Interview – ばってん少女隊

The English translation is below the original Japanese version.

INTERVIEW TEXT: 珠城 悠 (JROCK’N’ROLL STAFF)

楽曲「OiSa」では有線への問い合わせが殺到しYouTubeの再生数も300万回を突破するなど注目を集める「ばってん少女隊」11月10日に新曲「わたし、恋始めたってよ!」をリリースする彼女たちに話を伺いました。

・今回JROCK’N’ROLLに初登場となりますので皆様の自己紹介をお願いします。

全員: みなさんこんにちは、私達、ばってん少女隊だー!

ダンスリーダーの希山愛です!

MC担当上田理子です!

ばってん少女隊オフィシャルサポーター春乃きいなです!

九州食文化愛好会会長、瀬田さくらです!

みんなのチアリーダー蒼井りるあです!

眠れるライオンプリンセス、柳美舞です!

全員: よろしくお願いします!!

・11月10日に新曲「わたし、恋始めたってよ!」がリリースされます。最初に曲を聴かれた時は、どのような感想を持たれましたか?

春乃「恋の歌なので可愛らしい感じもありつつ、不思議な感じとか切なさも感じて、白とか淡い紫とかそうゆうイメージを持ちました」

上田「切ない恋愛の曲を歌ったことがなかったので、どうゆうふうに歌ったらいいかイメージが難しかったです」

・新曲はボイスエフェクトも多用され洗練されたサウンドですが、レコーディングは如何でしたか?

瀬田「デモ音源を聴いた時に、ボーカロイドのような声で届いたので最初どうゆう感情で歌えばいいか表現が難しかったんですけれど、渡邊忍さんが現場で「ここはもっと『キュン』としていいよ」とか、細かく教えてくださいました」

希山「最初わたしは無機質な感じで歌ってたんですけど、忍さんから「もっと明るく元気に歌ってみて」って言われて、そこを意識しながら歌いました」

蒼井「最初に自分が歌った時に忍さんからたくさん褒めて頂いて、自分が考えてた歌い方とあってたのかな〜と思って、そこから更にアドバイスを頂いたりして楽しくレコーディングができました」

・ばってん少女隊はSKA等を基調とした音楽性で、ROCKファンからも支持されていますが普段はどのような音楽を聴かれていますか?

(先輩組4人は)「ロックフェスの出演後などによくライブを観覧していたので、その影響でバンドさんの曲を聴くことが多いです」

「ジャンルといわれるとまだ分からなくて、流行りの曲とか友達に教えてもらった曲を聴くことが多いです」

蒼井「音楽は夜に聴くことが多いので、眠りにつきやすいようなしっとりした音楽を聞くことが多いです」

・2021年4月より新メンバー(蒼井りるあさん、柳美舞さん)が加入されました。お二人の加入されて半年経った心境はいかがですか?

「半年経って色んな経験をさせてもらって、すごく半年前よりも自分が成長できたなと思うし、これからもっともっと成長していきたいなっていう部分を見つけられた半年間でした」

蒼井「半年前までは全然想像できないくらいたくさんの経験をさせてもらって、毎日が充実してます。これからもっと歌もダンスもおしゃべりもうまくなって、たくさんの人に笑顔やハッピーを届けていきたいなと思います!」

・オリジナルメンバーの4人の皆様(上田理子さん、希山愛さん、瀬田さくらさん、春乃きいなさん)にお聞きします。新体制になり、グループの雰囲気はどのように変わりましたか?

上田「新メンバーの2人が入ってきてくれたことにより、自分たち4人の意識も固まって、もっと上に行きたいとかより話し合うことが増えたかなと思います」

瀬田「元々グループの雰囲気がほんわかしてる感じだったんですけれど、新メンバーが入ってくるって聞いて、めちゃめちゃイマドキの子が入ってきたらどうやって話せばいいんだろう…と心配だったんですが、新メンバー2人が更にほんわかしてて(笑)グループの雰囲気に合う子が入ってすごく楽しいです!」

希山「りるあちゃん美舞ちゃんが入ってきてくれて、4人の団結力も強くなったかなと思うし、2人にいろんな事を教えたいなと思うし、逆に二人から教わることもたくさんあって、もっともっとこのメンバーで大きくなりたいなと思いました」

・ツアー「温故知新」では過去アルバムの再現など趣向が凝らされていました。ツアーは如何でしたか?

上田「新体制になって初のツアーで、4人も初の挑戦(パネルを使った演出など)があったし、始まるまでドキドキしてたんですけど、最近ばってん少女隊を好きになってくださった方にも昔から応援してくださってる方にも楽しんでいただけるツアー内容になったかなと思います」

瀬田「ツアーをやるのは2年ぶりだったので、いろんな地方に行っていつも応援してくださってる方やはじめましての方にもあえてすごく嬉しかったし、お客さんもマスクはしてるけど目とか動きから『会えて嬉しいよ!』っていう気持ちが伝わってすごく嬉しかったです」

春乃「私達4人が中高生の頃に歌っていた曲とか、なんとなく年齢的に表現が難しく感じて遠ざかっていた物もあって…中学生の2人が入ってきてくれたことによってまたそれらの曲がライブでも活きてきて、表現の幅も広がるのでこの先も楽しみだなと思います」

・ばってん少女隊はグッズも幅広く展開されていますが、皆さんのおすすめのグッズ、こんなグッズが欲しいと思うものは何でしょうか?

