Category Archives: featured

Interview with MMS R&R ENGINEERING

MMS plays Simple and speedy ROCK’N’ROLL! They are a minimal unit who are sticking to the style of a three-piece, rockabilly, R&B, R&R, and PUNK together with their own sense of originality. MMS are offering amazing live performances. Also all members can use their voice as an instrument. All members are showing their skills in writing lyrics, composing songs etc. MMS shows an unique three piece style which gives a totally different expression than most R’N’R bands. The members ride motorcycles in their normal life, so they live their lifestyle as cool bikers. Because of that some of their songs are of course related to motorcycles and touring around!

音楽スタイルはシンプルかつスピーディーなロックンロール! 最小限のユニットである 3ピースのスタイルを貫きロカビリー、R&B、R&R、PUNKを自分達なりのキャリアとセンスでオリジナリティ溢れる作品とライブパフォーマンスを提供している。 また、メンバー全員が ボーカルを担当するという一面も持ち、それぞれが歌詞、曲、アレンジ等、異なった表現方法でスリーピースながら楽曲に広がりを見せている。 ライフスタイルにおいてメンバー全てがバイクに乗っており、作品の中にも必ずと言って良いほどバイクにまつわる楽曲が存在する。

MMS R&R ENGINEERINGの皆様、
インタビューの機会を頂き、ありがとうございます!

MMS R&R ENGINEERING,
thank you very much for the opportunity to do this interview!

Member:
Vo/ba. 林田 正樹(Masaki Hayashida)
Vo/Gt. 近藤 誠司(Seiji kondou)
Vo/Dr. 吉田 真一(Shinichi Yoshida)

Choose your language:
PAGE 2 = 日本語 = ここを読む
PAGE 3 = ENGLISH(英語)= READ HERE

SOCIAL LINKS
itunes
spotify
Website
Facebook
Twiter Shinichi
Twitter Masaki
Twitter MMS

Interview with VERTUEUX

Before the debut of VERTUEUX Vocalist Ken1 already had been active as the vocalist of Valentine D.C and Guitarist HIDEKI has been active as the guitarist of De-LAX.

VERTUEUX formed as a duo in 2009, through the music production of the game maker NITROPLUS. The name VERTUEUX is a French word and means “grace from heaven (honesty)”. Since the start, VERTUEUX has worked honestly on a number of game and anime songs.  VERTUEUX has released three full albums, which includes a number of games and anime opening and ending songs.

Since 2018 on every one-man show, a new song has been played. In 2019 VERTUEUX released a mini album (Amid the Noise)  with just 4 songs. Even after 2020, both are still blessed with their talents which were given from heaven. Their talent is poured into ROCK’N’ROLL and they continue to release new works and playing LIVE gigs.

Member: Vo. Ken1 & Gt. HIDEKI

LIVE Support Member:
BASS: 西山史晃 (Fumiaki Nishiyama)(氷室京介(Kyosuke Himuro) Support・ROGUE)
DRUM: Moh(RYDERS)
Key: E.O.E(Key)zizz studio


Valentine D.C.のボーカリスト, De-LAXのギターリストとしてそれぞれ長き に渡りデビューから活躍。2009年、ゲームメーカー「ニトロプラス」の楽曲制作を通じて出会いユニットを結成。その名もVERTUEUX(ヴェルトゥー)。フランス語で「天からの恵み」を意味する。結成以降、天からの恵みのごとく数々のゲーム曲を手掛けている。

LIVEサポートメンバーは
BASSに西山史晃(氷室京介サポート・ROGUE)
DRUMにMoh(RYDERS)
Keyに磯江俊道(zizz studio)

という不動のラインナップで活動現在まで数々のゲーム、アニメの主題歌挿入歌、ED ソングをはじめフルアルバムを3枚リリース。

2018年ワンマンライブをやる度に1曲新曲を増やしていき。
2019年4曲ミニアルバム(Amid the Noise)を発表。
2020年以降も二人は生まれもっての天から授かった才能~。

才能をロックンロールに注ぎ込みリリース&LIVEが続々と続く。

Thank you very much for this interview opportunity!
VERTUEUX皆様、インタビューの機会をいただき有難うございます!

Choose your language:
PAGE 2 = 日本語 = ここを読む
PAGE 3 = ENGLISH(英語)= READ HERE

OFFICIAL LINKS
Youtube
Official Website
Official Twitter
Official Facebook
Twitter hideki
Twitter Ken1
itunes

ver

Interview with THE VACK’S

Thank you again for this interview!
Our last interview was in 2016 and a lot of things happened in these 4 years huh?? Luckily you’re still rocking on!!

THE VACK’S has been active for 10 years. They have released 3 CDs and performed a lot of lives. Slowly they are getting more and more popular, and stand aside of a few famous “rockers.” If you think of recent ojisan Japanese rock music, you can’t miss THE VACK’S! 

“Never give up! You still can do it!”

2回目インタビューをありがとうございます!
前回2016年のインタビューから4年たちました。たくさんの出来事があったことと思います。現在も活動されている皆さんを嬉しく思います。

THE VACK’Sは10年間活動しています。THE VACK’Sは3枚のCDをリリースし。そして、たくさんのライブをこなしました。徐々にVACK’Sはますますポピュラーになり、いくつかの有名なROCKERSの脇に立っています。 最近のおじさんの日本のロック音楽を考えるなら、VACK’Sを見逃すことはできません!あきらめないで! まだやってるよ!

THE VACKS LINE UP
Vo、Ryo-suke
Gt、Danna
Ba、Kudo
Dr、Rosy

Choose your language:
PAGE 2 = 日本語 = ここを読む
PAGE 3 = ENGLISH(英語)= READ HERE

OFFICIAL LINKS
FACEBOOK
Ryo-suke Twitter
KUDO Twitter

vacks