CHERRY GIRLS PROJECT – LIVE REPORT 03月25日

TEXT: 長澤智典Sorry, this time Japanese only, if you really wish to read a translation please drop me a DM via twitter. CHERRY GIRLS PROJECT、初のホールコンサートの模様をレポート。高橋まことのドラムでBOØWYのカバーも披露!!   3月25日(木)に、通算5度目となるワンマン公演「UPGRADE」をオルタナティブシアターで開催したCHERRY GIRLS PROJECT。彼女たちにとって初のホールコンサート、チケットは当日を待たずにソールドアウトを記録した。この日は、ハシグチカナデリヤ(G)・伊藤千明(B)・高橋まこと(ex BOØWY:Dr))・ダイナ四(Dr)と最強のミュージシャンを迎えたバンド編成でのライブ。当日の模様を、ここに再現したい。   CHERRY GIRLS PROJECT通算5度目、初のホールを舞台にしたワンマン公演は、力強く「fly to the sky」を歌いながら幕を開けた。真っ白い衣装に身を包んだ5人は、凛々しい声に乗せ、気持ちの奥底から沸き立つ想いを高らかに歌いだす。バンド演奏というパワーを背にしたことで、臆するどころか、その音圧を増幅させるように彼女たちは雄々しく、躍動した姿を見せていた。舞台劇を描くようなパフォーマンスも印象深く瞼に焼きついてゆく。  「衝動に引き寄せられ出会ったあなたとわたしで…」。華やかでシンフォニックな音がフロア中に鳴り響く。飛びだしたのが「衝動のemotion」。5人は身体中から沸き立つエナジー(衝動)をエモーショナルにぶつけてきた。何時も以上に存在感を増した姿や気持ちを熱く揺さぶる歌声に刺激を受け、感情が昂りだす。彼女たちの躍動した動きと重なるように、気持ちの内側から熱い衝動が沸き続ける。たまらない、この気持ちが…。  ミステリアス&ハードな「TIME」を雄々しく歌いながら、5人は攻めるような姿を見せてゆく。楽曲自体がハード&ドラマチックなように、彼女たち自身の歌声も巧みに感情の揺れを描きながら、見ている人たちの心にぐいぐい入り込んでいく。歌声のパワーはもちろん、舞台上で見せる5人のパフォーマンスがとにかくダイナミックだ。一挙一動見逃したくない。   九瀬いむの壊れそうなほどに切ない歌声から、楽曲は「ナキタイナ」へ。次第に熱と速度を上げる楽曲の上で、彼女たちは切ない感情のボリュームを少しずつ上げだした。力強くダイナミックな動きとは裏腹に、泣き崩れたい気持ちを彼女たちは膨らませるように歌っていた。  痛く切ない心模様をさらに膨らませるように、CHERRY GIRLS PROJECTは「アンチエーター」を熱唱。パワフルなパフォーマンスと、気持ちを滾らせ歌う声に心が惹かれる。5人が気持ちを一つに歌う声が、胸の奥へグイグイ突き刺さる。気迫漲るその姿から、ずっと視線を離したくない。   荘厳シンフォニックな幕開けから、楽曲は雄々しさと勢いを持って「King of Night」へ。激しい音を突きつける演奏の上で、5人は、今まで以上に雄々しく感情的な歌声で、見ている人たちの心にドラマを映し出す。力強さと華やかさの表情を巧みに塗りかえながら、彼女たちは沸き立つ想いを凛々しく、力強くぶつけていた。   「この世界は醜いものであふれている」、泣きそうな九瀬いむの言葉を合図に、5人は「透明人間」を壊れそうな気持ちをすべて吐きだすように歌いだした。乱れ狂う感情が、振り回す腕やステップを踏む足など一つ一つの動作と力強くシンクロしてゆく。気持ちと動きが一体化し、揺れ動く心模様を5人はパフォーマンスへダイレクトに投影していた。そうか、だからその動きに気持ちも視線もずっと釘付けになっていたのか…。   