Interview with Generich.

Due unseen work-circumstances, Ryu is loaded with other work activates at weekends as well. For that reason we’re currently looking for someone who can translate this interview into English as soon as possible, please contact us if you are interested translating this interview into English.

Interview: Tamaki Yuu (JRNR staff)

《Generich.》 SNS
TwitterWebshopInstagramYoutube
《一真》Twitter
《泰》TwitterInstagram

Generich.様、インタビューの機会をいただき有難う御座います!

・これまでの活動歴を踏まえた自己紹介をお願いします。

《一真》Generich.の一真(かずま)です。色々役割はありますが主にギタリストとメインコンポーザーという立ち位置です。宜しくお願い致します。
実は自分には特筆するような活動歴は無いんですよね。00年代に仙台で活動していたヴィジュアル系バンドに在籍はしていましたが自身の活動期間としては半年ほどでしたし、その後は完全に音楽活動をストップしていましたので…
様々な縁があり、2021年5月から本格的に音楽活動を再開する事になりました。ですが22年のブランクは大きく、分からない事だらけ…苦戦しています。ほぼ新人と変わりませんね!

《泰》ボーカルの泰(やす)です。宜しくお願いします。
作詞作曲アレンジの他、ミックス・マスタリングエンジニアみたいな事もたまにやってます。
活動歴としては2014年に4年半やっていたバンドを畳んで、2015〜2016年にNILSTAREと言うユニットで2曲発表して以降、封印されし者となってました。
カフェ巡りが好きな闇属性です。

・Generich.結成の経緯についてお聞かせください。

《一真》自身の音楽活動再開にあたり、ソロともバンドとも違う活動形態を考えていて。「生命」をコンセプトに、生きる物の永遠のテーマである「生と死」を題材とした楽曲をメインに、その楽曲の性質に合わせて色々なボーカリストをゲストで呼ぶ形のユニットとして構想を練っていました。更に楽曲とリンクするアート要素も加えて唯一な世界観と活動形態を構築しようと考えたんです。それがGenerich.の始まりですね。泰の事は当初1st EPのゲストボーカルとして誘ったんですが、このまま一緒に作品を作りたいという想いが重なり、結果的に2人組のユニットとして活動を正式にスタートする運びとなりました。

《泰》Twitterでふわっと「何か一緒にやれたら良いですね〜」のやりとりが始まりと言うかフラグと言うか…
それから1年位経ってからかな?一真さんからお誘いの連絡を受け1st EPに参加する事になり、そのままじゃあって流れですね。
ブランクのある期間、僕も何かまた新たな音楽活動がしたいとモヤモヤしていたタイミングだったので即答でオッケーでした(笑)

・お互いの第一印象はどんな感じでしたか?

《一真》楽曲やボーカルスタイル、外見などからはクールでダークな印象を持っていましたね。暗くて大人しい子なんだろうなと勝手にイメージしていたのですが、実際に話してみると気さくでノリが良くて驚きました。まさにギャップ萌えですね。

《泰》いや、暗くて大人しいは間違っていない。
一真さんの第一印象は…Generich.を始める前のemonchhichi名義の作品を先に聴いていたのでセンスある人だなーと。
あと、バイタリティ高いのとコミュ力オバケ。

・お二人が影響を受けた音楽を教えて頂けますか?

《一真》好きな音楽ジャンルで言えばJPOP、ヴィジュアル系、ポストハードコア、スクリーモ、ピアノエモなどですね。そこから少なからず影響を受けていると思います。学生時代から主に聴いていたのはMr.Children、GLAY、LUNA SEA、BUCK-TICK、La’cryma Christi、Laputa、Yngwie、MICHAEL、Skid Row、Radiohead etc…挙げればキリが無いですね!その辺りがルーツだと思います。

《泰》MALICE MIZERが原点であり頂点なんですが、ルーツとしては90年代ヴィジュアル系がバックボーンに根強くあります。それとゲーム音楽(FFやゼルダ)だったりジブリ音楽(久石譲さん)の影響とかが強いのかもしれません。
他に歌謡曲やクラシック・メタル・エレクトロニカ・アンビエント・アニソン等々…
幅広くアンテナを張ってるので、ジャンル関係なく良いと思った音楽からは常に影響受けてますね。カオスです。

・お二人とも作詞をされていて、繊細な想いを表現される力が素晴らしいと感じています。そのバックグラウンドにある影響を受けた本等があれば教えて下さい。

《一真》学生の頃は好んで小説を読んでいましたね。映画の原作や時代劇ものが多かったかなと。将来、本に携わる仕事がしたいなと考えていた位でしたね。後は漫画かな。「うしおととら」「ベルセルク」辺りは人生のバイブルです。歌詞を物語として書く事が多いのですが非日常的、空想的なものはアニメや漫画からの影響は大きいと思いますね!

