Interview with NINTH IN PLUTO

Interview: 珠城 悠 & Ryu
Translation:Ryu

NINTH IN PLUTO
Twitter: @NIP_JP_OFFICIAL @NIP_ZERO @NIP_YOSUKE @NIP_TOMA @NIP_EN @NIP_RAIKA
Instagram: @nip_jp/
Website: nip-official.com/
Youtube: watch?v=VvD2O0g8i6I

日本語ENGLISH

このインタビューを受けて下さり、ありがとうございます!


NINTH IN PLUTO​のバンド紹介をお願い致します。
「人間が持つべきでなかった性質」をコンセプトに2022年4月29日より始動する。V系メタルバンドです。

・皆様はどのようにして出会われたのでしょうか?
零と斗真が知り合い、斗真が遥祐を連れてきて遥祐が艶を、艶が來花を連れてきました。

・自分にキャッチコピーをつけるとしたら、どんなものにされますか?
零:Cynical Psycho RockStar。
遥祐:哲学的ダークギターヒーロー。
斗真:エモーショナル。
艶-EN-:極悪グロブレイクダウン人間。
來花-RAIKA-:世界一可愛いメタルドラムガール♡

・ バンド名の由来と意味は何ですか。 
メンバーが好きなスピリチュアル、オカルト、宇宙から考え。破壊と再生、この世界の全てを超越していくという意味を込めてます。

・現在の担当パートを選ばれたキッカケは何でしたか?
零:全身で表現出来ると思ったから。
遥祐:歪んだ音を出したかったから。
斗真:一番似合うから。
艶-EN-:ギターがしたかったが勘違いでベースを渡されてそのままベースやってます。
來花-RAIKA-:かっこいいから♡

・「人間が持つべきでなかった性質」とはどのような意味合いでしょうか?
皆が皆愛を持ってお互いを尊重し合い解り合おうとすれば豊かで美しい世界になるはずなのにそれが出来ない人間の醜く汚い性質

・ヴィジュアル系としての活動を選ばれた理由はなぜでしょうか?また、そこでしか表現できないことは何だと思われますか? 
ヴィジュアル系は視覚的にも表現出来るし何でもありなジャンルだと思う。
ただ今後はヴィジュアル系だけではなくジャンルレスで活動していきたい。

・4月に大阪と東京にて、2か月連続始動ライブの開催が決定しました。意気込みをお願い致します。
零:嫌というほど記憶に焼きつける。
遥祐:出来るだけ多くの人に私達の存在を知ってほしく思います。
斗真:シーンを変える勢いで挑みます。
艶-EN-:階段の一段目、だけどしっかり踏みしめて上にいきます。
來花-RAIKA-:僕達が最強だということを魅せる♡

・ ステージに立つことの醍醐味は何でしょうか?
零:解放感。
遥祐:緊張感と達成感のバランス。
斗真:ロックンロールを表現出来る事。
艶-EN-:破壊衝動の発散。
來花-RAIKA-:自分が生きていると実感出来る♡

・楽曲制作において一番のインスピレーションはどのようなものですか? 
零:感情の爆発。
遥祐:人生の経験の積み重ね。
斗真:日常のエモみを逃さない。
艶-EN-:生きてて嫌な事とか、怒ったりそういう負の感情。
來花-RAIKA-:インスパイアされたイメージの具現化♡

— 2022.1.31にリリースされた1st MV「月蝕」についてお聞きします。


・なぜ『月蝕』というタイトルにしたのですか?
遥祐:頭に浮かんだので。

・『月蝕』を作成した一番のインスピレーションは何でしたか?
零:とある事件。
遥祐:ベートーベンのピアノソナタ「月光」。

・『月蝕』の歌詞と曲のコンセプトを教えて下さい。
零:自分は何か努力する訳でもなくただ文句ばかり垂れ流し何かにつけてバッシングしたいだけの人間が放つ言葉が努力している人間を殺してしまう世の中への怒り。
遥祐:クラシックとヴィジュアル系とエクストリームメタルの融合。

