Interview with Kaoru (UDF)

日本語ENGLISHPHOTO

さんは音楽シーンで長いキャリアを持つビジュアルソロアーティストです。注目すべき活動として馨さんはバンドSICthでリードボーカルも務められていました(現在活休中)。最近はソロプロジェクト「UNKNOWN DEAR FOREST」に注力。最初のリリースは、巨大なビジュアルシーンの代表である「キサキ」(ex-Mirage, Phantasmagoria) によって制作されました。


馨さんの世界観について詳しく教えていただけますか?


荒れた道で惹き込まれる物をみつけながら歩んでいると思います。それを音や言葉に当てはめてその時に自然と出る声で歌って世界観が出来る。世界の様子を言葉で表すなら塵の様な感情も綺麗に見えたりする瞬間があって、意味を探る内に奥へ奥へ誘われて、そこで見えた有様を具象化した物が私の世界観だと思います。


自分自身を好きな漢字一文字で表すと何ですか?



バラバラにするとハム。
ハムスターが好きなんです…(笑)
だからこれ。
仏でもいいと思いますがそれはイムだって言われてしまいました (笑)
後何かあるかな…。


プロジェクト名「UNKNOWN DEAR FOREST」の由来と意味を教えて下さい。


意味は親愛なる未知の森です。誰も知らない場所に植えられた音を奏でる木々が育ち森になっていたイメージでつけました。


バンドSICth(現在活休中)の他に、ソロアーティスト「UDF」として活躍されているのはなぜですか?


普段交流の無い制作陣を交えて自分には無い感覚等を覚えたかったからです。


KISAKIさんが馨さんのために曲を書いたとおっしゃいました。 どうやってKISAKIさんと知り合われ、曲を提供して頂ける流れになったのでしょうか?


ものすごいスピードの状況変化と情報量の中にいてあまり覚えていません…。ただ、現実を真っ直ぐ受け入れて最善を尽くす事に集中しました。見えない力がたくさん発動して音楽のパワーを実感した。それは今も続いています。


歌詞は「悲しみ」についてです。 そのような「重いトピック」を選ぶ理由は何ですか?


以前ex. ART MARJU DUCHAINRYUとユニットをやっていた時によく悲しみについて呑みながら深く話してた。それが何故か楽しかったからでしょうか。


なぜ歌手になりたかったのですか? キッカケは何でしたか?


歌う事にだけ癒されてきました。カラオケでよかったはずですが、自分の言葉やメロディーが溢れて消化しきれないのでそれを書いて歌っていました。


馨さんは女性アーティストですが、(ビジュアル)シーンで特に苦労していることはありますか?


憂いを表現する女性アーティストのシーンが確立されていないので、ビジュアル系の方々と同じ現場に入る時はそのシーンのニーズとは異なり理解されない場合がある所に苦労しています。いずれはレーベルを作り、認知されたい。


どのような時に理解されないと感じますか?


架空の恋人感を求められる時、それとはかけ離れたステージングの為に理解され難いです。


女性が必要とするニーズの違いは何でしょうか?


オーディエンスはプレイヤーと愛し合いたい図式がある中で、ただとにかく浄化されたくて演る。悲しみでしか消えない悲しみを表現して自分も誰かも救われる事が私の求める事です。


ゴス/ビジュアルスタイルが馨さんにとってとても魅力的な理由は何ですか? このスタイルは馨さんにとってどのような意味がありますか?


言われている方もいますがカタルシス的な効果がある所です。触れる事で浄化され、生きながらえる。この意味は追求していきたいと思います。


音楽を通してどんな気持ちを伝えたいですか?


気持ちは伝わればラッキー位に思っています。その音楽をやる意味を成し遂げる事に重点を置いています。


どのような音楽から影響を受けられましたか?


音楽は興味が無くTVで流れるヒットチューンを自然と覚えて歌う程度でした。大切な人に裏切られ家も何もかも失った時、たまたま出会った現ビッグバンドのマネージャーが音楽やファッション、魅せ方等自身のステージで教えてくれたのがきっかけで生きる力をもらい、彼のジャンルであるゴス、ビジュアルの世界に踏み入れました。周りの人達が好きなアーティストの音楽に影響されています。


ビジュアルシーンにハマったのはいつ頃からですか?


SICthを結成した辺りからです。どうしたら世界観を形にして残せるか、勉強しながらハマっていった感じです。SICthはインディーゴシックロックでジャンルは違いますが世界観を表現したい所は一致している様な気がします。


2020年の初めには、Unknown Dear Forest名義でいくつかのシングルをリリースしていますね。近いうちに他の曲をリリースする予定はありますか?


Lost Technologyは真冬にリリースしました。今回も様々が絡み、音楽を売る事への挑戦曲になりました。


Lost Technologyのタイトルには、どのような思いが込められていますか?


以前からの私のコンセプトで、’人間だからこそやれる事’っていうのがあるんですがそれをしっかり伝えたい思いを込めています。敢えて打ち込み曲でVo.をひとりの人間らしく作り込んでいます。


Lost Technologyの製作にあたって印象的なエピソードは何かありますか?