《泰》僕は逆に活字が苦手なので小説とかは全く読んでません。
漫画は読むけど、影響を受けた本ってなると特に無いんですよね…
アニメやゲームからのインスピレーションは大いにあるかも。
歌詞の方向性や内容は曲が呼び寄せるので、後はそこに合った言葉を探す旅に出ます。

・最初に触れた楽器は何でしたか?

《一真》え、なんでしょうね?縦笛かピアニカ、カスタネットなどではないでしょうか?大概皆さん一緒だと思います…という冗談はさておき、バンドマンとしては勿論ギターですよ!家にあったクラシックギターと友達から買った安価のエレキギターが最初に触れたギターでした。そこから色々買い揃えましたね。ドラムもほんの少しなら叩けますよ。

《泰》家にあった電子ピアノ…小学生の頃から好きなゲームの曲のメロディーを耳コピしながら弾いて遊んでました。
その後にギターだったかな?
姉の友人から譲ってもらったEpiphoneの白いレスポールカスタム。重かったなぁ。
Marshallのアンプに繋いで初めて音を出した時の感動は忘れない。

・遠距離で活動を共にされていますが(Vo.泰さんが熊本。Gt.一真さんが宮城在住)そこでメリットを感じる部分はどこでしょうか?

《一真》ライブを演らない(やれない)事がメリットです。スケジュールに縛られにくいのでマイペースに活動を続ける事が出来るのと、音源制作に集中出来る事ですかね。ライブでは再現が難しい様なアレンジも制限無く出来るので楽しく楽曲制作が出来ています。遠距離ですが不憫さを感じた事も無いですね。

《泰》距離がある分「個」として余裕がある所。
変な例えかもしれないけど、得体の知れない所。
制作の面では納期を除いては自由度が高いので、特殊なスタンスですがやり易いです。

・曲作りで大切にしていることは何ですか?

《一真》Generich.においては「泰のアイディアをどんどん取り入れる」事ですね。自分の物差しだけでスケールを小さくしたくないので柔軟に意見を取り入れる事を心掛けています。自分のポリシーや趣味嗜好では無かったとしてもまずは試す。ではないと2人でやっている意味も理由も無くなるので。何より泰のセンスを信じています。ソロは勿論、好き勝手しますけどね。

《泰》一真さんの曲では自分の色を織り混ぜつつ、曲そのものが持つ魅力をブラッシュアップする事ですかね。
全体的に聴いた時のバランス、音のコーディネートやレイアウトが美しいかどうかは凄く意識します。
自分の曲は描いてるイメージをどこまで具現化できるか、に尽きますね。

・Generich.で特に思い入れの強い曲を理由と共に教えて頂けますか?

《一真》「Journey」ですね。この曲が出来たからこそGenerich.を始める事が出来たので。メロディックかつポップで親しみやすく、老若男女に愛されるような楽曲だと思います。歌詞の内容からも分かりますが、親しかった亡き人達に宛てた音楽の手紙、として制作しました。全ての始まりと終わりを感じる事が出来る、尊く美しい物語ですね。

《泰》「Journey」と言いたい所ですが「Mother」で!
僕がこの曲からアレンジ含め一から絡み始めたので、ある意味もう一つの始まり。
制作過程が中々大変だったのもあるし、その中で得るものが沢山ありました。

・2ndEP「MOTHER」について。
緻密に練り上げられた楽曲と美しい世界観でかなりの反響を呼びました。
それぞれの楽曲の解説をお願い致します。


M1.Mother
《一真》「羊水の海を漂流する胎児」というコンセプトで制作した楽曲です。1st EP収録の「Drifter」というインスト曲があるのですが、そちらの続編という形で書き下ろしました。
ダークな歌詞に合わせて自分なりに妖しくカッコいい曲を想像したらこうなりましたね。ポップで親しみやすい「Journey」とは一味違う魅力があると思います。

《泰》この曲デモの段階ではシンプルだったんですが、深く沈み込む様なデカダンスをエッセンスにドラマティックなアレンジを加えて、壮大なスケールながらコンパクトな仕上がりになりました。
同じバッキングセクションが出てこない特殊な構成になってますが、ギュッとしてるので聴き易いと思います。
歪と美。二人の化学反応が起こった曲ですね。