次のブロックでは、アンパンマンのTシャツを着たメンバーたちとドラマーのダイナ四が、「アンパンマンマーチ「と「勇気リンリン」を原曲の2倍増しの速度でコラボレート。ダイナ四は、ミニサイズのドラムを叩きながらプレイ。ダイナ四自身はYouTubeでも映像を披露しているように倍速は得意だが、果たしてCHERRY GIRLS PROJECTは2倍速で歌えるかに挑戦。   5人は、ダイナ四のドラム演奏に合わせ早口でしっかりと、しかも可愛らしくカバーしてくれた。メンバーたちは、振りも入れながら歌唱。緩い雰囲気ながらも、表現のハードルの高い姿を5人はしっかりと見せてくれた。Continue reading “CHERRY GIRLS PROJECT – LIVE REPORT 03月25日”

LIVE REPORT – 愛沢絢夏 主催イベント 10月24日

PHOTO:大川茉莉 @MariOokawaTEXT: 長澤智典 ここから物語は、新しいCHAPTERへ。愛沢絢夏、主催イベントを通し,「ここが僕の生きる場所」と高らかに宣言!  何時からだろう、愛沢絢夏の誕生日に当たる10月25日に東京で単独公演を行なうようになったのは。今回は、吉祥寺SHUFFLEを舞台に、愛沢絢夏の主催イベント「NEO CHAPTER」の追加公演としてワンマン公演が行なわれた。   その前日となる10月24日(土)、愛沢絢夏は渋谷DESEOを舞台に主催イベント「AIZAWA AYAKA birthday event~NEO CHAPTER returns~」を行なった。愛沢絢夏を筆頭に、MARKET SHOP STORE/爆弾幸気圧/FROZEN CAKE BAR/キャンディホリックが出演。ここでは、主催イベントの模様をお伝えしたい。 爆弾幸気圧  イベントのトップを切ったのが、愛沢絢夏と同じDEAD ANGELの仲間である爆弾幸気圧。「さぁ、一緒に遊んでいこうぜ」。ライブは気持ちのアクセルを次第に踏み込むように「ゼンカイ bari×2」からスタート。スケールあふれる演奏の上でこの日限定で出演が決まった特殊団員のAyakaがどこかで観たようなステージングと歌声で、観客たちの気持ちのアクセルも踏ませてゆく。「アゲてゆこう」と煽るAyakaはこの日の爆弾幸気圧のステージと会場の空気をトップから1つの渦にのみ込み、歌が進むごと熱と圧を上げる演奏に触発され、フロアにいる人たちの気持ちも高ぶりだしていた。   さぁ、ここから一気に感情のアクセルをベタ踏みだ。タイトなビートに乗せ、爆裂した演奏をぶち噛ますメンバーたち。途中三三七拍子のリズム煽りも加えながら、祭りロックナンバー「3.3.7」を通し、爆弾幸気圧は観客たちを熱狂の世界へ連れ出した。華やかで激しい演奏やメンバーらのがなる声に煽られ、フロアの人たちも「ワッショイ」「乾杯」「爆幸」と、マスク越しに小声で必死に声を掛け合いながら両手を振り上げていた。   分厚い音が身体を直撃する。爆弾幸気圧は、オラオラ煽るように「p.d.f-爆-」を演奏。「その手を掲げろ」の歌に合わせ、フロア中からたくさんの手が突き上がる。爆弾幸気圧の熱いライブに触発され、誰もが「オーオーオー」と心の声を上げながら身体を騒がせていた。   ザクザクとしたギターの音を合図に、荘厳な音が会場中を包み込む。爆弾幸気圧は、観客たちをけしかけるように「Ready5」をぶつけてきた。最高の世界へ一緒に行こうと誘うように、彼女たちは攻撃的な演奏を突きつけ、熱狂という最高の刺激を与えてゆく。その場で大きく飛び跳ね騒ぐ観客たち。このまま気持ちを高ぶらせながら共に熱狂を作り上げようぜと誘いをかけるステージングを、爆弾幸気圧は描き出していた。  最後に突きつけたのが、「爆攻ハリケーン」だ。感情を熱く高ぶらすハードエッジな演奏を武器に、彼女たちは熱を求める観客たちを、もっともっと騒ぎ狂えと煽っていた。フロアから数多くの拳が突き上がる。