制作陣の共通点が家を失くした過去がある事。野生集団です (笑) 私達はテクノロジーに生かされてる。音楽なんて今は特にそうだと思います。致命的な物を失った時に何を求めたか、不器用ながらどうしたか、どうなりたいかを楽曲に書き出しました。内容は前向きな失恋ソングになっています。やっぱり人間の暖かさを求めちゃいますね (笑)


今後も「Re:」のようなヘヴィな曲が出てくるのでしょうか?


UDFではジャンルの被らない楽曲をリリースしていく予定です。


ライブの前にいつもやっているルーティーンはありますか?


バキバキにストレッチをします。後、願掛けの意味もあるかと思いますがタバコを一本だけ吸う。これは過去のライバルから教わりました。


MVはとてもアーティスティックですが、作品のMVを制作する際にはどのようなプロセスを踏んでいるのでしょうか?


ビジュアルシーンのトレンドをなぞらず、オリジナリティのある作品を目指して制作陣へアプローチしています。HYPER EXECUTIONはイメージに合う場所へ旅に出て映像を撮影したり家族にも協力してもらいました。Re:は絶対撮ってもらいたかった方に頑張って私からアプローチをした。素材の基本になるありのままの自分と感覚的な事を伝えられる様にフラットな状態でお会いする様にしています。楽曲を打つ情熱が映像で、目に見える形になるとすごく嬉しいです。UDFではいかに広く新しい人と関われるかが醍醐味なので、コアな層よりも一般的な層へ届く様に試行錯誤しています。綺麗にまとまりすぎても違う。人間らしさと表現の自由を伝える術を磨いていきたいです。


時間のある時に何をしたいですか? 特別な趣味はありますか?


カフェの様なカレー屋さんでボーッとしたいです。趣味はカラオケです。特別では無いけれど本当に好き。


旅行が好きですか? 行きたいところはありますか?


インドに行きたいです!CoCo壱がインドに出来たので絶対に行きたい。何か大きな節目に長旅に出て、象に乗ったりアジアン雑貨を買ったり、日常的な事をしながらエスニックな日々をのんびりすごしたいです。


どんな時に笑顔になりますか?


子供が面白い時。今度高校生になる息子がいるんですが、ちょっとませてる事を言ったり、自分に無い発想があったり、サプライズされた時はすごく笑ってる。


日本の好きな地元の食べ物は何ですか?


地元東金市だと天門どうのドライジンジャーが好きです。ちょっぴりスパイシーで好き。


ファンとのつながりは大切?「連絡を取り合う 」ために何をしていますか?


私の中でファンは人生を支え合っている仲間の認識なのでSNSで正直な気持ち、リアルの発信を続けています。共感したら誰であろうと♡したりしてる。同じ野望がある時に同じ船に乗れたら最高です。


世界のどこでもショーができるとしたら、どこでやりたいですか?


現実を全て無視したら月。


馨さんの将来の究極の目標は何ですか?


女性アーティストが輝くレーベルの活動を世の中に刻む事です。


そして最後に、ファンと読者のメッセージをどうぞ!


人生を謳歌しよう!


インタビューにご協力いただき、誠にありがとうございます。 今後益々のご活躍をお祈りします。

Kaoru is a female visual solo artist who has had years of history in the music scene. She’s been consistently putting out material for years, and most notably she has served as lead vocals in her band SICth (inactive as of now), and recently she has focused on her solo project, “UNKNOWN DEAR FOREST, which their first released was produced and written by the giant visual scene figurehead, Kisaki (ex. Mirage, Phantasmagoria).


Can you tell us more about your worldview, Kaoru?


I am walking while finding something that attracts me on a rough road. The feelings received while walking the rough road I can turn into sounds and words and singing my lyrics with a voice that comes out naturally which create my world view. 


If you were to describe yourself using one of your favorite kanji, which one would it be? 


(ooyake, exposure to public view)
If you break the kanji in particles you will get ハム (ham)
I like Hamsters (laugh)
Might it could also been Buddha (仏), but that’s imu(イム). (laugh)
What can we tell more about it…


What is the origin and meaning of the project name “UNKNOWN DEAR FOREST“?


The Japanese translation is: 親愛なる未知の森 Shinainaru michi no mori.

I had the image in my mind of a tree being planted in the middle of nowhere and becoming an unknown forest. In addition to the band SICth (which is currently on hiatus), why are you working as a solo artist (UDF)? I wanted to work with a production team I usually don’t work with, I wanted to learn something new that I haven’t done yet before. You said that Kisaki wrote the song for you. How did you get to know him and why did he write a song for you? I don’t remember much because I was in the midst of a tremendously fast changing situation and amount of information …. I just accepted reality straight away and focused on doing the best I could. I realized the power of music by activating a lot of invisible power, It’s still going on.


The lyrics are about “grief“. Why do you choose such a “heavy topic”?


When I was working as a unit with RYU of ex. ART MARJU DUCHAIN, we often talked deeply about sadness while drinking. I don’t know why, but it was fun.


Why did you want to be a singer? What was the trigger?