・『月蝕』のMVは闇の中に一筋の光が差し込む荘厳な美しさを感じました。このMVのアイデアはどのようにして産まれましたか?
零:僕の幼少期の実体験

・ MV撮影中のエピソードは何かありますか?
零:とにかく疲れた
遥祐:暑かった
斗真:山奥の倉庫に連れて行かれた
艶-EN-:山奥はタバコがうまかった
來花-RAIKA-:大雨が凄かった♡

・ 1stアルバム「NINTH IN PLUTO」が4月に発表されます。制作過程について教えて下さい。
零:皆がこのインタビューを見る頃にどうなってるか解らないけれど、このインタビューに答えてる今の時点では90%ぐらいは出来てる段階

・アルバムの手応えは如何ですか?
零:聞けば解る。
遥祐:全曲自信作です。
斗真:あり。
艶-EN-:グロとかっけえとえぐいの集合的無意識が作り出した化け物、、、
來花-RAIKA-:自信しかない♡

・バンド活動で活動する一番の魅力は何ですか?
零:ライブでのメンバーとオーディエンスとの一体感。
遥祐:人生経験のアウトプットと新たな人との出会い。
斗真:自分に不足しているものを補える場所。
艶-EN-:楽しい、ストレス発散、楽しい。
來花-RAIKA-:楽しい♡

・コロナ禍で、以前とは環境が大きく変わりました。そのことは皆さんの価値観、曲作りにも影響を与えていますか?
零:どんな時でも出来ることをやるだけ。
遥祐:今まで以上に1日1日全力で生きようと思いました。
斗真:ロックンロールには関係ねえ。
艶-EN-:気を遣ったり色々しんどい事が多いので、それを楽曲にぶつけます。
來花-RAIKA-:特には感じないけどこのコロナ禍だからこそ自分に出来ることをやっていくだけです♡

・バンドマンであることの最も難しいのはどのような点でしょうか?
零:常に自分との闘い。
遥祐:トライアンドエラーの繰り返し。
斗真:特に難しくないです。
艶-EN-:生きてるだけでバンドマンなので簡単です。生きるのは簡単じゃないけど。
來花-RAIKA-:インスピレーションを絶やさない事♡

NINTH IN PLUTO​の将来の目標は何ですか?
全員:ワールドツアー。

・最後にファンと読者の皆様へメッセージをお願い致します!
零:僕という存在を感じてください。
遥祐:自信を持ってかっこいいと思えるバンドです。
斗真:会いに来いよ。
艶-EN-:何もかもぶつけて、ぶち壊します。みんなの気持ちも俺らにください。
來花-RAIKA-:会いに来てね♡


インタビューにご協力頂き、誠に有難う御座います。今後益々のご活躍をお祈りします。

====================
<リリース> 
★2022.04.29
1st Full Album
「NINTH IN PLUTO」
発売予定 
詳細は後日解禁

●大阪・東京にて2か月連続始動主催開催!
2022.04.29心斎橋soma
NINTH IN PLUTO presents [End of the World]

2022.05.14池袋EDGE
NINTH IN PLUTO presents [HADES EUPHORIA]
詳細は後日解禁

NINTH IN PLUTO, thank you very much for answering this interview.


・ Please introduce NINTH IN PLUTO to us.
Our band will start in April, 2022, with the concept of “characteristics that humans should not have“. Also we’re a Visual Kei Metal band.

・ How did you all meet each other?
Zero and Toma already knew each other. Toma introduced Yosuke, Yosuke introduced EN and EN introduced RAIKA.

・ What would be your personal catch phrase?
Zero: Cynical Psycho RockStar 
Yosuke: Philosophical Dark Guitar Hero
Toma: Emotional.
EN: Heinous Grotesque Breakdown human.
RAIKA: The cutest metal drum girl in the world♡

・ What’s the origin and meaning of the band name? 
We all love spirituality, so it includes the meaning of the occult, the universe, destruction and rebirth, transcending everything in this world.

・What’s the reason for choosing your current instrument?
Zero: To express myself with my whole body.
Yosuke: Because I wanted to create distorted sounds.
Toma: Because it suits me the best.
EN: I wanted to play the guitar however by mistake I received a bass so I started to play it.
RAIKA: Because it’s cool♡ 

・ What’s the meaning behind your concept line “characteristics that humans should not have”.?
If everyone had love, respect and understanding for each other, the world would be a rich and beautiful place, but it is the ugly and dirty nature of human beings that prevents this.