「全部巻き込め」「全部呑み込め」の歌詞のように、トップバッターを飾った爆弾幸気圧は、この会場に理性を壊せというメッセージを示しながら、熱狂という様を描きだしていった。 爆弾幸気圧WEBSITE = TWITTER FROZEN CAKE BAR   「DARK HERO」が流れだしたとたん、メンバーが、フロア中の人たちが空高く跳ねだした。SSBMVがラップ声で煽れば、くりざべすが気持ちを騒がせる高音な歌声で刺激を与えてゆく。ミクスチャーなスタイルを持った音楽性を突きつけ、FROZEN CAKE BAR はフロアに身体を大きく揺さぶる熱狂の風景を作りだす。激しく疾走する楽曲の上で、くりざべすの歌声が印象深く耳に残る。そこもFROZEN CAKE BARの持つ嬉しい魅力だ。   勢いを増幅するように、演奏は「DRUG ON」へ。メンバーらに煽られ、フロア中からも数多くの拳が突き上がる。荒ぶるSSBMVのグロウル、くりざべすは耳にこびりつくメロディアスな歌を届け、激しい楽曲に華やかな色を与えてゆく。男女ヴォーカルのコントラストが、そのまま楽曲に際立つ彩りも与えていた。勢いは止まらない。FROZEN CAKE BARは「BATTLE OF GUILD」を歌い奏で、爆裂した風景をフロアに描き出す。前のめりに観客たちをグロウルした声で挑発するSSBMV、対してくりざべすの華やかな歌声が心地好さを持って身体を嬉しく騒がせていった。身体を、感情を破壊する2STEPナンバー「Teansistor」が飛びだした。爆走する楽曲に乗せ2人のヴォーカリストが挑発し続ける。フロアでも、熱い煽りに触発され跳ね続ける人たちが続出。間奏では、ミドルヘヴィな表情も提示。何時しかフロアでは2TEPを踏んではしゃぐ人たちの姿も。爆裂した華やかな音の渦の中に心地好く呑み込まれ、そのままイキきってしまえ!!   「走るよ」の声を受けて流れたのが、「毒怪鳥」。拳を振り上げ歌うくりざべす。フロアの人たちは走れない変わりに、その場で飛び跳ね、爆発したい気持ちを舞台上にぶつけていた。轟音撒き散らし走り続ける楽曲が、心のアクセルをガンガン踏み込ませてゆく。2STEPを踏むヴォーカル陣に合わせ、フロアでも2STEPを踏む観客たち。SSBMVとくりざべすは、たがいに歌声をぶつけながら「雷音」の上で、煽るように歌を響かせていた。胸を熱く騒がせるくりざべすの歌に触発され、身体が熱を放ち続ける。   「最後まで熱を届けていこう」。FROZEN CAKE BARは和ミクスチャーナンバー「Fant-BEAT」を突きつけた。挑発するような姿勢で言葉をぶち噛ますSSBMV。くりざべすの胸をくすぐるキャッチーな歌に触れ、心がはしゃぎだす。荒れ狂う演奏の中へ、彼女の歌声が華やかな色を挿してゆく。歌に心惹かれつつも、身体は熱を求め続けていたように、聴感と体感二つの視点からFROZENContinue reading “LIVE REPORT – 愛沢絢夏 主催イベント 10月24日”

LIVE REPORT – Ayaka Aizawa 2020/10/25

ENGLISH VER. >>HERE<< 愛沢絢夏の誕生日に行なった、限られた人たちだけが熱狂を味わえたワンマン公演をLIVE DVD化!!  誕生日当日となる10月25日(日)、愛沢絢夏は吉祥寺SHUFFLEを舞台にワンマン公演を行なっていた。この日は、前日に開いた主催イベント「AIZAWA AYAKA birthday event~NEO CHAPTER returns~」の追加公演として行なわれた。  現在、各ライブハウスには、箱の規模に合わせた入場人数の制限枠がある。前日のイベントでは参加希望者が制限枠を上回り、主催者側の判断により、抽選で選ばれた人のみ会場に入れる形で進められた(そこをフォローするために有料配信も実施)。