春乃「ハーフパンツをプロデュースしたんですけど、たくさんの方が履いてくださっていてすごく嬉しいです。なので次は冬物?をプロデュースして皆さんに履いてもらいたいです!笑」

希山「メンバーカラーのマスクはステージからもよく分かって凄く嬉しいです」

「ライブごとのTシャツはファンの方と自分たちがお揃いなのでそれが嬉しいし、新しいデザインが増えていくのが嬉しいのでわたしはTシャツが好きです」

・これからやってみたいこと、挑戦したいこと等はありますか?

蒼井「まだ声援がある中でのライブをやったことがないので、お客さんが会場で声をだせるようになるのが楽しみです」

4人「よく声援があった頃のライブはこうだったよ〜とか2人に聞かせてるよね。早く体験して欲しい!」

「こうゆうご時世なので6人全員でのロケとかなかなか難しいんですけど、もっと外出ができるようになったら、色んな所に撮影に行きたいです」

春乃「あと海外の皆さんにも会いに行きたいです」

上田「2年前までは毎年台湾や韓国などでもライブしていたので、また行きたいです!」

・ばってん少女隊としてYouTubeにも力を入れられていますが、普段はどんな動画をご覧になっていますか?

春乃「最近、猫ちゃんの動画にハマってて、癒やしをもらってます」

瀬田「Vチューバーさんがおしゃべりしたり、ゲームを配信している動画をよく見ます」

上田「お笑いが好きなので、芸人さんがラジオ感覚でお話してるYouTubeとかよく見てます」

・皆様の趣味やハマっているものは何ですか?

上田「お笑いライブに行くことです笑」

希山「お芋が大好きで、いまお芋の季節なのでお母さんやお兄ちゃんや理子を誘ってお芋スイーツ巡りにはまってます」

蒼井「ピンクグレープフルーツやピンクグレープフルーツのアイスにハマってます」

・九州を拠点に活動され宗像市の観光大使もされていますが、九州観光でおすすめの場所を教えてください。

蒼井「博多駅前のクリスマスイルミネーションです!」

「4月に加入して宗像市観光大使のお仕事をさせてもらうようになったんですけど、はじめて道の駅むなかたに行った時にすごくたくさんの新鮮なお魚や食べ物が並んでいて、回るのもすごく楽しくて、皆さんにおすすめしたいなと思いました」

瀬田「家族で車でお出かけすることが多いんですけど、九州どの県に行っても食べ物は美味しいし、観光地もたくさんあるので、九州に来たらぜひレンタカーとかかりていろんな県を回ってほしいです」

・ファンと読者の皆様に一言お願いします。

上田「ばってん少女隊はアイドルなんですけど、バンドサウンドから今回の「わた恋」「OiSa」みたいなエレクトロサウンドなど幅広いジャンルの楽曲があるので、是非お気に入りの曲を見つけてもらえたらなと思います!」

瀬田「私達ばってん少女隊は九州・福岡を拠点に活動しているんですけど、ぜひライブにも来てほしいし、美味しい食べ物を食べたり観光をしにぜひ遊びに来てくれると嬉しいです」

—– 詳細Details —– download: https://linkco.re/Dqxz65Cm

https://youtu.be/hqGFQgxUWr0

Official Twitter
Official Homepage

・ This is your first appearance on JROCK’N’ROLL, so please introduce yourself.

Together: Hello everyone, we are BATTEN GIRLS!
I am Ai Kiyama, the dance leader!
I am Riko Ueda, I’m in charge of our MC’s!
I am Kiina Haruno, Official Supporter of BATTEN GIRLS!
I am Sakura Seta, the chairman of the Kyushu Food Culture Lovers Association!
I am Rirua Aoi, I’m everyone’s cheerleader!
I am Miyu Yanagi, a sleeping lion princess!
Together: Nice to meet you!

・ On November 10th, your new song 「わたし、恋始めたってよ!」 has been released. What was your impression when you first listened to the song?

Haruno: It’s a song about love, so it’s cute, but it’s also mysterious and sad, and I had this image of white and pale purple.

Ueda: I’ve never sung a song about sad love before, so it was difficult to imagine how I should sing it.

・ The new song has a sophisticated sound with a lot of voice effects. How was the recording process?

Seta: When I listened to the demo, it sounded like vocaloid, so it was difficult for me to express the correct emotion while singing, but while recording the song Shinobu Watanabe guided me by saying “Here express more “kyuun” here” to sing the song with the correct emotions.

Kiyama: At first I was singing in an inorganic way, but Shinobu told me to sing more cheerfully and energetically, so I sang with that in mind.

Aoi: At first I wasn’t sure if I sung it how Shinobu would like it, but when I first sang it in front of him he made me a lot of compliments and from there I received further advice and had a lot of fun recording!