・ Why did you choose to be a visual kei band? What’s the thing that only can be expressed with this genre?
We think that visual kei is a genre that can be visually expressive and anything. However, in the future, we would like to express ourselves not only via the visual-kei but just as “genderless” band.

・ You are going to hold two consecutive start-up live concerts in Osaka and Tokyo in April. Please share your enthusiasm.
Zero: I’m gonna to burn into someone’s memory to the point of disgust.
Yosuke: I wanna make sure that as many people as possible know about our existence.
Toma: I’m gonna challenge my own spirit to change the scene!
EN: It will be our first step on the stairs, to bring us firmly to the top. 
RAIKA: We will show everyone that we are the most powerful band♡

・ What is the best thing about standing on the stage?
Zero: The feeling of freedom.
Yosuke: Balance between tension and accomplishment.
Toma: Being able to express ROCK’N’ROLL.
EN: Dissipation of the urge to destroy.
RAIKA: The feeling of being alive♡

・ What is your biggest inspiration for making music?
Zero: Emotional Outbursts.
Yosuke: Accumulation of life experiences.
Toma: The daily emotions which are still inside you.
EN: Things you don’t like about life, anger, and negative emotions like that.
RAIKA: Embodiment of inspired images♡


Let’s talk about your 1st MV “月蝕 (Gesshoku)” which was released on January 31st.

・ What’s the reason why you named it “月蝕 (Gesshoku)”? 
Yosuke: No reason, the title just came to my mind.

・ What was your biggest inspiration for creating  “月蝕 (Gesshoku)”?
Zero: A certain incident
Yosuke: Beethoven’s Piano Sonata “Moonlight”.

・ What is the concept behind the lyrics of “月蝕 (Gesshoku)”?
Zero: To be angry at a world where people who do not make any effort themselves but only complain and want to bash at every opportunity and kill those who are making efforts.
Yosuke: It’s a fusion of classical, visual kei and extreme metal.

・ The music video for “月蝕 (Gesshoku)” has a solemn beauty with a ray of light shining through the darkness. How did you come up with the idea for this music video?
Zero: My Childhood experience.

・  Do you have any stories about shooting the music video?
Zero: It made me very tired.
Yosuke: It was really hot.
Toma: It was shot in a warehouse deep in the mountains.
EN: Deep in the mountains, the cigarettes tasted good.
RAIKA: The heavy rain was terrible ♡

・ Your 1st album “NINTH IN PLUTO” will be released in April. Please tell us about the production process.
Zero: I don’t know how far we will be by the time everyone reads this interview, but as of this moment, we’re about 90% done.

・ What’s the/your response to the album?
Zero: If you listen to it, you will understand it.
Yosuke: We are proud of all the songs.
Toma: We received it.
EN: It’s created by a collective unconscious, grotesque, dope and brutal monster,…
RAIKA: Only confidence♡ 

・What is the best thing about being active as a band?
Zero: A sense of unity between the members and our fans at our gigs.
Yosuke: The Output of life experiences and the place of meeting new people.
Toma: Where you can make up for what you lack.
EN: To have fun, it’s stress relieving and it’s just enjoyable.
RAIKA: It’s fun♡

・Due COVID-19, the environment has changed dramatically from before. Has this affected your values?
Zero: I just do what I can do at the moment.
Yosuke: I decided to live each day to the fullest more than ever before.
Toma: ROCK’N’ROLL ain’t got nothing to do with it.
EN: Because there are many things to be careful about and various things are difficult, I put all those feelings into our sound.
RAIKA: There is not really something, but I just do what I can do in this time♡

・ What’s the most difficult thing about being a bandman?
Zero: Always fighting against yourself.
Yosuke: Repeated trial and error.
Toma: It is not particularly difficult.
EN: It’s easy because I’m a band member just by being alive. It’s not easy to live, though.
RAIKA: To never run out of inspiration♡

・What are your future goals?
Everyone: Going on a world tour.

・ Please share a final message to your fans and readers.
Zero: Please feel my existence.
Yosuke: Our band is confident and really cool!
Toma: Come to see us!
EN:  We hit and smash any feelings. Please share your feelings with us too.
RAIKA: Please come to see us♡