝えれば伝わるのか」苦労しましたが、「いいものを作る」という気持ちは現場の全員に確実にありました。
お陰様で皆でこだわり抜くことが出来、力を合わせた結果として現時点で出せる最高の自信作となりました。

ギター構成について
作曲者である葉月が考えたのを元に、響きと二本のギターの絡みをCRAYが少し加えました。

黒曜日が一丸となり、素晴らしい楽曲になったと感じています。

あなたにとって「音楽」とはどういう意味ですか?

葉月:幻覚剤、着火剤

CRAY:人生かけるだけの価値あるもの。

一緒に曲を録音したいアーティスト誰でしょうか?その理由も合わせて教えて頂けますか?。

葉月:CRAYです。これからも切磋琢磨してやっていきたいと考えています。

CRAY:いないです。納得行くまで録音と編集をするので1人が望ましいです。

どんな時に笑顔になりますか?

葉月:曲のミックスが神がかっていた時。神がかったかわいい猫を見たとき。

CRAY:曲を弾けるようになった時とか、素晴らしい演奏を観た時です。

英語や他の外国語を話すことは出来ますか?

葉月: 英語は片言で。 翻訳サイトと一緒に、A little、、、

CRAY:I can only speak Japanese.

■ 黒曜日の将来の目標は何ですか?

葉月:現時点ではYouTubeでの活動がメインになるので、チャンネル登録者数100万人、一つの動画の再生回数100万回突破したいです。

CRAY:遠い未来は解らないですが、近い未来ではライブもやりたいです。リスナーさんの要望次第なので、見てみたい人はどんどんリクエストしてください。

■ 最後にファンと読者の皆様へメッセージをお願い致します!

葉月:これからも楽しんでいただけるような曲を配信していきたいので、応援よろしくお願いします。

CRAY:黒曜日の曲を世界中の人達に届くように!

黒曜日(Kuroyoubi) a mysterious visual which expresses their music in various colors, deep into the darkest black color. Let’s find out which colors are hidden behind their blackness.


Please introduce yourself to the readers of JROCK’N’ROLL.

Originally we were active as a band called “VI“. Our current label invited us to join them after listening to the music of “VI“. After considering various matters, we decided to start with a brand new fresh start, which was the “trigger” to start “黒曜日(Kuroyoubi)“.

(Their twitter and website are still active, so be sure to check it out as well)

What’s your favourite Kanji character?

Hazuki: I guess it’s “水(mizu/water)”
There is water that flows beautifully, some water is stagnant and there is also dirty water. It’s something you can’t live without, but it also can kill you.
Depending on where it is, it can change its shape. It can make you able to live, but it also can kill you. It all depends on how you want to and how you use it.

CRAY: 練(Neri) [→meaning]

Could you tell us the origin and the meaning of the band name?

We wanted to have an easy-to-understand and memorable name and this one was the best choice out of all candidates we came up with.
The origin of the name “黒曜日(Kuroyoubi)” comes from the seven different days of the week, from Sunday to Saturday.
It’s like an Illusion of “黒曜日(Kuroyoubi)(Black Day)“. By releasing our music we want to give our listeners special days and so we named our band. 

What’s your biggest inspiration for making music?

Hazuki: By shaping the image of “Kuroyoubi + Empire” (something like another world) with a melody which plops in my mind. That’s how it goes.

CRAY: It happens when I’m casually playing my guitar and feel an uplifting sensation of heat inside my body.

What do you value most when making music?

Hazuki: I am focusing on what kind of scenery I can see and feel when I listen to the song.

CRAY: Putting my own personality inside. No matter what kind of melody it is, if it doesn’t have any of your own personality inside it, the song will belong to the “boring” category with many other songs with no personality. 

Let’s talk about the 5 songs you sang. Please tell us why you decided to sing those songs.

First of all, we started Kuroyoubi as a “歌ってみた(Utattemita)” duo. Because we wanted that people would discover us before we started our activities for that reason we also started from a different angle than “Kuroyoubi” will be in the future.  