M2.NaiaS
《一真》「Mother」とは対照的に、単純なコード(ほぼAmとDmのみで構成)で淡々と進行する事でアンニュイ感がより際立つ楽曲ですね。シタールや民族楽器を要所にアクセントで入れながら異国チックにまとめましたが、バッキングギターをあえてポップなアレンジにした事で、オリジナリティ溢れる一曲に仕上がったと思います。こういう楽曲を作らせたら宇宙一だと自負しています。まさに「一真節」ですね。

《泰》ストレートでありつつ、さり気なく変化球が盛り込まれた独特な空気感のある曲かなーと。
タイトルの「NaiaS」(ナーイアス)と言うのはギリシャ神話の川や泉に存在する妖精の事で、そこの水を飲むと病が治る(歌詞中では願いが叶う意味合い)と言う伝承があり、その代償に己の身に災いが降り掛かる。
愛しい人の「死」を受け入れられず禁断の力「再生」を求める物語。
例えそれが心を持たなくともお前は愛せるか?と言う曲です。
死と再生と言うテーマの部分ではコンピレーションアルバムに収録されてる「GAIA」に通づる部分がありますね。
因みにNとSが大文字になっているのはコンパスの方角を意味してて、間のaiaも縦に並べたら針みたいになるので「MOTHER」のジャケットデザインに瞳の中のコンパスって感じで表現してます。

・6月30日にコンピレーションアルバム「SYNERGY-resonant-」がリリースされました。
各アーティストの魅力が詰まったこのアルバムを作成しようと思ったキッカケは何でしたか?


《一真》制作のきっかけは後輩の何気ない一言でした。電話で話をしていた時に会話の流れで「何か皆んなで面白い事やりたいですねー、一真さん企画お願いします!」と言われまして。面白そうだなと。そこからコンピレーションアルバムを作る流れになりました。以前から他アーティストとのスプリット音源の制作なども構想していたので、それが叶う良い機会になりました。

《泰》ずっと前から個人的に常々こう言う企画はやりたいって思ってて、Generich.ならできるんじゃないかと一真さんに案を出した所、丁度同じ事を企てていたと(笑)
タイミングが合致した流れですね。

・どんな思いを込めて「SYNERGY-resonant」と言うタイトルにされたのでしょうか?

《一真》泰が「SYNERGY」「resonant」というワードをチョイスしていて。それを並べてみました。想いは泰から説明を!

《泰》参加して頂く皆さんにとって良き相乗効果のある意味が良いなって思ってて、幾つか案はあったんですが…
シンプルにそのまま「SYNERGY」になりました。
Generich.を好きで聴いてくれた人が、このアーティスト・バンド今まで知らなかったけど「お、好み!」「もっと知りたい!」みたいに感じてくれたらめちゃめちゃ嬉しい。
逆も然りで、主催のGenerich.は知らんけど…「ふーん、ええやん?」みたいに思ってもらえたらもっと嬉しい(笑)
中々交わる機会のない層のリスナーさんの元に届けられるのがオムニバスやコンピレーションアルバムの強みですね。

・集まった各アーティストの曲を聴かれてどのような印象を持たれましたか?

《一真》参加アーティストからお預かりした楽曲を聴いてすぐに「これはとんでもないコンピレーションCDになる」と確信しました。見事にタイプの違う楽曲が集まったので通して聴いていて楽しかったですね。聴いて下さった方は皆さん同じ印象だと思います。一枚のアルバムとして成立した素晴らしいコンピレーションアルバムです。

《泰》偉そうに言う訳ではありませんが…軸・芯がきちんとあるアーティスト・バンドさんばかりだなぁと。
それぞれが確固たる色や輝きを持っている。
色んな人が聴いても新しい「好き」が見つかるコンピレーションアルバムになったのではないかと思います。
因みに春月さんの「朝霧」と人外商店 feat.巡神 蓮さんの「縁」は僕が作曲等してます。

・今後の活動予定について教えてください。

《一真》Generich.は第3のフェーズに入っていきます。構想は完成しているので楽曲制作とコンセプトアート制作を少しづつ進めています。また、個人としてはソロ活動やアーティストへの楽曲提供なども行っていますので力を入れていきたいですね。コンピ第二弾も制作を開始しています。今後の展開も楽しみにしていて下さい。

《泰》先の先まで既に決まってる動きに向けてスタートしてます。
個人的な活動だと何かやるかもしれないしやらないかもしれない…と言った所ですね!なんせ気まぐれなので…
一先ずはGenerich.コンピ第二弾の制作に入っているので楽しみにしといてもらえたらなと。