Only singing heals my heart. Karaoke should also be able to make me happy, but I couldn’t express my inner self, so I started to write and sing my own songs.


Kaoru, you’re a female artist, is there anything in particular that you struggle with in the (visual kei) scene?


I’m struggling with the fact that there is not an established scene for female artists expressing melancholy, so, while joining the same scene as the male visual kei bandmans, I’ll struggle on some points which they simply don’t understand, since they only care about their own “demands” in the scene.  

Maybe, I will create my own label to be recognized. 


What kind of moments do you feel that you are not understood?


That I have to be like an imaginary lover. Because I don’t stand on stage to give fans such (fake) feelings.


What are the different needs of women?


Well, usually the fans of male bands have a scheme of wanting to make love to their favorite bandman. However, I just want to be purified and perform. I want to express sadness that can only be erased by grief and to save myself or anyone else, that is what I want.


What makes the goth/visual style so appealing to you? What does this style mean to you?


Some people say it is a place of cathartic effect. You will be purified by touching it and you will be able to live. I would like to pursue this meaning.


What kind of feelings do you want to convey through music?


I’m lucky if my feelings are conveyed. I’m just trying to get my message across. I focus on accomplishing the meaning of doing the music.


What kind of music has influenced you?


I wasn’t interested in music at all, I just naturally remembered the hit songs which were played on the TV and sang them. When I was betrayed by a loved one and lost everything, a current big band manager which I happened to meet, taught me about music, fashion and charm on stage, which gave me the power to live and led me into this genre of goth and visuals.  I’m influenced by the music of the artist and people around me. 

When did you first get into the visual scene?


It was around the time when SICth got formed. We learned about how we could keep our worldview in shape and we got dragged inside. SICth is an indie gothic rock band, and although the genre is different, it feels that we are all in agreement in what we want to express in our worldview. 


Will you release new music soon again?


My new single Lost Technology was released at the end of last year. This time too, various things were involved, and it’s a challenge to sell this piece.


Why did you choose “Lost Technology” as a title for this new single?


My long time concept ‘because I’m human, what I can do?‘, is wanted to convey with this single.  I dared to make the vocals sound like a human being in this song.


Are there any interesting stories about creating “Lost Technology“?


Everyone who got involved in creating this single has one thing in common; That we were all homeless in the past. We are a wild bunch of people. (laugh) Yet, we are kept alive by technology. I think the current music scene is like this now. I wrote the theme of the song with this in mind; “What did you ask for when you lost something fatal? What did I do in spite of my clumsiness?” I wrote down what I wanted to express with music. The content of the song is a positive heartbreak song. I’m looking for human warmth after all (laughs).


Will we see more heavy songs like “Re:” in the future?


UDF plans to release music that does not cover any genre.


Do you have a routine that you always do before a live show?


Stretch to the crunch. Later, I’ll only smoke one cigarette, as I’m sure it’s meant to be a prayer. I learned this from a past rival.



Your MVs are very artistic, what is the process you follow when creating music videos for your work?

I contacted the production team with my ideas to create an original MV including the current visual kei trends. 

For HYPER EXECUTION, we did shoot it at various places to fit the image of the song, my family helped with this. 

For Re: I gave my best to play the person who I wanted to convey.

On the shooting day, I try to have my heart filled only with the feelings I want to convey, so that we can catch the real me and my senses while shooting. It really makes me happy if the passion for the music becomes visible in the form of images.  

The real thrill of being active as UDF is that I also interact with new audiences, so trying to reach the general public rather than reaching only the core audience.  Also I would like to improve my skills and convey humanity and freedom in my works. 


What do you like to do in your spare time? Do you have any special interests?


I’d like to spend time in a curry shop, much like spending time in a cafe. My hobby is going out to sing karaoke. It’s not special, but I really like it.


Do you like to travel? Is there a place you’d like to go?


I want to go to India. Ichibanya has opened a restaurant in India, so I wanna go there to try it! I want to go on a long trip for a long time and spend my days relaxing and doing (ethnic things/activities) like riding elephants and buying Asian goods and other everyday things.


What makes you smile?


When kids are funny. I have a son who will go to high school soon, he makes me laugh when he says something funny or surprises me. 


What’s your favorite Japanese local food?


I love Tenmon Dou’s dried ginger, with a bit of a spicy taste, which you can get in my hometown Togane.


Are connections with your fans important? What do you do to “keep in touch”?


I continue to send out honest and real messages on social media because I recognize that fans are my friends who support each other in life. If I empathize with them, I’m hands-on with them, no matter who they are.♡ It would be great to be in the same boat when we have the same ambitions.


If you could play a show anywhere in the world, where would it be?


If you ignore all reality, the moon.


What’s your ultimate goal for the future?


It’s about carving out a label where female artists can shine in the world.


Please give a message to your fans and readers.


Celebrate life!


Kaoru, thank you very much for this interview!

Thanks to Katt for the intro text and helping out with some questions and grammar/spell check!

Total page visits since 2022/09/11:143
Today page visits: 1
Total website visits since 2022/09/11: 118045