酔いどれ知らず(Yoidore-shirazu)」 was proposed by our label. We never created a  “歌ってみた(Utattemita)” before, it was first time for both of us to create such a type of song. So we both were a bit worried about how to produce a “Utattemita” song. Through checking things out how it works and what fits us the best we produced the songs we released as “Utattemita” so far. First we released 「千本桜 (Senbonsakura)」 and 「天ノ弱(Ten no Jaku) 164 feat.GUMI」, both songs teached us a lot. With the improvement we also searched for songs that would express Hazuki’s own characteristics which made us to choose to cover 「ヴィラン」 & 「アイデンティティ(Identity)」. 

To gain more people to listen to our songs, we plan to continue to raise the quality. We are also planning to post covers from existing bands which are requested by many of our listeners. We aim to fill up our channel as something created together with our listeners. We are also looking forward to see what kind of channel we can turn it into together.


“歌ってみた(Utattemita)” (It’s a different word for “cover”. And it’s a safe way to publish cover songs without a copyright strike to youtube and niconicodouga): More info here (In Japanese)


You released your first MV 『深紅アクアリウム』 on August 19th. Could you tell us more about this song?

Songwise:
As we proceeded with the creation of the song based on the genres we had acquired, we completed the song in line with our worldview, which is based on the theme of avant-garde and decadent beauty.
If we were to give a detailed explanation, it might be to “destroy our listener’s view of the world“. We would like to describe a world that changes depending on the listener’s situation and the way he or she perceives it. 
We would like you to listen to the songs as you feel them, and see what kind of illusions you can see and feel there.
Just as each listener has his or her own world, we hope that each of you will reflect the world of this song and enjoy it.
We want to provide a bridge to escape to a world that is far from reality while doing our best in reality.

Shooting:
Firstly we decided together what kind of scenes we wanted to shoot with the focus of the image of our song. During the shoot, our producer and cameraman also shared their own ideas with us, which gave us the opportunity to creatively proceed with the shooting, such as “Let’s add this kind of scene as well“. Afterwards we felt surprised that the MV turned out much better than we had imagined. The world view and the quality of the MV were created like a chemical reaction.

Costumes:
The eccentric look of the costumes and makeup was also an important part of our worldview. We were able to communicate our desires and the result of it can be seen wonderfully. 
We struggled only a little bit on how we could convey our message also to the audience, but everyone around us helped us and had the desire to create an amazing appearance. 
So thanks to everyone’s efforts, we were able to stick to our view and we could create it with all our confidence.

Guitar Composition: 
Based on the composer, Hazuki’s idea, CRAY added some emotion and entanglement of two guitars.
Because of that all we feel that we created for 黒曜日(Kuroyoubi) a wonderful song together. 

Is there any artist you would like to record a song with?

Hazuki: I only need CRAY. I hope to continue our friendly competition together with him.

CRAY: No one. I only need Hazuki, because we will record and edit any song until we are both satisfied. 

At what moments do you smile?

Hazuki: When a song is divinely mixed. When I see a divinely cute cat.

CRAY: The moment when I mastered how to play a new song. Also when I see a great live show it makes me smile.

Can you speak English or other foreign languages?

Hazuki: I can speak English in broken words. Together with a translation site, I can speak it a little…

CRAY: I can only speak Japanese.

What are the future goals for 黒曜日(Kuroyoubi)? 

Hazuki: AT the moment, our main activities are on YouTube, so I wish to reach 1 million subscribers and 1 million views for one video.

CRAY: Not for the very far future, but I would like to do a liveshow in the near future. But that depends our listener’s requests, so if you wanna see us on stage, please keep telling us!

Please give a message to your fans and readers.

Hazuki: I would like to continue to release songs that people can enjoy, so please continue to support us.

CRAY: I’ll reach all people over the world with the songs of 黒曜日(Kuroyoubi)!