でも、愛沢絢夏自身の「なるべく多く、観たいと思っている人たちにライブを観て欲しい」想いを形にしようと、急遽、追加公演という形で今回の場所を押さえた経緯がある。結果、ライブの開始時間が午前10時にも関わらず、(制限された人数とはいえ)満員の観客がこの日も会場を埋めていた。それだけ、今の愛沢絢夏に期待を寄せている人たちが大勢いるという証だ。  SEに合わせ、フロア中から鳴り響きだす熱い手拍子。その音へ導かれるようにメンバーらが。そして、愛沢絢夏が舞台に姿を現した。   記念すべき誕生日の、何より、コロナ禍後初となるワンマン公演の幕は、未来を指し示すように「in the future」から始まった。高く突き上げた愛沢絢夏の拳へ想いを重ね合わせるように、フロア中から無数の拳が突き上がる。重厚な演奏を背に受け、言葉のひと言ひと言を噛みしめるように歌声を届ける愛沢絢夏。この場所から未来を描きだす、彼女自身が常に心へ抱いている意志を愛沢絢夏は冒頭から示しだす。舞台上で突き上げる拳へ、無数の拳が伸びてゆく。ただ声を上げられないだけで、密接出来ないだけで、何時もの熱いライブの景色が、この場所に生まれていた。   勢いを増幅するように、愛沢絢夏は「INSPIRE」を突きつけた。みずからの胸を力強く叩きながら声を上げる愛沢絢夏。その姿へ、数多くの拳のエールが突きつけられる。モニターに足を乗せ、身体を前のめりに彼女は歌う。少しでも近くで、この想いを響かせたい。愛沢絢夏の熱意はステージングにそのまま投影されていた。ステージから観客たちがいるフロアまでの距離さえ、その熱意が一気に縮めてゆく。   ワンマンライブは、じつに2年ぶり。それが出来る幸せを噛みしめるように、愛沢絢夏が届けたのが「当たり前の幸せ」。優しい音の風が身体を心地好く通り抜ける。愛沢絢夏も、歌詞に記した小さな幸せを噛みしめながら、その想いを心の奥へと呑み込んでゆく。フロア中の人たちも、温かい愛沢絢夏の歌声を、全身でしっかりと受け止めていた。サビでは、掲げた右手を大きく振る人の姿も。感じ方も、楽しみ方も自由だ。彼女が舞台の上から届けた気持ちに心が揺れたなら、感じたままを身体で示せばいい。とても心地好い時間だ。演奏は後半へ進むにつれ圧と速度を上げてゆく。愛沢絢夏自身の歌声にも、熱が加わってゆくのが伝わってきた。ハンドマイクを両手で握りしめ歌う姿に向け、何時しかフロアから数多くの拳が伸びていた。   「さぁ、ここからアゲていくぞ!!」。荒ぶる演奏を突きつける「HARUKAZE」に合わせ、フロア中からも数多くの拳が突き上がれば、その場で飛び跳ね騒ぎだす人たちも。サビでは、愛沢絢夏の振りまわすタオルの動きに合わせ、フロア中でもタオルや拳がブンブン振り回されていた。ここから熱い風を巻き起こすようにと愛沢絢夏も力強く熱唱。感情を剥き出しに歌う気迫に触発され、フロア中の人たちも、その場で身体中から思いきり熱を放ち続けていた。互いに拳を突き上げ、想いと想いをぶつけあう。ここには,何時ものライブの風景が生まれていた。  さぁ,拳を突き上げ「go for it」に合わせ叫ぶんだ。気持ちが昂ったなら、その気持ちが動くままに行動すればいい。愛沢絢夏が左右に身体を揺らすたび、フロア中の人たちもその場で大きく身体を揺らしていた。彼女は歌う、ここから一緒に一歩踏み出そうと。その行動が明日の自分を輝かせるんだと。愛沢絢夏自身が、つねに壁や逆境を、仲間たちの強い支えによって乗り越え続けてきた。彼女の歌はどれも、仲間たちへ向けたメッセージであり、自身の心を奮い立たせるエールソング。みずからの気持ちを鼓舞するように拳を突き上げ、彼女は言葉を吐き出す。その歌が、触れた人の心も輝かせる強いエナジーになる。  「今年は目標としていたワンマンがなくなって悔しかった。でも、ずっと後ろを向いてても仕方がないので、わたしは前を向きました。コロナという状況の中、わたしが歌える歌を、みんなに届けられる曲を持ってきました。わたしからの最大のエールソングだと思います。