BAND SEARCH el:cid

INTRODUCTION

ネクストブレイク間違いなしとまで言われながら、何の前触れもなく突然解散したel:cid(エルシード)の音源が令和に復活。当時からシューゲイザーやアンビエント、インダストリアルの要素を取り入れ、ビジュアル系の枠を超えた楽曲を披露していた彼ら。過去音源を発表するや時代を先取りし過ぎていたとの声も多く聞かれる。
そんなel:cid(エルシード)を改めてご紹介したい。

Twitter: Shigeta
Youtube: elcidofficial

Interview: 2020/05/20 vkgy
Interview: 2020/09/01 JROCK’N’ROLL x VKGY
Article: 2020/11/12 Merorian Toppage
el:cid LYRICS: HERE

el:cidの結成日と解散した日付

結成は学生時代です。1990年頃
活動休止は1996年?の9月ごろです。

どのようにして各メンバーと出会いましたか?

ギターのkairiと、ドラムのmichitakaは小学校からの付き合いで、ベースのkenjiは高校からの付き合いです。全員、学生時代からの友達です。

バンド名の由来と意味

Eからはじまる音の響きで決めました。言葉の意味は全く関係ありませんw

エルシードという、音でバンド名を決めてから、アルファベットで表記するために、el:cidの字をあとからあてはめました。

el:cidは、スペインの国土回復時代の英雄で1961年に映画のモデルになった人物ですが、バンド名の由来とは関係ありません。

MEMBERS

vo:Shigeta
gu:Kairi
ba:Kenji
dr:Michitaka

自分自身を表す一言:
Shigeta:「誠」です。嘘や偽りなく自分の心に正直に生きたいということです。

Shigetaのメッセージ:
音楽には、時間と空間を超越する力があると思います。また、音楽には魂についた傷を癒す力もあると思います。コロナの影響でそれぞれ大変かと思いますが、音楽を聴いて好きな場所、時間へジャンプしてください。その選択肢の中に、 el:cidの楽曲を加えていただければ、これ以上嬉しいことはないです。

RELEASE

DT. [1992] くもり硝子の街並み
1. くもり硝子の街並み
2. cutting the line

DT. [1994] Crying limit
1. Crying limit
2. Cry for the moonlight

Cry for the Moonlight [DIGITAL SINGLE 2020/08/07]
1.Cry for the Moonlight
2. Crying Limit
3. 2020 (Noise Guitar O.4.D)

EP「Cry for the moonlight」歌詞のコンセプト。

01. Cry for the Moonlight
月明かりの下で、トラウマを抱えることになった人間が、自ら死ぬこともできずに苦しんでいる様子です。

02. Crying limit
恋愛だけではなく、人を失う喪失感を表現しました。

03. 2020
元々、winterというタイトルの曲ですが、仮タイトルが、2020だったので、夏場のリリースということもあり、仮タイトルを採用しました。歌詞は、すべてが、白銀に映る世界で、自分の道を見失った状況です。

基本的に歌詞は、全て救いがないというか、打ちのめされた直後、立ち上がるまで少し時間がかかる状況が多いです。

OMNIBUS [1993]
Rock天国 Jack In the Music Box
6.Shayou (斜陽)

OMNIBUS [2020/11/16]
UNHOLY FROM THE GRAVEYARD
6.gain (2020 REMIX) = SpecialThanks.O.4.D

TWITTER FREE SHARE
2020/11/01 ペジュマール
2020/10/06 Never Free
2020/09/21 くもり硝子の街並み

YouTube upload list

2013/06/15 good bye jupiter
2014/01/14 winter song
2016/09/19 SE「Cantara(Dead Can Dance)」
2016/09/24 季節の終わり
2017/02/22 love sunshine
2017/02/27 Cry for the moonlight = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2017/03/09 Dragonfly = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2017/04/01 ワルツのようなもの(1991)
2017/06/01 cutting the line
2017/09/17 hameln
2018/04/09 Crying limit
2019/01/14 真昼の鼓動 respect BEAST = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2019/11/22 winter song = SpecialThanks.O.4.D
2020/01/14 I’ll be there
2020/03/14 くもり硝子の街並み (デモテープ) = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/03/20 鉄錆廃園 = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/03/23 窓辺に咲く花 = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/04/01 芸術の都 = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/04/07 Never free = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/04/15 Cyber Doll (デモテープ)
2020/04/30 Calling = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/05/17 warped mind = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/06/08 the world where the stars fall = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/07/02 Magdala (2020 NEW SONG)
2020/08/01 惑星 
2020/08/06 shell = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/09/06 未発表DEMO この声よ届け
2020/09/24 no longer human = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/10/13 ペジュマール
2020/10/16 murder game = Pr.アキヲ(ex.redearth)
2020/10/25 Xanadu
2020/11/23 Take my way
2020/12/12 螺旋

YouTube LIVE videos

2013/06/23 斜陽 (live)
2016/09/18 As time gose by(YANTA鹿鳴館 Live)
2016/12/22 D.D.A.D(Yanta鹿鳴館live)
2017/02/16 Cry for the moonlight (Yanta鹿鳴館 LIVE)
2017/02/17 Crying limit(Yanta鹿鳴館live)
2018/04/03 FORYOU (YANTA鹿鳴館Live)
2019/06/18 Planet(YANTA鹿鳴館Live)
2020/01/21 シルエット(京都ミューズ live)
2020/01/22 ミレニアム(live) = LYRIC
2020/07/19 cutting the line (live)
2020/07/22 D.D.A.D (live)

LIVE HISTORY

0000-09-13 尼崎 LIVE SQUARE VIVRE
0000-09-30 大阪 ヤンタ鹿鳴館
0000-10-05 京都 MUSE HALL
0000-12-19 京都 ARC DEUX
0000-12-22 京都 ロック天国
1994-05-19 京都 MUSE HALL
1994-06-09 尼崎 LIVE SQUARE VIVRE
1994-06-30 大阪 ヤンタ鹿鳴館
1994-07-11 京都 MUSE HALL
1995-05-24 京都 MUSE HALL
1995-06-21 京都MUSE HALL
1995-06-26 心斎橋 MUSE HALL
1995-12-16 大阪 ヤンタ鹿鳴館
1995-12-28 京都 MUSE HALL
1996-09-15 心斎橋 MUSE HALL

FLYERS