TEXT: 株式会社ワンコネクト

前衛的な退廃美がテーマ!ヴィジュアル系新時代を象徴するバンド「黒曜日」が新曲『深紅アクアリウム』の配信を開始、妖しく美しく力強いボーカルでMVも好調

“帝国”を連想させるような、激しさと美しさが共鳴する旋律がリスナーを魅了し、配信に先駆けてYouTubeで公開したミュージックビデオは、2週間足らずで2万回以上再生されました。今後は、『深紅アクアリウム』を含む6曲入りミニアルバム『黒ノ断片』の配信も予定しています。

株式会社ワンコネクトは2022年9月16日(金)、プロデュースするヴィジュアル系バンド「黒曜日」(KUROYOUBI)の新曲『深紅アクアリウム』の配信を、日本最大規模を誇るインディペンデントアーティスト・レーベルのための音楽配信流通サービス TuneCore(チューンコア)にてスタートすることをお知らせします。

▼ 『深紅アクアリウム』配信ページ
TuneCore(チューンコア)

▼黒曜日|深紅アクアリウム MUSIC CLIP

『深紅アクアリウム』のスタイルは、前衛音楽をベースに仕上げられたポピュラーミュジック。退廃美を礎とし、“帝国”を連想してしまうような旋律をボーカルの葉月が妖しく美しく、そして力強く歌い上げている意欲作です。

■先駆けて公開したミュージックビデオは、2週間足らずで2万回以上再生

『深紅アクアリウム』はまず、2022年8月19日(金)にミュージックビデオをYouTubeで公開。激しさと美しさが共鳴しているなどと反響を呼び、2週間足らずで2万回以上再生されています。

さらに、ひとりでも多くの方に聞いてもらいたいと、9月16日(金)よりデジタル音源としての配信も始めることといたしました。
YoutubeMusicをはじめ、サブスクリプションを含む多くのサービスで同時配信開始となります。

9月30日(金)には、『深紅アクアリウム』を含む6曲入りミニアルバム『黒ノ断片』の配信も予定。近年のヴィジュアル系バンドには見られないタイプの、独自の魅力に満ちた楽曲の数々をお届けします。

■前衛音楽をベースに仕上げたポピュラーミュジック、“帝国”を連想させるような旋律も魅力

黒曜日は、ボーカルの葉月とギターのCRAY(クレイ)から成るヴィジュアル系バンドです。ラウド、クラシック、ヴィジュアル、現代音楽、J-POPなど多様なジャンルを巧みに融合。奇抜なヴィジュアルもあいまって、はかなくも美しい世界観を構築することに成功しました。

【黒曜日について】
▼黒曜日|公式WEBサイト
https://one-c.info/black/

▼黒曜日|公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCDMgkXuoO8nWLYwSy3UF_wg

▼黒曜日|公式Twitter
https://twitter.com/BD_Official_T

TEXT: Ryu

黒曜日(KUROYOUBI)’s theme is avant-garde decadent beauty!

Meet 黒曜日(KUROYOUBI), the band that symbolizes the new era of Visual Kei!
They have started to distribute their two new songs 深紅アクアリウム(Shinku Aquarium) and ACID.

The MV of 深紅アクアリウム(Shinku AQUARIUM) is popular on YouTube because of it’s beautiful mysteriously sound and powerful vocals.
The melody resonating with intensity and beauty and the reminiscent of “empire”. Which fascinated it’s listeners who viewed the video on YouTube.
Until today the MV is watched more than 20,000 times in just lesser than two weeks.

On Friday 16 September “One Connect Co., Ltd.“(Japan’s biggest independent artist label) started to distributed their song 深紅アクアリウム(Shinku Aquarium) on TuneCore as well they released a brand new song named “ACID“. You can purchase and stream the songs on various digital platforms, so be sure to check it out!

At the end of this month on September 30rd, 黒曜日(KUROYOUBI) will release their 1st mini-album 黒ノ断片(Kuro NO Danpen) which contains 6 songs including 深紅アクアリウム (Shinku Aquarium).

This mini-album will bring you into a world full of unique charms and feelings you didn’t feel or saw in the recent years of Visual Kei music!

黒曜日(KUROYOUBI) music is based on avant-garde music, with a melody reminiscent of “empire“.

黒曜日(KUROYOUBI) is a visual Kei duo band of vocalist Hazuki(葉月) and Guitarist CRAY. Both skillfully blend diverse genres such as Rock and metal, classical, visual, Western and JPOP together, combined with an eccentric visual appearance. With all that combined they successfully created a fragile yet unique and beautiful worldview.

SNS
TwitterYoutubeWebsiteTuneCore 葉月(Hazuki)CRAY 

Total page visits since 2022/09/11:1241
Today page visits: 1
Total website visits since 2022/09/11: 117991