この曲を目印に、みんな目標を見失わないでいて欲しいなと思います」  届けたのが、新曲の「Over Limit」」。心に限界なんて無いんだと示すように、愛沢絢夏は荒ぶる激しいビートを背に、滾る熱情を歌声に乗せ、「あきらめないで」と叫び続けていた。伸ばした手をフロアにいる仲間たちへ差し出しながら、愛沢絢夏は気持ちを奮い立たせる熱い言葉をぶつけていた。何時か笑ってくれる日が来ることを願いながら、想いが届くまで何度だって声と拳を突き出していた。もちろん、フロア中からも熱い拳が突き上がっていた。   「優しい人よー」と叫びながら楽曲は「優しい人よ」へ。「この声が枯れるまで ただ君に届けたい」と熱唱する愛沢絢夏。「どんなことがあっても進み続けるから、わたしを目印にみんなも進み進み続けてください」と、彼女は叫ぶ。縛られた気持ちを解き放つように響いた演奏が胸を騒がせる。「この声が枯れるまで この夜が開けるまで」と歌う声に触発され、フロア中の人たちが高く拳を突き上げ、熱い想いを愛沢絢夏にぶつけていた。誰もが心の中で熱い声を上げながら、愛沢絢夏と気持ちを一つに結び合っていた。  勢いよく届けたのが「To NEXT!」。頑張る人たちへ温かいエールを送るように、愛沢絢夏は大きく手を振り歌う。その手に触れたくて、フロア中でも数多くの手が大きく揺れていた。彼女と一緒に左右に手を振りながら、これからも一緒に歩み続けようと約束を交わしていた。   本編最後に歌ったのが、これからも、この場所(ライブハウス/仲間たちの前)で歌い続ける強い意志を示した「wake up」だ。ここに集った仲間たちと一緒にこの場所を守り続け、そこへ新しい歩みを重ね続けようと、愛沢絢夏は「僕はここで歌うんだ」と力強く本心をぶつけていた。フロア中から高く突き上がり、大きく揺れる無数の拳が、彼女に熱いエールの風を送る。その拳は、愛沢絢夏と一緒にこの場所を守り続け、共に未来へ続く歴史を重ねようと応える声にも思えた。 「人はいつも間違いを繰り返し たくさんの別れ道と出会う 人生を賭けて答え探すために 僕はここで歌ってるんだ」。 それは昔から、そして、今も変わらない愛沢絢夏の想い。その想いの炎を、この場所に集った仲間たちと一緒に、彼女は心の中で燃やし続けていた。  「アンコールは、ふたたび新曲の「Over Limit」を演奏。フロア中に灯された赤いサイリウムの光が、気持ちを解き放つように力強く賭けだした演奏と、きつく握りしめた拳を突き上げ歌う愛沢絢夏の歌声に触発され、大きく揺れ動いていた。ここにいる人たちを笑顔へ導くように。挫けそうな、崩れそうな心を支えるように、愛沢絢夏は熱いエールとなる想いを歌い叫んでいた。ここ(ライブという場)を笑顔の花で埋めつくせるなら、愛沢絢夏はここへ集まった仲間たちへ、何度だってエールを送り続けてゆく。   熱狂を求める仲間たちの理性をすべて取り払い狂ったように一緒に騒ごうぜと誘うように、愛沢絢夏は最後に「Be Crazy」をぶつけた。愛沢絢夏自身が感情をぶち壊すハンマーとなり、ここに集ったすべての人たちの感情の留め金を破壊し、騒ぎ狂う祭り人へ変えていった。誰もが叫んでいた、「Crazy For Crazy」「For Crazy」と。メンバーが、フロア中の人たちが思いきり跳ねれば、愛沢絢夏の合図に合わせスクワットする光景も。気持ちをすべて解き放ち熱狂するその様こそ、愛沢絢夏のライブだ。   愛沢絢夏は、ここから新しいChapterへと歩みだす。その道を一緒に進んでみないか…。最後に。この日の模様は、後に購入希望者のみに向けてLIVE DVDとして販売する。各地で愛沢絢夏を応援しているCRAZE(ファン)を含め、気になる方は、ぜひ手にしてもらいたい。 PHOTO:三浦真琴(maco)Continue reading “LIVE REPORT – Ayaka Aizawa 2020/10/25”