・ BATTEN GIRLS has a musicality based on SKA, etc., and is supported by ROCK fans. What kind of music do you usually listen to?

Four seniours: We used to watch live music after playing at rock festivals, so we listen to a lot of bands’ music because of that!

Yanagi: I don’t know the genre yet, so I often listen to popular songs or songs taught by my friends.

Aoi: I often listen to music at night, so I often listen to moist music that makes it easier to fall asleep.

・ New members (Rirua Aoi and MiuYanagi) joined in April 2021. Six months have passed, how are you looking back?

Yanagi: It’s been six months and I’ve had a lot of experiences, in this period I grew much more than I ever grew, the past six months have been great and I found parts of me I want to grow more and more!

Aoi: In these six months, I’ve experienced so much, more than I could ever imagine. Everyday feels fulfilling. From now on I wish to improve my singing, dancing and talking and of course to bring smiles and happiness to many people!

・ We would like to ask the four original members (Riko Ueda, Ai Kiyama, Sakura Seta, Kiina Haruno). How has the atmosphere of the group changed when two new members joined?

Ueda: With the two new members coming in, I think we’ve become more aware of what we’re doing and we’re talking more about how we want to improve.

Seta: Originally, the atmosphere of the group was very relaxed. When heard that two new members would join I worried about how to talk to a young girls of these days, but the two new members are even more relaxed(laugh) and it’s really fun to have a younger member who fits the atmosphere of the group well.

Kiyama: I think when Rirua-chan and Miyu-chan joined our group became stronger, I wish to teach them both various things, and on the contrary, there are many things that they can teach me. I want to expand our group much more with both of them.

・Your tour 「温故知新」 was an elaborate re-creation of your past albums. How was the tour?

Ueda: It was the first tour under the new system, and the four of us had our first challenges (directing using panels, etc.). I was very nervous until the tour started, but I think the tour was fun for those who have recently come to love us and for those who have supported us for a long time.

Seta: It’s been two years since I’ve been touring, so I was very happy to see our fans who have been to various regions and always support me and those who are nice to meet you. Our fans also wear masks, but from their eyes and movements, I could read “I’m glad to see you! I was very happy to feel that feeling.

Haruno: Some of the songs we sang were born while we were in Junior high and high school. Some of them seemed difficult to express because we grew up, so we avoided them in the past, however with two junior high school members, those songs could bloom again! I’m looking forward to the future because it will expand our range of expression.

・ BATTEN GIRLS has a wide range of merchandise, but what goods do you recommend and what goods would you like to create?

Haruno: I liked our produced shorts, I am very happy that many people bought and wearing them to our lives. So for this winter I would like to produce winter clothes and have everyone wear them! (smile)

Kiyama: We are very happy to see the masks in the members’ colors, which are clearly visible from the stage!

Yanagi: I like the t-shirts for each concert because we can wear the same t-shirt as the fans, and I like that we are able to create new designs.

・ Are there any things you would like to try or challenge?

Aoi: Due COVID-19 our fans aren’t allowed to yell at us yet, so I’m looking forward that our fans can shout and cheer at me at the venue.

Senior’s: We often tell our new members us how our gigs were like when there was supporting cheering yelling from our fans. We can’t wait until both can experience it!

Yanagi: In this day and age, it’s difficult for all six of us to go to a location together, but when we’re able to go out more together, I’d like to create videos with everyone together on different places.

Haruno: I wish to meet our overseas fans.

Ueda: Up until two years ago we used to perform every year in places like Taiwan and Korea, and we’d love to go back!

・ As BATTEN GIRLS you are also focusing on YouTube, but what kind of videos do you usually watch yourself?

Haruno: Recently, I’m addicted to cat videos and they’re so mind healing.

Seta: I often watch videos of V-tubers and game live streaming’s!

Ueda: I like comedy, so I often watch YouTube videos of comedians talking like on the radio.

・ What are your hobbies and addictions?

Ueda: To go to a comedy show.

Kiyama: I love sweet potatoes, and now that it’s the sweet potato season, I’ve been taking my mother, brother and Riko on sweet potato tours!

Aoi: I’m addicted to pink grapefruit and pink grapefruit ice cream!

Aoi: Christmas lights in front of Hakata station!

Yanagi: I joined in April and started working as a tourism ambassador for Munakata City, but when I first went to Munakata Road Station, there were so many fresh fish and food lined up, and it was really fun to go around. I recommend it to everyone.

Seta: I often go out with my family by car, and the food is delicious in all prefectures in Kyushu, and there are many sightseeing spots, so if you come to Kyushu, I hope you will rent a car and go around the various prefectures.

・ Please give a few words to your fans and readers.

Ueda: We Batten Girls are an idol group, but our songs fits into a wide range of genres, from rock sounds to electro sounds such as like 「わた恋」and 「OiSa」, so I hope you find your favorite song!

Seta: We, Batten Girls, are based in Kyushu, Fukuoka-city, but I really want you to visit our local lives too. We hope you will come visit us while eating our delicious local food and go sightseeing to feel the beauty if Kyushu!